香港FTLife社Regent Insurance Plan2(Premier Version)親30歳・子供0歳時に加入し年金運用&譲渡・承継した時の契約シミュレーション例!

*自分の国籍や居住地、余裕資金額や年収でどのような商品が契約できるかを知りたい方はこちらから!

⇒ お問い合わせフォーム

 

30歳で子供も生まれれば将来の人生設計をしっかりと考えだすと思います。

ところが日本では年金制度は崩壊に向かっています。

自分たちの代でも受給年齢の引き上げや受給額の引き下げなどがあり改悪されるのは目に見えていますが、更に子供の代の事を考えれば、あてにしてはいけない制度と言えるのです。

自助努力で何とかしなくてはなりませんが、民間の金融商品で利回り良く将来を支えてくれるだけのプランは日本では提供されていません。

では、海外の人はどうしているのでしょうか?

海外には利回りの良い金融商品があり、そうした商品に契約する事で自らの年金はもちろんですが、お子さんにしっかりと資産を遺して継承していけるのです。

ここでは、香港FTLife社Regent Insurance Plan2(Premier Version)に子供が生まれたばかりの30歳の方が契約した時のシミュレーション例をご紹介したいと思います。

 契約者  30歳男性
 被保険者  30歳男性
 支払い保険料  USD 25,000 × 2年間 = 総保険料USD 50,000
受け取り試算額 ・契約31~60年後(親が61~90歳時)に毎年約USD 15,005
・契約70年後(子供が70歳時)に一部引き出しUSD 938,315
・解約時に返戻金

性別や喫煙状況によって数字が変わる事はありません。

・Total Premiums Paid:総支払い保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このシミュレーション例について、解説をしていきたいと思います。

◆支払総保険金額
総支払保険料額USD50,000でのシミュレーションです。
保険料の支払期間は2,5,10年から選択可能ですが、このシミュレーションではUSD25,000×2年払いとしています。

◆受取金額や利回り
解約返戻金(Total Cash Value)を見ると、7年後でプラスになっている事が分かります。
とても早く損益分岐点を迎えるシミュレーションになっています。

契約から31~60年後と、70年後に一部引き出し(Withdrawal)される設定となっています。
契約者自身が60~90歳の時と、お子さんが70歳の時に引き出しされるのです。
この商品の満期は128歳となっていますが、契約をお子さんに譲渡する事によって、自分自身の年金だけでなく、お子さんに資産を引き継ぐ事ができるのです。
(この商品は、被保険者が128歳に到達するまでの間、何回でも被保険者の変更が可能となっています。)

契約者が90歳と、お子さんが70歳、そして、当初の満期である128歳で各々解約したとして、どれくらいの利回りになるのかをまとめてみたいと思います。

親年齢 90歳 100歳 128歳
子年齢 60歳 70歳 98歳
一部引き出し総額 USD 450,156 USD 1,388,471 USD 1,388,471
解約返戻金 USD 493,922 USD 27,982 USD 227,248
受取総額 USD 944,078 USD 1,416,453 USD 1,615,719
利回り 1888% 2832% 3231%

凄い利回りだと思いませんか?

また、解約返戻金を見てもらうと、大きな額になっている事が分かります。
親子の年金だけでなく、お孫さんにもしっかりと資産を遺すことができるのです!

◆死亡保障額
この商品には死亡保障も付いています。
契約9年目以降は解約返戻金と死亡保障額は同額になっています。
なので、商品名にInsurance(保険)と付いていますが、生命保険というよりも運用商品と言えるのです。
それでも、8年目までの死亡保障は支払い保険料以上に設定されていますし、契約1年経過後は支払保険料よりも死亡保障の方が大きくなっているので、もしもの時にも損をすることはない設定になっているのも特徴です。

FTLife社のRegent Insurance Plan 2(Premier Version)、とても利回りが高く優れた商品に見えますが、注意すべき点もあります。

