マレーシア・クアラルンプール在住45歳非喫煙男性がサンライフ香港の生命保険ライフブリリアンスに契約した時にシミュレーション例!

KLの愛称で親しまれているマレーシアの首都クアラルンプール。

パワフルシティと呼ぶ人もいるくらい、勢いがあり人気のある街です。

日本企業も多く進出していますし、リタイア後の移住者も多く、日本人がたくさん住んでいる国です。

駐在していれば余裕資金が生まれやすいですし、移住していれば余裕資金があると思いますが、そうしたお金を寝かしておくともったいないです。

お金に働いてもらうことを考えた方が良いですが、その方法として香港の金融商品を活用する事をお勧めします。

オフショア金融センターである香港には優れた金融商品がとても多いのです。

その中の一つ、サンライフ香港社の生命保険【ライフブリリアンス】を契約例をご紹介したいと思います。

 契約者  45歳・男性・非喫煙者
 被保険者  45歳・男性・非喫煙者
 年間保険料  USD 10,024 × 5年間 = 総保険料USD 50,122
 確定保障  USD 106,000

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランでは45歳非喫煙男性が契約したとして、死亡保障USD106,000に対して総保険料USD50,122を5年間で払い終わるプランになっています。

(居住地域によって数字が変わる訳ではありません。)

10年後の解約返戻金はUSD35,759、15年後の解約返戻金はUSD55,089となっており、10~15年の間に解約返戻金が支払保険金を上回る、とても早く損益分岐点を迎える商品です。

ここまで書いた数字、実は確定されている最低保証の数字であり、実際にはこれ以上の数字となってきます。

サンライフ香港の運用によって、死亡保障や解約返戻金の数字は増額されていくのです。

これこそが、サンライフ香港の生命保険の強みと言えます。

今現在の運用ベースで解約返戻金や死亡保障がどのような数字になるのかをまとめたのが以下の表になります。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 108,710
(217%)
USD 200,805
(401%)
75歳時 USD 180,273
(360%)
USD 268,196
(535%)
85歳時 USD 294,909
(588%)
USD 365,310
(729%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

日本の生命保険とは比較にならない程の数字になっていると思いませんか?

マレーシア・クアラルンプールでの余裕資金、サンライフ香港の生命保険に預ければ資産を増やしてくれます。

自分の為、そして家族の為にとても有効的な商品と言えるのです。

香港の金融商品は国籍や居住地によって契約方法が変わってきます。

サンライフ香港の生命保険ライフブリリアンス、マレーシア・クアラルンプールに住所があれば香港に渡航せずとも契約できる方法もあります。

詳しい契約方法を知りたい方は、お気軽に連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

 

 

 

 

2018年12月25日


サンライフ香港の生命保険ライフブリリアンスにタイバンコク在住の45歳喫煙男性が契約した時の支払保険金・解約返戻金・死亡保障の一例!

製造業を中心に日本企業が多く進出しているタイ。

バンコクを中心に、日本人駐在者が多い国です。

バンコクは徐々に物価が上がっているものの、駐在手当てや家賃補助などがあり、タイに駐在していると余裕資金を構築しやすいと思います。

ですが、その余裕資金をどうすれば良いかと悩んでいる人もたくさんいるようです。

寝かしているだけではもったいないですからね。

そんな人には、香港を活用した資産運用を行う事をお勧めします。

金融立国香港には、とても優れた金融商品があるんです!

余裕資金は寝かせるよりも活用した方が良いですが、今回はサンライフ香港社の生命保険【ライフブリリアンス】に45歳喫煙男性が契約した時の例をご紹介したいと思います。

 契約者  45歳・男性・喫煙者
 被保険者  45歳・男性・喫煙者
 年間保険料  USD 10,001 × 5年間 = 総保険料USD 50,004
 確定保障  USD 93,500

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは総保険料USD50,004を5年間で払い終わり、死亡保障USD93,500が確定しているプランです。

このサンライフ香港の生命保険の特徴は、運用によって死亡保障が上がっていく事にあります。

今現在の運用で進めば、65歳で亡くなった時の死亡保障はUSD177,126となり、契約時に設計されたいた金額の倍近くになるのです。

解約返戻金も同様です。

65歳時点での解約返戻金はUSD52,860となっていますが、運用分も含めるとUSD95,851となり、当初設定の死亡保障額USD93,500を超えています。

75歳、85歳時点ではどうなるのかを表にまとめてみたいと思います。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 95,891
(192%)
USD 177,126
(354%)
75歳時 USD 159,015
(318%)
USD 236,569
(473%)
85歳時 USD 260,132
(520%)
USD 322,231
(644%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

日本の生命保険とは比較にならような数字だと思いませんか?

海外駐在で余裕資金が出来たなら、そのお金を遊ばしておくより、こうした商品を活用してお金に働いてもらった方が良いと思います。

香港など海外の金融商品は、国籍やパスポートによって契約方法が変わってきます。

タイ・バンコクに住所がある日本人の場合、香港に渡航せずとも契約できる方法もあります。

詳細を知りたい方は、お気軽にメッセージいたければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2018年12月24日


韓国ソウル在住40歳非喫煙女性が香港サンライフ社の生命保険ライフブリリアンスに加入したら?シミュレーション例をご紹介します!

