米国在住の35歳喫煙男性が香港サンライフ社の生命保険に加入した時の解約返戻金や死亡保障額のシミュレーション!

在外日本人ランキングで常に上位にいるのは米国です。

米国にはとても多くの日本人が住んでいます。

米国駐在中に余裕資金ができて、どのようにして活用していこうかと考える人も多いようです。

お勧めすべき方法として、生命保険に契約する事が上げられます。

もちろん、契約するのは日本の生命保険ではありません。

金融立国である香港で契約できる生命保険に加入する方法です。

香港のサンライフ社が提供する生命保険は、日本の生命保険とは比較にならないほど優れているのです。

その一例をご紹介します。

 契約者  35歳・男性・喫煙者
 被保険者  35歳・男性・喫煙者
 年間保険料  USD 10,025 × 5年間 = 総保険料USD 50,124
 確定保障  USD 12,100

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

5年間で総保険料USD50,124を払い終わり、死亡保障USD121,000 が確定しているプランです。

この生命保険、確定(Guaranteed)されている死亡保障USD121,000だけでなく、運用によって死亡保障が上がっていくのです。

Non-Guaranteedが運用部分になるのですが、今の運用ペースでいけば65歳時点ではUSD327,404が支払われる事になります。

Non-Guaranteedの部分は数字が変動するのですが、マイナスになる事は有り得ません。

また、この生命保険は掛け捨て型ではなく貯蓄型の生命保険となっています。

SURRENDER VALUEを見てみると、確定された解約返戻金だけでも15年目にはプラスに転じます。

死亡保障と同じように運用によって数字が増えていくので、10~15年目には解約返戻金がプラスになってきます。

今のままで運用が進めば、65歳時点の解約返戻金はUSD178,519となり、確定で設定していた死亡保障も超える数字となるのです。

日本の生命保険では考えられない数字ですよね?

このプランでの解約返戻金と死亡保険金の受取額は以下のようになります。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 178,519
(356%)
USD 327,404
(653%)
75歳時 USD 305,038
(609%)
USD 444,694
(887%)
85歳時 USD 504,237
(1006%)
USD 615,712
(1228%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

米国在住の方が香港のこの保険をどのように契約すれば良いかと言えば、米国在住の日本人であれば、実は香港に渡航せずとも契約する事が可能です。

国籍や居住地によって契約方法は変わってきますので、ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

 

2018年12月6日


     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.