【HSBC最新情報】 マスターデビットカードのPINが届かない時の対処法/海外引出手数料大幅アップ/コロナ感染拡大による時短営業について


 
HSBCのお得なキャンペーンや便利なサービス、利用規約変更など役立つ最新情報をタイムリーにお伝えします。
 


 

HSBCマスターカードデビットカードのPINが届かない時の対処法

 

 

HSBCマスターカードデビットカードのPINとは

 
HSBCでのPIN(ピン)とは、暗証番号のことです。
 
ATMカードをATMで使用する際に、入力している6桁のパスワードがPINです。
日本はキャッシュカードの暗証番号は4桁が普通ですが、香港では6桁になります。入力を3回間違えるとカードがロックされますので、入力の際には注意しましょう。
 
HSBCマスターカードデビットカードも、ATMで預金の引き出しができるため、PINが必要となります。また、店での決済時にPIN番号を機械に打ち込むように言われることもあります。
 
PIN番号はATMカードと同じになるわけではなく、ATMカード発行時同様、HSBCが発行した番号から、自分で変更することになります。6桁の番号を2つ覚えることが難しい場合は、ATMカードのPIN番号と同じ番号を設定することも可能です。
 
 

PINはいつ届く?

 

 
HSBCマスターカードデビットカードを申請すると、デビットカードが郵送で届きます。届いたデビットカードは、有効化するまで使用できません。有効化はインターネットバンキングで出来ますが、有効化すると、PINが自動的に発行されます。
 
デビットカードの有効化完了の画面に、PINが4-6日営業日内に発送されますという表示を目にしていると思います。香港内であれば、約1週間でPINが届きます。
 
PINは、HSBCより郵送で灰色の手紙が届きます。海外の場合は、エアメールで発送はされているようですが、実際はコロナの影響かと思いますが、船便になっているようで、日本の場合でも、到着までに3か月程度はかかっているようです。
 
そうなると、デビットカードの有効化後からPINが届く数か月、引き出しが出来ないということになります。
 
ATMカードで引き出しが出来るので、問題は大きくないですが、PINが届かないと不便ですし、不安ですよね。
 
 

HSBCマスターカードデビットカードのPINが届かない時の対処法

 
10月にHSBCのクレジットカード/デビットカードのATM PINが電話で変更できる件について、お伝えしました。その追加情報になります。
 
10月の記事はこちらからご覧ください。
 
先日、HSBCマスターカードデビットカードを有効化後、香港の住所にPINが届かないというお客様がおられ、電話での設定をサポートしました。
 
無事にサポート完了!
 
届かないと何日間ももやもやするより電話一本で設定完了の方が良いですね。
 
通知では、set up/changeとなっていましたので、設定も可能だろうと思っていましたが、デビットカード有効化時に自動的にPINが発行されるため、どうなるのかと思っていましたが、どうやら発行されても、一度もPINを使っていなければ、まずはset up(設定)となるようです。
 
故に、PINの手紙が届くのを待たずに、自分の好きな番号を電話で設定が可能です。
 
ホットラインでの対応は、11月に電話した際の手順と今回とは変更していたようなので、詳細は控えさせていただきますが、お困りの方はご相談くださいね。
 

HSBC香港やその他香港の銀行に関することで

お困りのことがあれば、こちらのフォームから、

またはメールでお問合せください。

info@polestar-hk.com


 

2月1日から海外引出手数料が大幅アップ!?

 

 
HSBCサイトで、手数料が確認できますが、現在2つのファイルがあります。
 
・2021年11月1日発効
・2022年2月1日発効
 
2月1日に更新されるようなので、何が変わるのか確認してみると…
 
ATMカードでの海外引出手数料が大幅アップ!!?
 
