香港在住60歳非喫煙日本人女性のサンライフの生命保険契約シミュレーション例!支払保険金に対して死亡保障や解約返戻金の利回りは何%?

金融の街である香港に暮らしていると、金融商品の広告などに触れる事も多いと思います。

日本でも金融商品の広告は多いですが、日本の金融商品と比較して安全性や利回りが格段に良いのが香港です。

もし、年齢的に今から契約しても遅いのでは?と思っているのなら、ちょっと残念。

香港の金融商品であれば、60歳から運用を開始しても利回りよく資産を構築できるんです。

サンライフ香港の生命保険を契約した時のシミュレーション例をご紹介したいと思います。

 契約者  60歳・女性・非喫煙者
 被保険者  60歳・女性・非喫煙者
 年間保険料  USD 10,000 × 5年間 = 総保険料USD 50,000
 確定保障  USD 77,400

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

この生命保険のプランは、総支払保険金額USD 50,000を5年間の年払いで支払い、死亡保障USD 77,400が確定しています。

確定しているというのはどういう意味かと言えば、サンライフ香港の運用によって、死亡保障額が上がっていくのです。

また、掛け捨ての生命保険ではなく、貯蓄型の生命保険になっています。

解約返戻金も死亡保障と同様に年々増えていきます。

今現在の運用であれば、利回りがどれくらいになるのかをまとめてみたいと思います。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 26,954
(54%)
USD 86,179
(172%)
75歳時 USD 87,122
(174%)
USD 120,696
(241%)
85歳時 USD 133,009
(266%)
USD 159,234
(318%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

60歳で契約開始して65歳で支払い終わるプランなので、さすがに65歳の時点では解約返戻金はマイナスです。

ですが、死亡保障はサンライフ香港社の運用力があるので、契約時のUSD 77,400からUSD 86,179へと増加しています。

そして、75歳の時点では解約返戻金も大きくプラスになっているのが分かると思います。

表の中で”全解約返戻金”となっていますが、契約途中に一部だけ引き出し、残った金額でそのまま運用する事も可能です。

自由度の高い貯蓄型生命保険となっています。

85歳時点での死亡保障の利回りを見ると318%となっていて、支払った金額の3倍以上のお金となっています。

この利回りであれば、60歳から契約しても価値があると思いませんか?

香港に住んでいて香港の金融商品を契約していないのはとてももったいないです。

同じ日本人でも、日本に住んでいると契約できない商品もあったりします。

香港に住んでいる特性を活かして、資産を上手に増やしながら、次世代へもお金を遺していきましょう!

香港の金融商品や契約方法について知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

 

 

 

2019年1月22日


台湾在住60歳喫煙日本人女性がサンライフ香港の生命保険ライフブリリアンに加入した時の支払保険金・死亡保障・解約返戻金の契約例!

親日国である台湾。

多くの日本人が住んでいる国でもあります。

日本から出向で台湾に渡り、そのまま60歳の定年を迎える人もいるはずです。

退職金も手にして余裕資金が生まれたものの、そのお金をどうすれば良いか悩んでいたりはしませんか?

余裕資金を寝かせておくともったいないので、運用に回した方が良いと思います。

日本人の感覚でいくと、60歳から運用?と思うかもしれませんが、金融立国である香港には60歳で契約しても価値ある商品があるのです。

香港サンライフ社の生命保険ライフブリリアンスを例に説明したいと思います。

 契約者  60歳・女性・喫煙者
 被保険者  60歳・女性・喫煙者
 年間保険料  USD 10,005 × 5年間 = 総保険料USD 50,023
 確定保障  USD 71,950

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは総保険料USD 50,023を5年間の年払いで支払うプランで、死亡保障USD 71,950が確定されています。

大した事ない!と思った人もいるかもしれませんが、この死亡保障はUSD 71,950は最低保証金額となっていて、サンライフ香港の運用によって増加していくんです!

また、この生命保険は掛け捨てタイプではなく、貯蓄型の生命保険となっています。

解約返戻金も死亡保障と同じように、サンライフ香港の運用によってどんどん大きくなっていきます。

今現在の運用利率で、65歳、75歳、85歳時点でどれだけの利回りになるのかをまとめてみたいと思います。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 25,056
(50%)
USD 80,111
(160%)
75歳時 USD 80,988
(161%)
USD 112,197
(224%)
85歳時 USD 123,644
(247%)
USD 148,022
(296%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

