SunLife hkの生命保険Life Brillianceを50歳喫煙日本人女性(タイ・バンコク在住)が購入した時の一例!支払い保険料はいくら?高い?安い?

*自分の国籍や居住地、余裕資金額や年収でどのような商品が契約できるかを知りたい方はこちらから!

⇒ お問い合わせフォーム

 

親日国のタイ。

バンコクを中心に多くの日本人が住んでいます。

徐々に物価が上がってきてはいますが、日本からの出向でバンコクに駐在していると銀行口座に自然とお金が溜まっていくと思います。

そうしてできた貯金額、ただ眠らせておくだけではもったいないです。

将来的な事や家族の為を思うのであれば、利回りの良い金融商品で運用していく事がお勧めの方法です。

日本やタイにはそうした金融商品が見当たらないと思いますが、日本とタイのほぼ中間にある金融立国「香港」には、優れた金融商品があるのです。

一例として、香港のSunLife社の生命保険Life Brillianceに加入した例をご紹介したいと思います。

 契約者  50歳・女性・喫煙者
 被保険者  50歳・女性・喫煙者
 年間保険料  USD 10,005 × 5年間 = 総保険料USD 50,027
 確定保障  USD 90,000

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは、死亡保障USD90,000に対して、総保険料USD50,027を年払い5年間で支払うようになっています。

この死亡保障額は確定されているのですが、この生命保険の大きな特徴は死亡保障が運用によって増額されている事です。

例えば、65歳時点ではUSD144,874と算出されており、今現在の運用で進めば、契約時に確定されていた死亡保障USD90,000の1.6倍もの数字になるのです。

解約返戻金も運用によって大きくなっていき、65歳時点ではUSD82,761と算出されています。

支払った保険料USD50,027を大きく超えているので、貯蓄性も高い商品となっているのです。

65歳、75歳、85歳での解約返戻金、死亡保障についてまとめてみると、以下のようになっています。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 82,761
(165%)
USD 144,874
(290%)
75歳時 USD 131,520
(263%)
USD 191,688
(383%)
85歳時 USD 210,302
(420%)
USD 258,814
(517%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

解約返戻金を見れば老後資産として活用できる事が分かると思いますし、死亡保障を見れば、家族に遺せる金額も多いと感じられるはずです。

銀行にお金を貯めて置いておくだけではもったいないと思いませんか?

SunLife社の生命保険、国籍や居住地によって契約方法が異なってきます。

タイに住んでいる日本人であれば、香港に渡航せずとも契約できる方法もあります。

商品概要や契約方法について知りたい方は、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2019年1月9日


     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.