香港FTLife社Regent Insurance Plan2(Premier Version)親30歳・子供0歳時に加入し年金運用&譲渡・承継した時の契約シミュレーション例!

*自分の国籍や居住地、余裕資金額や年収でどのような商品が契約できるかを知りたい方はこちらから!

⇒ お問い合わせフォーム

 

30歳で子供も生まれれば将来の人生設計をしっかりと考えだすと思います。

ところが日本では年金制度は崩壊に向かっています。

自分たちの代でも受給年齢の引き上げや受給額の引き下げなどがあり改悪されるのは目に見えていますが、更に子供の代の事を考えれば、あてにしてはいけない制度と言えるのです。

自助努力で何とかしなくてはなりませんが、民間の金融商品で利回り良く将来を支えてくれるだけのプランは日本では提供されていません。

では、海外の人はどうしているのでしょうか?

海外には利回りの良い金融商品があり、そうした商品に契約する事で自らの年金はもちろんですが、お子さんにしっかりと資産を遺して継承していけるのです。

ここでは、香港FTLife社Regent Insurance Plan2(Premier Version)に子供が生まれたばかりの30歳の方が契約した時のシミュレーション例をご紹介したいと思います。

 契約者  30歳男性
 被保険者  30歳男性
 支払い保険料  USD 25,000 × 2年間 = 総保険料USD 50,000
受け取り試算額 ・契約31~60年後(親が61~90歳時)に毎年約USD 15,005
・契約70年後(子供が70歳時)に一部引き出しUSD 938,315
・解約時に返戻金

性別や喫煙状況によって数字が変わる事はありません。

・Total Premiums Paid:総支払い保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このシミュレーション例について、解説をしていきたいと思います。

◆支払総保険金額
総支払保険料額USD50,000でのシミュレーションです。
保険料の支払期間は2,5,10年から選択可能ですが、このシミュレーションではUSD25,000×2年払いとしています。

◆受取金額や利回り
解約返戻金(Total Cash Value)を見ると、7年後でプラスになっている事が分かります。
とても早く損益分岐点を迎えるシミュレーションになっています。

契約から31~60年後と、70年後に一部引き出し(Withdrawal)される設定となっています。
契約者自身が60~90歳の時と、お子さんが70歳の時に引き出しされるのです。
この商品の満期は128歳となっていますが、契約をお子さんに譲渡する事によって、自分自身の年金だけでなく、お子さんに資産を引き継ぐ事ができるのです。
(この商品は、被保険者が128歳に到達するまでの間、何回でも被保険者の変更が可能となっています。)

契約者が90歳と、お子さんが70歳、そして、当初の満期である128歳で各々解約したとして、どれくらいの利回りになるのかをまとめてみたいと思います。

親年齢 90歳 100歳 128歳
子年齢 60歳 70歳 98歳
一部引き出し総額 USD 450,156 USD 1,388,471 USD 1,388,471
解約返戻金 USD 493,922 USD 27,982 USD 227,248
受取総額 USD 944,078 USD 1,416,453 USD 1,615,719
利回り 1888% 2832% 3231%

凄い利回りだと思いませんか?

また、解約返戻金を見てもらうと、大きな額になっている事が分かります。
親子の年金だけでなく、お孫さんにもしっかりと資産を遺すことができるのです!

◆死亡保障額
この商品には死亡保障も付いています。
契約9年目以降は解約返戻金と死亡保障額は同額になっています。
なので、商品名にInsurance(保険)と付いていますが、生命保険というよりも運用商品と言えるのです。
それでも、8年目までの死亡保障は支払い保険料以上に設定されていますし、契約1年経過後は支払保険料よりも死亡保障の方が大きくなっているので、もしもの時にも損をすることはない設定になっているのも特徴です。

FTLife社のRegent Insurance Plan 2(Premier Version)、とても利回りが高く優れた商品に見えますが、注意すべき点もあります。

それはNon-Guaranteedの中のTerminal Dividendの割合がとても高く、数値が大きくなっている事です。

Non-Guaranteedは非確定を意味しますが、その中のTerminal Dividendは解約時でなければ最終確定しない数値となっています。

あくまでシミュレーション上の数値であり、しかもこの商品は株式運用の比率が高くなっているので、このシミュレーション通りの数字になるかどうかは全く分かりません。

他社の金融商品で、安定した債券を中心に運用を行っているものもあります。

こうした商品であれば、シミュレーションの数字の振れ幅が小さくなっています。

そうした商品でも年間利回り4%以上となっているので、安定した商品を好む方はそうしたプランを検討する事をお勧めします。

自分の投資スタイルや家族構成、余裕資金額・年収であればどのような商品が合っているのか?

