銀行のメンテナンス

海外の口座を持つメリットは、以前から紹介している通りです。
が、今回は、海外の口座維持に関しての注意点を書いてみたいと思います。

 

”意識的なメンテナンスが必要!”

 

⇒ほったらかしにしておくと、どうなってしまうのでしょうか?

 

1、口座が凍結する
2、ATMカードが使えなくなる
3、自分で設定した情報を忘れる。ユーザーネームやパスワードなど。

 

日本の銀行なら分からなくなった際に、ちょっと聞いてこようということもできますが、
海外だと物理的に距離があるし、また、言葉の問題がありますよね。

 

上記はデメリットとも考えられなくはないですが、
それ以上に価値あるものというのは、みなさんお分かりの通りです。

 

せっかくもった海外の口座。

 

日本にはない投資商品の購入窓口として使うことだって可能ですし、
海外旅行の際に現地で使ってみることだってできるんです!

 

いつも行動は早いほうがよい。

 

口座開設、メンテナンス共にいまからでも遅くはありません。
ポールスターまで気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

2014年5月28日


『楽しく香港ドルを学ぼう~!』

こんにちは~、香港が大好きな金田でございます。

今日のブログ記事は、基本中の基本から楽しく学ぼうということで

 

 

『楽しく香港ドルを学ぼう!』

というタイトルにしてみましたよ!笑

 

 

香港には、日本のように中央銀行がないため、
3つの銀行からお札が発行されているんですね。
(HSBC、スタンダード・チャータード銀行、中国銀行)

 

通貨は、香港ドル、セント ですね!
香港ドルは、安定性が高いと言われています。

hongkongdoru

香港ドルを手に持って感じてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなぜ?
ねえ、なぜなの~?

 

それは、変動相場制ではなく、米ドルに対して固定レート(ペッグ制)
を採用しているからなんです~。(カレンシーボード制)

 

1米ドルに対して7.8香港ドル(前後)です。
これは固定されてます。
なので、米ドルに対して円が高くなれば香港ドルも高くなる。
米ドルに対して円が安くなれば香港ドルも安くなる。

ということです。

 

日本のお札は、日本銀行のみから発行されていますよね?
こんな3つの銀行から発行される紙幣がある地域というのは
なかなか聞いたことないのではあ~りませんか?

 

僕はそこがおもしろいところだなと感じています。

 

中央銀行の役割は、紙幣の番長みたいな役割をしてハイパーインフレ等が
起らない様に紙幣の流通量を管理してるんですよ。
でも、中央銀行のない香港は?

 

紙幣の番長がいないんですよ。
それなら好き放題紙幣を刷れる?

 

そんなことしたらすぐ、ハイパーインフレになっちゃいますよ!

 

だから、だからだからだから~!!

 

米ドルとペッグ制にして紙幣の流通量を管理してるんですよ~。
だから、世界の基軸通貨である米ドルとペッグされている香港ドルも
とても魅力的で安全な通貨の1つと言えるでしょう~。

 

日本円だけを持っているのではなく、他の通貨で
資産を管理することも重要ですね♪

 

もっともっと深―い話になってきそうなので
今日はこれぐらいで止めておきまーす♪

 

詳しくは現地香港で~♪

 

海外(香港)に目を向けてみてください。

 

知ることで何かお役に立てることがあるかもしれませんよ!
そして!!

 

HSBC銀行口座開設もいまだに可能です!
お気軽にお問合せくださいませ!

 

金ちゃんへのお声かけはこちらまで!

2014年5月19日


HSBC ATMカードが使えない

 

 

 

 

 

 

水曜ブログ担当のみっちーです。

 

香港HSBC銀行に関して、
お客様からの質問でとても多いのが以下の事象に関してです。

 

”ATMカードが使用できません”
”お金が引き出せません”

 

実はいろいろな原因が考えられるんです。

 

ATMのカードが使えないのは、

 

①ATMを長い間使っていないので、カードが無効になった
②香港以外での使用だったので、海外での引き出し制限を解除しなければならなかったのにしていなかった
③暗証番号を間違って覚えている
④香港ドルの口座にお金が入っていない

などなど。

 

昨年からお客様には、
順次ICチップ入りのATMカードが送られてきているはずでした。

 

住所が違っていたのか、郵送事故か、(はたまた銀行の怠慢か)、
ICチップ入りのATMカードが届いていない方が多数いらっしゃいます。

 

そうなんです。

 

本来、古いATMカードで使用できていたのに、
現在は、使用できなくなったというお客様の原因は、、

 

☆現在のATMカードが、ICチップ入りのものではなく古いカードのままである☆

(新しいICチップ入りのカードが届いていないのでしょうがないのに、。)

 

そんな場合は、ATMの再発行の手続きが必要になります。

 

もちろん再申請後は、ICチップ入りのATMカードが届きます。

簡単なようで意外に大変な口座維持。

 

お困りのことございましたら、ポールスターまでお問い合わせください。
お問合せはこちら

2014年5月14日


香港銀行口座開設

 
水曜ブログ担当のみっちーです。

 

こりゃ大変!

 

外交官が海外口座を持てない時代!まだもてる海外口座。
海外口座をもつ意味を再確認。

 

ハイパーインフレに備える
日本国における国家破綻・預金封鎖から身を守る
海外に資産移転・構築
高利率金融商品への窓口
通貨分散
海外での買い物などを便利にまた、お得に
海外に口座を持つことは合法なわけで、躊躇はいりません。

 

作れるうちに持っておいたほうがいい!

 

マネーロンダリング関連して不正送金を防げなかったとして、罰金19億ドル(約2000億円)を支払うことになってしまってから、駐在外国外交官の口座を閉鎖することや、入金制限、入金の際の資金証明の提出など、いろいろとややこしくなっているものの、まだ、口座開設は可能なわけです。

 

LCCで日帰り旅行も可能になった香港渡航。行動は早いほうがいい!

 

香港での口座開設は、ポールスターにお任せください。
香港口座開設のお問い合わせはこちら

 

お問い合わせはこちら!

2014年5月7日


マネーロンダリングと銀行の影響

41DmVqKgQTL._SX311_BO1,204,203,200_

水曜日ブログ担当のみっちーです。

 

相変わらずHSBC銀行では、ある一定額以上の入金の際に出所証明を出すように言われます。

 

これは、*マネーロンダリング対策としてされているようですが、入金するほうとしては、少々手間がかかります。

 

マネーロンダリングとは、主に犯罪や不正取引などで得た資金を別の口座に移し、
資金の出所や受益者をわからないようにしていくことを指し、資金洗浄ともいわれています。

 

最近でも、麻薬の売買などで得た不当なお金を宝石に変え、
“金(GOLD)”に変え、お金に換えて、口座に戻ってくるなど、
いろいろな手口が世界中で報告されております。

 

HSBCもアメリカ政府からの罰金後、これはたまらんとのことでそういう対応になってきました。

 

一般的には、合法的に、一生懸命働いて得た大切なお金、
資産を分散したいとの思いから海外に口座開設をしているわけですので、これに巻き込まれては、たまりません。

 

ただし、世界中で巧妙に悪いことを考える人たちが、いればいるほど、
海外で口座開設すること自体もだんだん難しくなってきてるのもうなずける気はします。

 

ポールスターでは、口座開設の窓口が閉ざされるまで皆様のお手伝いをさせていただいております。
是非ともお問いあわせください。

 

お問い合わせはこちら!

2014年4月30日


     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.