香港在住55歳日本人男性の喫煙者がサンライフの生命保険に加入したら支払保険金に対する死亡保障や解約返戻金の利回りは何%?

アジアのオフショア金融センターである「香港」。

金融政策で国を成り立たせています。

香港は税金が安いなど多くの利点がありますが、そうした環境を背景に、優れた金融商品が販売されています。

サンライフ香港社の生命保険ライフブリアンスを例に、その利回りの凄さを紹介したいと思います。

 契約者  55歳・男性・喫煙者
 被保険者  55歳・男性・喫煙者
 年間保険料  USD 10,000 × 5年間 = 総保険料USD 50,002
 確定保障  USD 74,910

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは5年の年払いで総保険料USD50,002を支払い終わり、USD74,910の死亡保障が確定しているプランです。

死亡保障が確定しているというのは、USD74,910は最低保証でサンライフ社の運用で死亡保障が上がっていくのです。

解約返戻金も同様に、契約時に確定された解約返戻金に運用分がプラスされて受け取れる仕組みとなっています。

65歳、75歳、85歳時点での解約返戻金と死亡保障は以下のようになっています。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 43,168
(86%)
USD 95,438
(191%)
75歳時 USD 147,824
(190%)
USD 136,040
(272%)
85歳時 USD 195,114
(296%)
USD 181,406
(363%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

生命保険の設定は余命率が大きく関わってきます。

55歳から契約して意味があるの?と感じているかもしれませんが、サンライフの生命保険の利回りを見たら意味あるものと思いませんか?

死亡保障にしても貯蓄性にしても、お金を遺して増やしていけるのです。

もちろん、日本の生命保険であれば55歳から契約する価値ある生命保険はないでしょう。

オフショア金融センターである香港なら、こうした商品があるのです。

もし、香港に住んでいながらこうした金融商品の恩恵を受けていなかったら、それはとてももったいない事です。

香港に住んでいるメリットを活かして、資産を上手く運用していきましょう。

同じ日本人であっても、日本に住んでいると契約できない商品でも香港居住であれば契約できる事もありますからね。

サンライフ香港についてはもちろんですが、自分がどのような商品がマッチしているのか知りたいなどと言った質問があれば、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2019年1月11日


     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.