こうしたご質問がある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

 

☆★☆ ポールスターについて ☆★☆

Polestar(ポールスター) とは、北の空に輝く“北極星”のことで、古来、旅人たちはいつも同じ位置にあるこの星を道に迷ったときの“道しるべ”にした、と言われています。

グローバル化が進む中、国際的に行動されるお客さまに対して頼られる存在でありたいという想いから、社名をPolestar International(ポールスターインターナショナル)と致しました。

弊社では、海外の銀行口座開設をはじめ、個人の資産運用、及び海外での事業進出支援に至るまで、専門的かつ幅広いサービスを豊富な経験とノウハウ、そしてパートナーシップによって一貫したプロフェッショナルサービスをご提供しております。

アジア市場での国際的な金融商品および投資顧問サービスの主要な提供会社と友好関係があり、香港における主要銀行とも特別なパイプを持っております。

その為、運営に携わる者は豊富な経験とノウハウを持っておりますので、プロフェッショナルとしてのアドバイスを提供できております。

弊社との“つながり”が、皆様の人生設計の一助となれば幸いです。

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

☆★☆★☆★☆

 

 

 

2019年6月25日


40歳で香港FTLife Regent Insurance Plan2(Premier Version)契約時のシミュレーション!年金構築しつつ子供や孫に資産が遺せる金融商品!

*自分の国籍や居住地、余裕資金額や年収でどのような商品が契約できるかを知りたい方はこちらから!

⇒ お問い合わせフォーム

 

40歳はそろそろ人生の折り返しを迎える年齢です。

サラリーマンであったら会社人生もそろそろ半分。

残りの人生について色々と考えだす年齢だと思いますが、老後資金をどうするかも考えなくてはなりません。

日本の年金制度は破綻に向かっていますし、受給額の引き下げや受給年齢の引き上げなどの改悪は進んでいき、将来どれだけの年金を受け取れるか分かったものではありません。

自助努力で何とかしなくてはなりませんが、日本国内で利回り良く優れた金融商品がある訳ではありません。

ですが、海外に目を向けて見ると、利回りの良い金融商品があったりするのです。

今回はその一例として、40歳の方が香港FTLife社のRegent Insurance Plan2(Premier Version)契約時のシミュレーション例をご紹介したいと思います。

 契約者  40歳男性
 被保険者  40歳男性
 支払い保険料  USD 5,000 × 10年間 = 総保険料USD 50,000
受け取り試算額  ・被保険者61~90歳時に毎年約USD 8,260
・ その後、解約時に返戻金

性別や喫煙状況によって数字が変わる事はありません。

・Total Premiums Paid:総支払い保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

この契約シミュレーションについて、解説をしていきたいと思います。

◆支払総保険金額
総支払保険料額USD50,000でのシミュレーション結果です。
保険料の支払期間は2,5,10年から選択可能ですが、今回のシミュレーションではUSD5,000×10年払いとなっています。

◆受取金額や利回り
解約返戻金(Total Cash Value)を見ると、11年後にUSD50,000を超えてプラスになっています。
支払いが10年間ですが、支払い終わった翌年には既にプラスになっていて、とても早く損益分岐点を迎える商品となっている事が分かります。

61歳~90歳で年金を受け取れるシミュレーションにしていますが、この商品の満期は128歳となっています。
90歳以降も契約を継続して運用を続けることも可能です。

90歳と満期を迎える128歳で解約した時の利回りがどれくらいになるかをまとめてみたいと思います。

解約年齢 90歳 128歳
老後資金
(年金)
USD 330,398 USD 330,398
解約返戻金 USD 6,366 USD 82,422
受取り総額 USD 336,764 USD 412,820
利回り 673% 826%

とても利回りが良い商品だと思いませんか?
満期は128歳までとなっていますが、被保険者が128歳に到達するまでの間、何回でも被保険者の変更が可能となっています。
お子さんやお孫さんなどに引き継いでいけば、半永久的に資産を継承できる商品構造です。
自分の年金の為はもちろん、お子さんやお孫さんにも資産が遺せる商品設定となっています。