それはNon-Guaranteedの中のTerminal Dividendの割合がとても高く、数値が大きくなっている事です。

Non-Guaranteedは非確定を意味しますが、その中のTerminal Dividendは解約時でなければ最終確定しない数値となっています。

あくまでシミュレーション上の数値であり、しかもこの商品は株式運用の比率が高くなっているので、このシミュレーション通りの数字になるかどうかは全く分かりません。

他社の金融商品で、安定した債券を中心に運用を行っているものもあります。

こうした商品であれば、シミュレーションの数字の振れ幅が小さくなっています。

そうした商品でも年間利回り4%以上となっているので、安定した商品を好む方はそうしたプランを検討する事をお勧めします。

自分の投資スタイルや家族構成、余裕資金額・年収であればどのような商品が合っているのか?

こうしたご質問がある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

 

☆★☆ ポールスターについて ☆★☆

Polestar(ポールスター) とは、北の空に輝く“北極星”のことで、古来、旅人たちはいつも同じ位置にあるこの星を道に迷ったときの“道しるべ”にした、と言われています。

グローバル化が進む中、国際的に行動されるお客さまに対して頼られる存在でありたいという想いから、社名をPolestar International(ポールスターインターナショナル)と致しました。

弊社では、海外の銀行口座開設をはじめ、個人の資産運用、及び海外での事業進出支援に至るまで、専門的かつ幅広いサービスを豊富な経験とノウハウ、そしてパートナーシップによって一貫したプロフェッショナルサービスをご提供しております。

アジア市場での国際的な金融商品および投資顧問サービスの主要な提供会社と友好関係があり、香港における主要銀行とも特別なパイプを持っております。

その為、運営に携わる者は豊富な経験とノウハウを持っておりますので、プロフェッショナルとしてのアドバイスを提供できております。

弊社との“つながり”が、皆様の人生設計の一助となれば幸いです。

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

☆★☆★☆★☆

 

 

 

2020年6月25日


40歳で香港FTLife Regent Insurance Plan2(Premier Version)契約時のシミュレーション!年金構築しつつ子供や孫に資産が遺せる金融商品!

*自分の国籍や居住地、余裕資金額や年収でどのような商品が契約できるかを知りたい方はこちらから!

⇒ お問い合わせフォーム

 

40歳はそろそろ人生の折り返しを迎える年齢です。

サラリーマンであったら会社人生もそろそろ半分。

残りの人生について色々と考えだす年齢だと思いますが、老後資金をどうするかも考えなくてはなりません。

日本の年金制度は破綻に向かっていますし、受給額の引き下げや受給年齢の引き上げなどの改悪は進んでいき、将来どれだけの年金を受け取れるか分かったものではありません。

自助努力で何とかしなくてはなりませんが、日本国内で利回り良く優れた金融商品がある訳ではありません。

ですが、海外に目を向けて見ると、利回りの良い金融商品があったりするのです。

今回はその一例として、40歳の方が香港FTLife社のRegent Insurance Plan2(Premier Version)契約時のシミュレーション例をご紹介したいと思います。

 契約者  40歳男性
 被保険者  40歳男性
 支払い保険料  USD 5,000 × 10年間 = 総保険料USD 50,000
受け取り試算額  ・被保険者61~90歳時に毎年約USD 8,260
・ その後、解約時に返戻金

性別や喫煙状況によって数字が変わる事はありません。

・Total Premiums Paid:総支払い保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

この契約シミュレーションについて、解説をしていきたいと思います。

◆支払総保険金額
総支払保険料額USD50,000でのシミュレーション結果です。
保険料の支払期間は2,5,10年から選択可能ですが、今回のシミュレーションではUSD5,000×10年払いとなっています。

◆受取金額や利回り
解約返戻金(Total Cash Value)を見ると、11年後にUSD50,000を超えてプラスになっています。
支払いが10年間ですが、支払い終わった翌年には既にプラスになっていて、とても早く損益分岐点を迎える商品となっている事が分かります。