HSBCのサイトからダウンロードした資料によると
ATMカードでの海外引出手数料は
 
<現在>
 
HSBCグループ:HKD20
Visa/Plusネットワーク:HKD40
Mastercard/Cirrus ネットワーク:HKD40
UnionPayネットワーク:HKD20
 
<2月1日より>
 
HSBCグループ:HKD20
Visa/Plusネットワーク:HKD40
Mastercard/Cirrus ネットワーク:HKD40
UnionPayネットワーク:HKD50 ←!!?
 
ATMカードは、海外ではUnionPayの表示があるATMで引き出しをしていますので、なんと、来月から海外引出手数料がHKD20からHKD50になるようです。2.5倍とは!
 
HSBCマスターカードデビットカードもATMで引き出しが出来ますが、こちらは、Mastercard/CirrusネットワークでHKD40の変更は無いようです。
この手数料だけで考えるとHSBCマスターカードデビットカードを持っていれば、ATMカードではなく、デビットカードで引き出しをした方が、手数料がHKD10安いということになりますね。
 
 
これは、デビットカードを自動発行する流れの中の布石なのでしょうか。
もともとUnionPayが安いので調整されただけなのでしょうか。
コロナ禍で、海外での引き出しが増え、費用が圧迫しているのでしょうか。
 
 
手数料が2月から上がるからといって、必要が無いのにお金を引き出すことは無意味ですが、そろそろ口座凍結を防ぐために預金を動かしておかなくてはと考えていた人は、念のために、1月中に引き出しした方が良いですね。
 
 
ATMで1万円を引き出すと、1万円が出てくるので(当たり前ですが)、引出手数料については、普段気にしていない人も多いかと思います。しかし、1回ごとにかかり、預金から引かれるので、気にして、確認するようにしましょう。
 
実際手数料が、いくらかかっているか調べるには、e-Statement(明細)で確認ができます。
 

 
例えば、画像は7月28日に日本で1万円を引き出した明細となりますが、
 
JPY 10,110(HKD20FEE)
0.07400RATE
 
セブン銀行の手数料110円が追加された10,110円が
この日のHSBCのレート0.07400で香港ドルに換算され
プラスHSBC手数料HKD20が追加されて、
口座から768.20が引かれていました。
 
10110×0.074+20は768.14ですので、768.20ではないですが、
レートが0.07400までしか記載されていないせいかと思います。
 
香港内の引出し手数料は変更なく、HSBCまたはハンセンであれば、
24時間いつでも無料です!
 

 

HSBCなど銀行が時短営業中

 
オミクロンの香港内感染により、多くの銀行が今月13日より支店の営業時間を調整しています。HSBC、ハンセン銀行、中国銀行などは、平日は16時までの営業となっています。スタンダードチャータード銀行は、10時から17時の営業となっています。
 
先日HSBCの窓口に行った際も、通常より処理に時間がかかると言われました。
 
現在、HSBCでは旧正月のお年玉用の新札の両替も行っていますし、年末で、時短営業により、窓口も混み合っています。書類での申請も、日数がかかっているようですので、ご注意ください。トラブルは早めに行動して解決してくださいね。
 

HSBC香港やその他香港の銀行に関することで

お困りのことがあれば、こちらのフォームから、

またはメールでお問合せください。

info@polestar-hk.com

2022年1月20日


2022年 新年のご挨拶

謹んで新春のお慶びを申し上げます
昨年中は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます
本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので
変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます
 
本年も宜しくお願い申し上げます
 


 

2022年1月3日


12月31日営業時間一時変更のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、12月31日は営業時間を下記のとおりとさせていただきます。

2021年12月31日(金)
営業時間:9:30 ~ 15:00 (日本時間10:30~16:00)

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
※営業時間外のお問い合わせにつきましては、2022年1月3日(月)以降回答をさせていただきます。

今年一年のご愛顧に心より感謝申し上げますとともに、来年も変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます

2021年12月30日


今月の気になる香港経済ニュース【12月】


 


 