◆死亡保障額
この商品は死亡保障も付いています。
契約11年目以降は解約返戻金と死亡保障額は同額になっています。
なので、商品名にInsurance(保険)と付いていますが、生命保険というよりも運用商品と言えるのです。
それでも、10年目までの死亡保障は支払い保険料以上に設定されていますし、もしもの時にも損をすることはない設定になっているのも特徴です。

FTLife社のRegent Insurance Plan 2(Premier Version)、とても利回りが高く優れた商品になっていますが、注意するべきポイントもあります。

それはNon-Guaranteedの中のTerminal Dividendの割合がとても高く、数値が大きくなっている事です。

Non-Guaranteedは非確定を意味しますが、その中のTerminal Dividendは解約時でなければ最終確定しない数値となっています。

つまりは、あくまでシミュレーション上の数値であり、しかもこの商品は株式運用の比率が高くなっているので、このシミュレーション通りの数字になるかどうかは全く分かりません。

他社の金融商品で、安定した債券を中心に運用を行っているものもあります。

そのような商品であれば、シミュレーションの数字の振れ幅が小さくなっています。

そうした商品でも年間利回り4%以上となっているので、安定した商品を好む方はそうしたプランを検討する事をお勧めします。

自分の投資スタイルや家族構成、余裕資金額・年収であればどのような商品が合っているのか?

こうしたご質問がある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

 

☆★☆ ポールスターについて ☆★☆

Polestar(ポールスター) とは、北の空に輝く“北極星”のことで、古来、旅人たちはいつも同じ位置にあるこの星を道に迷ったときの“道しるべ”にした、と言われています。

グローバル化が進む中、国際的に行動されるお客さまに対して頼られる存在でありたいという想いから、社名をPolestar International(ポールスターインターナショナル)と致しました。

弊社では、海外の銀行口座開設をはじめ、個人の資産運用、及び海外での事業進出支援に至るまで、専門的かつ幅広いサービスを豊富な経験とノウハウ、そしてパートナーシップによって一貫したプロフェッショナルサービスをご提供しております。

アジア市場での国際的な金融商品および投資顧問サービスの主要な提供会社と友好関係があり、香港における主要銀行とも特別なパイプを持っております。

その為、運営に携わる者は豊富な経験とノウハウを持っておりますので、プロフェッショナルとしてのアドバイスを提供できております。

弊社との“つながり”が、皆様の人生設計の一助となれば幸いです。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

☆★☆★☆★☆

 

 

 

2019年6月24日


香港のFTLife Regent Insurance Plan2(Premier Version)30歳契約時のシミュレーション例!年金構築だけでなく子供や孫にも資産を遺せる!

*自分の国籍や居住地、余裕資金額や年収でどのような商品が契約できるかを知りたい方はこちらから!

⇒ お問い合わせフォーム

 

30歳になると、お子さんを含めた人生設計を真剣に考えだすと思います。

その時にポイントになってくるのはお金です。

日本人はお金の話をするのを避ける傾向にありますが、切っても切れない重要な事ですからね。

ですが、日本国内で自分自身の老後資金やお子さんへの資産承継を考えても、利回りの良い商品が見当たらず悩みが深まるばかりです。

海外ではどのようにしているかと言えば、海外には利回りの良い金融商品が多く出回っているので、そうした商品を上手く活用しているのです。

そうした例として、30歳の方が香港のFTLife Regent Insurance Plan2(Premier Version)を契約した時のシミュレーションをご紹介してみたいと思います。

 契約者  30歳男性
 被保険者  30歳男性
 支払い保険料  USD 25,000 × 2年間 = 総保険料USD 50,000
受け取り試算額 ・契約31~60年後(61~90歳時)に毎年約USD 15,005
・解約時に返戻金

性別や喫煙状況によって数字が変わる事はありません。

・Total Premiums Paid:総支払い保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このシミュレーションについて、解説していきたいと思います。

◆支払総保険金額
総支払保険料額USD50,000でのシミュレーションです。
保険料の支払期間は2,5,10年から選択可能ですが、このシミュレーションではUSD25,000×2年払いとしています。

◆受取金額や利回り
解約返戻金(Total Cash Value)を見ると、7年後でプラスになっている事が分かります。
とても早く損益分岐点を迎える商品となっているのです。