61歳~90歳で年金を受け取れるシミュレーションにしていますが、この商品の満期は128歳となっています。
90歳以降も契約を継続して運用を続けることも可能です。

90歳と満期を迎える128歳で解約した時の利回りがどれくらいになるかをまとめてみたいと思います。

解約年齢 90歳 128歳
老後資金
(年金)
USD 330,398 USD 330,398
解約返戻金 USD 6,366 USD 82,422
受取り総額 USD 336,764 USD 412,820
利回り 673% 826%

とても利回りが良い商品だと思いませんか?
満期は128歳までとなっていますが、被保険者が128歳に到達するまでの間、何回でも被保険者の変更が可能となっています。
お子さんやお孫さんなどに引き継いでいけば、半永久的に資産を継承できる商品構造です。
自分の年金の為はもちろん、お子さんやお孫さんにも資産が遺せる商品設定となっています。

◆死亡保障額
この商品は死亡保障も付いています。
契約11年目以降は解約返戻金と死亡保障額は同額になっています。
なので、商品名にInsurance(保険)と付いていますが、生命保険というよりも運用商品と言えるのです。
それでも、10年目までの死亡保障は支払い保険料以上に設定されていますし、もしもの時にも損をすることはない設定になっているのも特徴です。

FTLife社のRegent Insurance Plan 2(Premier Version)、とても利回りが高く優れた商品になっていますが、注意するべきポイントもあります。

それはNon-Guaranteedの中のTerminal Dividendの割合がとても高く、数値が大きくなっている事です。

Non-Guaranteedは非確定を意味しますが、その中のTerminal Dividendは解約時でなければ最終確定しない数値となっています。

つまりは、あくまでシミュレーション上の数値であり、しかもこの商品は株式運用の比率が高くなっているので、このシミュレーション通りの数字になるかどうかは全く分かりません。

他社の金融商品で、安定した債券を中心に運用を行っているものもあります。

そのような商品であれば、シミュレーションの数字の振れ幅が小さくなっています。

そうした商品でも年間利回り4%以上となっているので、安定した商品を好む方はそうしたプランを検討する事をお勧めします。

自分の投資スタイルや家族構成、余裕資金額・年収であればどのような商品が合っているのか?

こうしたご質問がある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

 

☆★☆ ポールスターについて ☆★☆

Polestar(ポールスター) とは、北の空に輝く“北極星”のことで、古来、旅人たちはいつも同じ位置にあるこの星を道に迷ったときの“道しるべ”にした、と言われています。

グローバル化が進む中、国際的に行動されるお客さまに対して頼られる存在でありたいという想いから、社名をPolestar International(ポールスターインターナショナル)と致しました。

弊社では、海外の銀行口座開設をはじめ、個人の資産運用、及び海外での事業進出支援に至るまで、専門的かつ幅広いサービスを豊富な経験とノウハウ、そしてパートナーシップによって一貫したプロフェッショナルサービスをご提供しております。

アジア市場での国際的な金融商品および投資顧問サービスの主要な提供会社と友好関係があり、香港における主要銀行とも特別なパイプを持っております。

その為、運営に携わる者は豊富な経験とノウハウを持っておりますので、プロフェッショナルとしてのアドバイスを提供できております。

弊社との“つながり”が、皆様の人生設計の一助となれば幸いです。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

☆★☆★☆★☆

 

 

 

2020年6月24日


香港って今どんな状況?【4月】

2月上旬までは、4月には治まっているだろうなあとちょっと期待して、

4月10日~13日の4連休は日本旅行の予定をしていたのですが、自宅から一歩も出ずに

4連休が終了しました。

早くコロナが終息して、日本へ行きたいです、、、

 

最近では、品薄となっていたトイレットペーパー、ティッシュペーパー、お米など、

大量に仕入れたようで、スーパーの棚に入らないトイレットペーパーが通路に

山積みになっていたりします。除菌ジェルなどは色々なブランドが売られています。

 

香港は売れるとなれば、ビジネスチャンスですので、すぐ仕入れとなるので、

しばらくすると別のブランドのものが売っていたり、対応が素早いです。

自由貿易港の利点ですね!