60歳時点の死亡保障はUSD 80,111となっています。

契約時に設定されていたUSD 71,950よりも5年間で既にアップしているんです。

85歳で亡くなったら、支払った金額の約3倍ものお金が出る事になります。

解約返戻金ですが、60歳で契約して支払い終わるのが65歳となるので、さすがに65歳時点ではマイナスとなりますが、75歳時点では大きくプラスに転じていて、死亡保障と同様に、長く生きれば生きるほど大きな金額が返ってくる事になります。

表で全解約返戻金と書いていますが、一部引き出しも可能で、残ったお金で運用を継続する事ができます。

年金プランとしての活用も可能となっているのです。

日本の金融商品・生命保険で60歳から契約しようと考えると価値ある商品が見当たりませんが、香港であれば運用利回りよく契約できる商品があるのです。

サンライフ香港の契約方法は、国籍と居住地によって異なってきます。

台湾在住の日本人であれば、香港に渡航せずとも契約できる方法もあります。

香港での資産運用や契約方法について知りたい方は、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2019年1月21日


香港の生命保険は定年還暦からでも魅力的!米国在住非喫煙60歳日本人男性がサンライフ社ブリリアンスに契約した時のシミュレーション!

60歳で定年退職を迎えて、慌ててこれからの生活資金をどうしようかと考える人もいると思います。

日本に暮らしていたら、60歳から老後資金を構築しようにも無理があると思いますが、海外であれば10年後、20年後に向けて運用で資産を増やす事は可能です。

今回は、米国在住の非喫煙60歳日本人男性が香港のサンライフ社で生命保険を契約した例から、定年・還暦からの資産運用について考察してみたいと思います。

 契約者  60歳・男性・非喫煙者
 被保険者  60歳・男性・非喫煙者
 年間保険料  USD 10,001 × 5年間 = 総保険料USD 50,003
 確定保障  USD 72,520

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは5年間の年払いで総額USD 50,003を払い終わり、死亡保障USD 72,520が確定しているプランです。

一括払いも可能で、一括払いにすると支払保険金は安くなります。

死亡保障はサンライフ香港の運用によって増加していくのがこの保険の魅力的なポイントです。

死亡保障USD 72,520は最低保証と言えるのです。

また、解約返戻金も同様にサンライフ香港の運用によって年々増加していきます。

もしもの時の死亡保障、老後の為の貯蓄用とどちらをとっても運用で期待できる貯蓄型生命保険となっています。

65歳、75歳、85歳時点での利回り、現時点での運用で行けば以下のように算出されています。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 25,255
(51%)
USD 80,745
(161%)
75歳時 USD 81,629
(163%)
USD 113,086
(226%)
85歳時 USD 124,623
(249%)
USD 149,195
(298%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

60歳で契約して65歳で支払い終わりますが、65歳時点で既に契約時の死亡保障額USD 72,520からUSD 80,745へと増大しています。

85歳まで生きれば支払った金額の3倍もの死亡保障となり、もしもの時に家族にしっかりとお金を遺す事ができます。

解約返戻金は、さすがに支払い終わった65歳時点ではマイナスですが、75歳には大きくプラスに転じています。

全解約返戻金となっていますが、一部だけ引き出しをして残った金額で運用を続けるという方法も選択できます。

60歳から運用を開始して、老後の資金としての足しにする事ができるのです。

60歳で退縮金をもらえるのであれば、寝かしておくよりもこうした商品を活用して資産を増やした方が有効的です。

サンライフ香港の生命保険は、国籍と居住地によって契約方法が異なってきます。

米国市民でない米国居住の日本人であれば、香港に渡航せずとも契約できる方法もあります。

商品概要や契約方法について知りたい方は、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2019年1月18日


中国深圳在住60歳喫煙日本人男性のサンライフ香港の生命保険ライフブリリアンス契約例!定年・還暦からでも契約価値がある資産運用商品!

著しい経済成長を果たしている中国・深圳!

日本から出向して、そのまま60歳の定年を迎えた人もいるかもしれません。

海外に駐在しているとそれなりの資産が貯まると思いますが、そうした資金をどうしようかと悩んでいたりはしませんか?

日本には利回りが期待できる金融商品はないですし、中国の金融商品を契約するのはちょっと不安・・・と思っているのであれば、深圳のお隣である香港の金融商品を活用した資産運用を行う事をお勧めします。

香港は金融立国として知られていて、法律も整っていて、安心して資産運用を行う事ができます。

還暦を迎えた60歳からでも資産を増やしていけますし、家族に遺していけるのです。

香港サンライフ社の生命保険ライフブリリアンスを例に、利回りの一例をご紹介したいと思います。

 契約者  60歳・男性・喫煙者
 被保険者  60歳・男性・喫煙者
 年間保険料  USD 10,005 × 5年間 = 総保険料USD 50,026
 確定保障  USD 67,050