契約から31~60年後に毎年約15,005を引き出すシミュレーションとしていますが、61~90歳での年後受け取りをイメージしています。

この商品の満期は128歳となっています。
90歳以降も契約を継続して運用を続けることも可能です。

90歳と満期を迎える128歳で解約した時の利回りがどれくらいになるかをまとめてみたいと思います。

解約年齢 90歳 128歳
老後資金
(年金)
USD 450,156 USD 450,156
解約返戻金 USD 493,922 USD 7,818,922
受取り総額 USD 944,078 USD 8,269,078
利回り 1888% 16538%

 

とてもスゴイ利回りだと思いませんか?
満期は128歳までとなっていますが、被保険者が128歳に到達するまでの間、何回でも被保険者の変更が可能となっています。
お子さんやお孫さんなどに引き継いでいけば、半永久的に資産を継承できる商品です。
自分の年金の為はもちろん、お子さんやお孫さんにも資産が遺せるようになっているのです。

◆死亡保障額
この商品は死亡保障も付いています。
契約9年目以降は解約返戻金と死亡保障額は同額になっています。
なので、商品名にInsurance(保険)と付いていますが、生命保険というよりも運用商品と言えるのです。
それでも、計約1年目以降の死亡保障は支払い保険料以上に設定されていますし、もしもの時にも損をすることはない設定になっているのも特徴です。

FTLife社のRegent Insurance Plan 2(Premier Version)、とても利回りが高く優れた商品になっていますが、注意しなくてはならない点もあります。

それはNon-Guaranteedの中のTerminal Dividendの割合がとても高く、数値が大きくなっている事です。

Non-Guaranteedは非確定を意味しますが、その中のTerminal Dividendは解約時でなければ最終確定しない数値となっています。

つまりは、あくまでシミュレーション上の数値であり、しかもこの商品は株式運用の比率が高くなっているので、このシミュレーション通りの数字になるかどうかは全く分かりません。

他社の金融商品で、安定した債券を中心に運用を行っているものもあります。

そのような商品であれば、シミュレーションの数字の振れ幅が小さくなっています。

そうした商品でも年間利回り4%以上となっているので、安定した商品を好む方はそうしたプランを検討する事をお勧めします。

自分の投資スタイルや家族構成、余裕資金額・年収であればどのような商品が合っているのか?

こうしたご質問がある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

 

☆★☆ ポールスターについて ☆★☆

Polestar(ポールスター) とは、北の空に輝く“北極星”のことで、古来、旅人たちはいつも同じ位置にあるこの星を道に迷ったときの“道しるべ”にした、と言われています。

グローバル化が進む中、国際的に行動されるお客さまに対して頼られる存在でありたいという想いから、社名をPolestar International(ポールスターインターナショナル)と致しました。

弊社では、海外の銀行口座開設をはじめ、個人の資産運用、及び海外での事業進出支援に至るまで、専門的かつ幅広いサービスを豊富な経験とノウハウ、そしてパートナーシップによって一貫したプロフェッショナルサービスをご提供しております。

アジア市場での国際的な金融商品および投資顧問サービスの主要な提供会社と友好関係があり、香港における主要銀行とも特別なパイプを持っております。

その為、運営に携わる者は豊富な経験とノウハウを持っておりますので、プロフェッショナルとしてのアドバイスを提供できております。

弊社との“つながり”が、皆様の人生設計の一助となれば幸いです。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

☆★☆★☆★☆

 

 

 

2019年6月21日


50歳からの老後資金構築!香港FTLife社Regent Insurance Plan2(Premier Version)の契約シミュレーションをしてみた結果、利回りは何%?

*自分の国籍や居住地、余裕資金額や年収でどのような商品が契約できるかを知りたい方はこちらから!

⇒ お問い合わせフォーム

 

50歳になると、真剣に老後資金をどうしようかと考えると思います。

ですが、利回りの低い日本の金融商品では50歳から老後資金の為に資産運用を始めても遅すぎます。

(日本の金融商品では、20代や30代で初めても大して増えないですが…)

海外の人はどうしているのでしょうか?