香港クリスマス状況

 
メリークリスマス&ハッピーニューイヤーということで、香港では、クリスマスが終わっても、飾りはしばらくそのままです。現在の様子をお伝えいたします。
 

 

 

 


 

香港が今年も駐在員生活費が最も高い都市に

 
ECA Internationalが12月15日に発表した「生活費用調査」によると、香港が2年連続生活費用が最も高い都市という結果となりました。121の国や地域の208の都市の駐在員の生活コストを調査したもので、2位はジュネーブ、3位は東京で、トップ20のうち、半分はアジアの都市でした。円安の影響で日本は、東京が2位から3位に、前回10位の横浜は16位にランクダウンしました。ECAのリジョーナルディレクターによると、今年の香港の物価は2.7%上昇しており、コロナと近年の政治的活動よる経済的影響から回復が見られるとのことです。
 

調査による香港の価格は、以下になります。
コーヒー: USD5.10(約586円)
チョコレート100g:USD3.67(約422円)
オリーブオイル1ℓ:USD15.09(約1,735円)
ガソリン1ℓ:USD2.71(約312円)
牛乳1ℓ:USD4.37(約502円)
 

生活費ランキングトップ10

 

 

普段の生活で香港の物価が高いなと感じるのは、数年前からローカルスーパーで日本の卵を多数売っているのですが、1パック(10個入り)は、約30~35ドル(約442~516円)で、売り出しの時は、2パックで約48ドル(約708円)。そして加熱用です(生食不可)。
香港土産として人気の出前一丁は、20年前は2ドル台(約32円)でしたが、現在は4ドル台(約65円)。20年前と比べて、物価は2倍になったように感じています。
 


 

香港ジョッキークラブが高齢者にスマートフォン2万台を無料配布

 

 

先月、スマートフォンを持っていない高齢者が、感染者追跡アプリ「安心出行」が無いと利用できない施設に入れなくて困っているとお伝えしましたが、香港ジョッキークラブがその慈善信託基金より2700万ドル(約4億円)を出し、12の社会福祉機構と4社の電話キャリアと連携して、2万台の「安心出行」アプリを入れたスマートフォンを高齢者に無料で配布すると発表しました。65歳以上、老人ホームに住んでおらず、社会保障援助を受給中、スマートフォンを所持していない人が対象で、12の社会福祉機構が管轄している74の高齢者センターで申請が可能です。費用は無料で、1年間基本料金無料のSIMカードもついています。また、センターでは使い方も無料で教えてくれます。
 

 

香港コロナ状況

 

 
香港での新規感染者は海外からの入境者またはその関係者のみで、香港内での新規感染者は連続80日以上ゼロとなっています。入境者のオミクロン変異株の感染者数が増えているため、政府は渡航規制を強化しており、日本を含め多くの国からの香港への入境は、21日間の強制検疫が必要となっています。
 
香港内は、新規感染者がいないため、街は人出が多く、賑わっています。実際には感染している入境者や関係者が街に出ていることがあるのですが、住居や訪問先は強制検査対象となり、検査が行われていますが、新たな感染者は出ていません。
 

香港と広東省とマカオ間の隔離無しの移動に向け「香港健康碼(香港健康コード)」が12月10日より申請が開始となりました。既に60万人以上が申請したようです。
2月の旧正月と北京オリンピックによる人の動きが、どう影響が出るのか不安が残りますが、隔離無しで移動できるようになるのは良いことですね。
 

HSBC香港やその他香港の銀行に関することで

お困りのことがあれば、こちらのフォームから、

またはメールでお問合せください。

info@polestar-hk.com

2021年12月29日


クリスマス期間の休業日のお知らせ

 

 

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、クリスマス(聖誕節)の休業日を下記のとおりとさせていただきます。

 

休業日:2021年12 月27日(月)

 

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

※この間のお問い合わせにつきましては、2021年12月28日(火)以降回答をさせていただきます。

2021年12月24日


1 / 10712345»
     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.