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは5年間の年払いで総額USD 50,026を払い終わり、死亡保障USD 67,050が確定しているプランです。

支払総額USD 50,026に対して死亡保障USD 67,050では大したことないのでは?と思うかもしれませんが、この死亡保障額は最低保証となっていて、サンライフ香港の運用によって死亡保障は上がっていきます。

同様に、解約返戻金も運用によって増加していくのです。

今現在の運用で65歳、75歳、85歳時点での解約返戻金と死亡保障の数字(利回り)をまとめてみると、以下のようになっています。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 23,350
(47%)
USD 74,655
(149%)
75歳時 USD 75,472
(151%)
USD 104,557
(209%)
85歳時 USD 115,223
(230%)
USD 137,941
(276%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

60歳からの契約で、5年後には死亡保障の金額が既に増加していきます。

65歳で支払い終わるプランですが、長生きすればするほど利回りは大きくなっていくのです。

解約返戻金も契約期間が続けば続くほど大きくなっていきます。

支払い終わって直ぐの65歳で解約するとマイナスですが、75歳の時点では大きくプラスに転じています。

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出し、残った金額でそのまま運用する事もできる自由度の高い商品となっています。

この商品の満期は100歳ですが、100歳時点での解約返戻金と死亡保障はUSD 217,202となっていて、利回り434%となります。

余裕資金を寝かせておくより、こうした商品で運用する方が良いと思いませんか?

サンライフ香港の生命保険、国籍と居住地によって契約方法は異なってきます。

中国深圳に住んでいる日本人であれば、香港に来る事なく契約する方法もあるのですが、お隣香港なので香港に来て契約する事をお勧めします。

そうした方がコストも安いですからね。

商品概要や契約方法について知りたい方は、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2019年1月17日


香港サンライフ社ライフブリリアンス(生命保険)に中国上海在住55歳非喫煙女性が加入した時の支払保険金に対する死亡保障や解約返戻金は?

在外日本人が最も多い国は中国です。

中国の中でも最も多く日本人が住んでいるのは上海です。

出向で上海に住んでいる人も多いと思いますが、出向していると、駐在手当てや家賃補助で余裕資金が生まれやすいと思います。

そうして生まれた余裕資金、ただ眠らせていたらもったいないです。

とは言え、日本には利回りが良い金融商品はないですし、中国の金融商品は信頼が置けないと思っている人も多いはず。

そうした人にお勧めしたいのが、金融立国「香港」を活用した運用法です。

香港は税金を低く収めるなど、金融政策で国(地域)を成り立たせていますが、そうした環境もあって、優れた金融商品がたくさん生まれています。

その中から、サンライフ香港が提供している生命保険ライフブリリアンスについてご紹介したいと思います。

 契約者  55歳・女性・非喫煙者
 被保険者  55歳・女性・非喫煙者
 年間保険料  USD 10,001 × 5年間 = 総保険料USD 50,004
 確定保障  USD 86,910

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは総支払保険額USD50,002に対して、死亡保障USD86,910が確定している生命保険です。

確定しているというのは最低保証という意味で、サンライフ香港の運用によって死亡保障は増額されていきます。

Guaranteed(確定保障)にNon-Guaranteed(非確定保障)が加わった金額が受け取れる事になります。

日本の生命保険だと契約時に決まった死亡保障が変わる事はないですが、サンライフ香港の生命保険では増えていくのです。

これは死亡保障だけでなく解約返戻金にも言える話です。

今現在の運用で、65歳、75歳、85歳時点での死亡保障や解約返戻金がどのような数字になっているかをまとめてみたいと思います。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 50,083
(100%)
USD 110,726
(221%)
75歳時 USD 110,377
(221%)
USD 157,833
(316%)
85歳時 USD 171,504
(343%)
USD 210,466
(421%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

契約時の死亡保障はUSD86,910となっていますが、長生きすればするほど多くの資産が遺せることが分かります。

解約返戻金も同じように契約期間が長くなればなるほど運用期間が長くなるので、利回りが良くなっていくのです。

日本の生命保険は早く死なないと得しないと揶揄される事がありますが、サンライフ香港の生命保険はその逆で、資産がどんどん増えていくのです。

居住地によって保険金が変わる事はありませんが、同じ年齢であれば煙草を吸わない方が、そして男性よりも女性の方が安く保険に加入できます。

「非喫煙女性」は生命保険を契約する上で、最も安く契約できるのです。

中国に住んでいる日本人がサンライフ香港に加入するには、香港に渡航せずとも契約できる方法もあります。

商品や契約方法について知りたい方は、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

 

2019年1月16日


1 / 612345»
     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.