マスクも、高い値段をつけたものが店先に積まれているのを見かけます。

街中でフェイスガードをしている人を見ても驚かなくなりました。

 

香港政府は、様々なコロナ対策を打ち出しており、日本では考えられない対応の早さです。

1万ドルの支給や、様々な業界への補助金など経済へ刺激策を色々と出しています。

情報開示も徹底していて、同じことを日本でしようとすると「プライバシー保護」や「不安が広がる」など

反対の声が多いのではないかと思いますが、感染を拡げないためにも、現実を知るということが

大事なことだと思います。真実がわからないと対策も立てられないですよね。

 

最近の香港は、死者数は4名のままで、感染者も海外からの帰国者が多く、

感染は落ち着いてきたといえますが、中国の封鎖が解除されましたので、

今後どうなるか予想はつかないと皆思っているため、まだまだコロナ対策に余念がありません。

 

お問合せはこちらまで

2020年4月16日


香港って今どんな状況?【3月】

3月2日から公務員の在宅勤務が終了したせいか、通勤電車も徐々に人が多くなり、

以前と比べ、街にも人が多く歩いています。

4月19日まで学校は休校なので、子供の姿はあまり見かけません。

人もいないだろうとよく行くレストランに予約無しで行ったら、満席で入れませんでした。

代わりに入った日本料理屋さんも、初めて行ったので、以前はどうだったのかわかりませんが、

QRコードを渡され、スマートフォンでオーダーするシステムでした。

店に入る時に体温チェックをされたり、レストランに入る時に、アルコール消毒液を手にかけられたりと、

コロナ対策は色々とされています。

 

一時期、品不足となったトイレットペーパーやティッシュペーパー、お米などは、

現在はスーパーに普通に売っていますし、ストップしていたスーパーのデリバリーも再開しています。

消毒液もコンビニなどでもレジ横に置いているのを見かけるようになりました。

観光客がいませんので、観光業は大ダメージを受けていますが、

街は落ち着いた雰囲気になっています。

銀行の口座開設サポートも、銀行より要求があり、日本から来た場合は、

都市名を伝えなければならず、都市によっては、対応した銀行員が隔離されるとのことで、

北海道が対象と聞いていたのですが、政府も14日から香港入境に

北海道が隔離対象となると発表がありました。

 

今月の口座開設サポートは、全て延期となりましたが、

渡航無しでサポートできる口座トラブルは対応をしておりますので、

口座にトラブルがある場合は、お問合せいただければ、渡航無しで対応可能かどうか

アドバイスさせていただきますので、お気軽にお問合せください。

 

お問合せはこちらまで。

2020年3月16日


恭喜發財!香港って今どんな状況?

香港のリアルな状況を教えて欲しいと聞かれることが多くなりました。

新年が快楽ではない状況です、、、

ニュースでは出来事の一部だけですので、実際はどうなんだろうと思われる方も多いですよね。

 

香港は1月31日付で感染症危険レベルが2(不要不急の渡航は止めてください)になり、
渡航を延期される方もちらほら。

 

マスク率はほぼ100%です。
マスクをしていない人を見ると、つい目を止めてしまいます。
サーズの時は、マスクをしていない人も結構いて、
人混みでだけマスクをしている人も多かったように思います。

マスクを求めて、マスクの入荷があった店に朝から行列が出来ています。

従業員に毎日一枚マスクを支給している会社もあります。
もちろん仕事中も全員マスク着用です。

 

通勤時は人が多くて乗れないこともある地下鉄は今は空いている席もちらほら。
在宅勤務になっている人も多くいます。
幼稚園、小中学校も休暇が延期となり、早くて3月2日開校となっています。

 

スーパーでは米や出前一丁など生活必需品の棚がガラガラに、、、、
お米の棚はこんな状況です。

ネットスーパーも配送サービス停止中です。

 

レストランは例年春節で賑わっている時期なのに、空いています。
外出を控えている人が多いので、そうなりますよね。

 

早く鎮静化してほしいものです。
皆様も健康に十分注意してくださいね。

 

お問合せはこちらまで。

2020年2月3日


4 / 124«23456»
     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.