例えば香港では、利回りの良い金融商品があるので、そうした金融商品を活用して年金を構築しているのです。

ここでは、50歳の人が香港FTLife社Regent Insurance Plan2(Premier Version)を契約した時のシミュレーション例をご紹介したいと思います。

 契約者  50歳男性
 被保険者  50歳男性
 支払い保険料  USD 10,000 × 5年間 = 総保険料USD 50,000
受け取り試算額  ・被保険者61~90歳時に毎年約USD 4,863
・ その後、解約時に返戻金

性別や喫煙状況によって数字が変わる事はありません。

・Total Premiums Paid:総支払い保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このシミュレーション内容について、簡単に解説していきたいと思います。

◆支払総保険金額
総支払保険料額USD50,000でのシミュレーション結果です。
保険料の支払期間は2,5,10年から選択可能ですが、今回のシミュレーションではUSD10,000×5年払いとなっています。

◆受取金額や利回り
このシミュレーションでは61歳~90歳で年金を受け取れる形にしています。
また、この商品の満期は128歳となっています。
90歳以降も契約を継続して運用を続けることも可能です。

90歳と満期を迎える128歳で解約した時の利回りがどれくらいになるかをまとめてみたいと思います。

解約年齢 90歳 128歳
老後資金
(年金)
USD 145,893 USD 145,893
解約返戻金 USD 3,627 USD 45,638
受取り総額 USD 149,520 USD 191,531
利回り 299% 383%

 

50歳からのスタートと考えれば、文句のない数字だと思いませんか?
もちろん、支払保険料をもっと出せれば、それだけリターンも大きくなっていきます。
この商品は128歳を迎える前に何度も被保険者を引き継ぐことができるので、お子さんやお孫さんに資産を遺してあげる事も可能となっています。

◆死亡保障額
この商品は死亡保障も付いています。
契約1年目以降は支払保険料より(死亡保障額+受取年金額)が大きくなっているので、もしもの時にも損をしない商品になっているのです。

FTLife社のRegent Insurance Plan 2(Premier Version)、とても利回りが良い商品になっていますが、注意しなくてはならない点もあります。

それはNon-Guaranteedの中のTerminal Dividendの割合がとても高く、数値が大きくなっている事です。

Non-Guaranteedは非確定を意味しますが、その中のTerminal Dividendは解約時でなければ最終確定しない数値となっています。

つまりは、あくまでシミュレーション上の数値であり、しかもこの商品は株式運用の比率が高くなっているので、このシミュレーション通りの数字になるかどうかは全く分かりらないのです。

他社の金融商品で安定した債券を中心に運用を行っているものもあります。

そのような商品であれば、シミュレーションの数字の振れ幅が小さくなっています。

そうした商品でも年間利回り4%以上となっているので、安定した商品を好む方はそうしたプランを検討する事をお勧めします。

お子さんやお孫さんに資産を遺したいのであれば、お子さんやお孫さんを被保険者にするという契約も可能であり、若い人を被保険者にした方が保険料が安くお得になります。

自分の投資スタイルや家族構成、余裕資金額・年収であればどのような商品が合っているのか?

こうしたご質問がある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

 

☆★☆ ポールスターについて ☆★☆

Polestar(ポールスター) とは、北の空に輝く“北極星”のことで、古来、旅人たちはいつも同じ位置にあるこの星を道に迷ったときの“道しるべ”にした、と言われています。

グローバル化が進む中、国際的に行動されるお客さまに対して頼られる存在でありたいという想いから、社名をPolestar International(ポールスターインターナショナル)と致しました。

弊社では、海外の銀行口座開設をはじめ、個人の資産運用、及び海外での事業進出支援に至るまで、専門的かつ幅広いサービスを豊富な経験とノウハウ、そしてパートナーシップによって一貫したプロフェッショナルサービスをご提供しております。

アジア市場での国際的な金融商品および投資顧問サービスの主要な提供会社と友好関係があり、香港における主要銀行とも特別なパイプを持っております。

その為、運営に携わる者は豊富な経験とノウハウを持っておりますので、プロフェッショナルとしてのアドバイスを提供できております。

弊社との“つながり”が、皆様の人生設計の一助となれば幸いです。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

☆★☆★☆★☆

 

 

 

2019年6月20日


還暦過ぎた65歳から効率良く老後資金や資産承継は可能?香港FTLife社Regent Insurance Plan2(Premier Version)契約シミュレーション例!

*自分の国籍や居住地、余裕資金額や年収でどのような商品が契約できるかを知りたい方はこちらから!

⇒ お問い合わせフォーム

 

還暦を過ぎ、実際に年金をもらえる年齢になってからお金が足りないな・・・と感じる事もあるかもしれません。

また、お子さんやお孫さんに資産を上手く継承したいと考えると思います。

この2つの問題を両立するのは簡単ではありません。

日本の金融商品でこの2つの問題を解決する事は困難です。

海外ではどうかと言えば、利回りの良い金融商品を活用して老後資産を構築しながら資産承継を行えない事はありません。

それでも、やはり65歳からとなるとそれなりの資産は必要にはなりますし、それほど大きなリターンとなる訳でもないですが、ここでは香港FTLife社Regent Insurance Plan2(Premier Version)を65歳の方が契約した時のシミュレーション例をご紹介したいと思います。

 契約者  65歳男性
 被保険者  65歳男性
 支払い保険料  USD 10,000 × 5年間 = 総保険料USD 50,000
受け取り試算額  ・被保険者71~90歳時に毎年約USD 3,972
・ その後、解約時に返戻金

性別や喫煙状況によって数字が変わる事はありません。

・Total Premiums Paid:総支払い保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

この契約シミュレーションについて、解説していきたいと思います。

◆支払総保険金額
総支払保険料額USD50,000でのシミュレーション結果です。
保険料の支払期間は2,5,10年から選択可能ですが、今回のシミュレーションではUSD10,000×5年払いとなっています。

◆受取金額や利回り
このシミュレーションでは71歳~90歳で年金を受け取れるシミュレーションにしています。
65歳から69歳まで支払い、71歳から年金が受け取れるようになっています。
また、この商品の満期は128歳となっています。
90歳以降も契約を継続して運用を続けることも可能です。

90歳と満期を迎える128歳で解約した時の利回りがどれくらいになるかをまとめてみたいと思います。

解約年齢 90歳 128歳
老後資金
(年金)
USD 79,440 USD 79,440
解約返戻金 USD 1,343 USD 17,144
受取り総額 USD 80,783 USD 96,584
利回り 162% 193%

 

65歳からのスタートと考えれば、文句のない数字だと思いませんか?
もちろん、支払保険料をもっと出せれば、それだけリターンも大きくなっていきます。

◆死亡保障額
この商品には死亡保障も付いています。
契約1年目以降は支払保険料より(死亡保障額+受取年金額)が大きくなっているので、もしもの時にも対応した商品になっているのです。

FTLife社のRegent Insurance Plan 2(Premier Version)、とても利回りが高く優れた商品になっていますが、注意しなくてはならない点があります。

それはNon-Guaranteedの中のTerminal Dividendの割合がとても高く、数値が大きくなっている事です。

Non-Guaranteedは非確定を意味しますが、その中のTerminal Dividendは解約時でなければ最終確定しない数値となっています。

つまりは、あくまでシミュレーション上の数値であり、しかもこの商品は株式運用の比率が高くなっているので、このシミュレーション通りの数字になるかどうかは全く分かりません。

他社の金融商品で、安定した債券を中心に運用を行っているものもあります。

そのような商品であれば、シミュレーションの数字の振れ幅が小さくなっています。

そうした商品でも年間利回り4%以上となっているので、安定した商品を好む方はそうしたプランを検討する事をお勧めします。

お子さんやお孫さんに資産を遺したいのであれば、お子さんやお孫さんを被保険者にするという契約も可能でお得になります。

自分の投資スタイルや家族構成、余裕資金額・年収であればどのような商品が合っているのか?

こうしたご質問がある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

 

☆★☆ ポールスターについて ☆★☆

Polestar(ポールスター) とは、北の空に輝く“北極星”のことで、古来、旅人たちはいつも同じ位置にあるこの星を道に迷ったときの“道しるべ”にした、と言われています。

グローバル化が進む中、国際的に行動されるお客さまに対して頼られる存在でありたいという想いから、社名をPolestar International(ポールスターインターナショナル)と致しました。

弊社では、海外の銀行口座開設をはじめ、個人の資産運用、及び海外での事業進出支援に至るまで、専門的かつ幅広いサービスを豊富な経験とノウハウ、そしてパートナーシップによって一貫したプロフェッショナルサービスをご提供しております。

アジア市場での国際的な金融商品および投資顧問サービスの主要な提供会社と友好関係があり、香港における主要銀行とも特別なパイプを持っております。

その為、運営に携わる者は豊富な経験とノウハウを持っておりますので、プロフェッショナルとしてのアドバイスを提供できております。

弊社との“つながり”が、皆様の人生設計の一助となれば幸いです。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

☆★☆★☆★☆

 

 

 

2019年6月18日


1 / 3123
     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.