日本のお隣、韓国。

仕事の関係で駐在している人も多いと思います。

駐在して得たお金、日本に持って帰っての使い道はありますか?

日本に持って帰ると散在してしまう可能性が高いかも⁉

散在するよりも将来の為にお金に働いてもらった方が良いと思います。

余裕資金であれば猶更です。

どうすれば良いかといえば、同じアジアにあるオフショア金融センター「香港」を活用した資産運用を行う事をお勧めします。

今回は、韓国ソウル在住の40歳非喫煙者の方が香港サンライフ社の生命保険ライフブリリアンスを契約した時の一例をご紹介したいと思います。

 契約者  40歳・女性・非喫煙者
 被保険者  40歳・女性・非喫煙者
 年間保険料  USD 10,038 × 5年間 = 総保険料USD 50,189
 確定保障  USD 126,500

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

サンライフ香港の生命保険は解約返戻金、死亡保障ともに2階建て構造になっています。

契約時に確定している金額と、サンライフ社の運用によって増額されていく部分とに分かれています。

このプランで観れば、65歳時点で解約した時の返戻金はUSD72,564が確定していますが、今現在の運用で行けばUSD153,759が戻ってくる事になります。

支払い総保険料はUSD50,189なので、3倍以上のお金が戻ってくる事になります。

65歳の死亡保障は契約時にUSD126,500が確定されていますが、運用によりUSD284,295まで増えるのです。

日本の生命保険でここまで大きな解約返戻金になる事はありませんし、契約時に確定されていた死亡保障の数字が増える事もありません。

日本の生命保険にはない魅力・メリットがサンライフ香港にはあるのです。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 153,759
(306%)
USD 284,295
(566%)
75歳時 USD 260,063
(518%)
USD 383,870
(765%)
85歳時 USD 428,193
(853%)
USD 527,327
(1051%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

このプランでの解約返戻金と死亡保障についてまとめてみたのが上の表です。

スゴイ利回りだと思いませんか?

サンライフ香港の生命保険、居住地で数字が変わる事はありません。

韓国でも香港でも中国でもタイでも同じ数字になります。

ただ、同じ年齢であれば男性よりも女性の方が有利で、煙草を吸わない方が安く契約できます。

国籍・居住地によって契約方法は異なってきますが、韓国の住所があれば、香港に渡航せずとも契約する事ができます。

契約方法について知りたい方は、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2018年12月23日


SunLife香港の生命保険ライフブリリアンスをインドネシア ジャカルタ在住40歳喫煙女性が加入した時のシミュレーションの一例をご紹介!

人口増加が著しく、経済発展を続けるインドネシア。

ジャカルタを中心に勢いがある国となっています。

インドネシアには日本企業も多く進出しており、日本人駐在者も増えています。

海外に駐在すると余裕資金が溜まりやすいですが、そうしたお金、どうすれば良いか悩んではいませんか?

せっかく海外で構築できたのですから、そのまま海外で活用すべきです。

日本で活用すると散在するだけになる可能性がたかいですからね。

お勧めすべき方法は、オフショア金融センターである香港を活用した資産運用です。

香港には日本では考えられないような優れた金融商品が多く存在しています。

その例として、Sun Life(サンライフ)香港社の生命保険Life Brilliance(ライフブリリアンス)をご紹介したいと思います。

 契約者  40歳・女性・喫煙者
 被保険者  40歳・女性・喫煙者
 年間保険料  USD 10,027 × 5年間 = 総保険料USD 50,137
 確定保障  USD 117,500

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

サンライフ香港の生命保険は居住地によって有利不利になる事はありません。

今回ご紹介しているプランは、5年払いでの保険総額USD50,137で、死亡保障がUSD117,500となっています。

一括、5、10、15、20年と支払期間は選択可能ですが、支配期間が短い方が、支払い総額が安くなり有利となります。

日本の生命保険は契約時に設定された死亡保障が増える事はありませんが、サンライフ香港の生命保険の場合、運用によって死亡保障が増額していく事が大きな特徴・メリットと言えます。

死亡保障USD117,500は最低保証と言え、長く生きれば生きるほど運用が効いてくるので死亡保障額はどんどん増えるのです。

解約返戻金も同じような考えとなっています。

そもそも、日本の生命保険の解約返戻金は満期近くにならないとプラスになりませんが、サンライフ香港の生命保険の場合、契約後10~15年で解約返戻金がプラスになります。

とても早く損益分岐点を迎える商品となっています。

解約返戻金も確定されている部分と、運用によって増額される部分とに分かれています。

契約期間が長くなればなるほど、解約返戻金はとても大きくなっていくのです。

このプランでの解約返戻金と死亡保険金の受取額、現時点での運用での数字をまとめてみると以下のようになります。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 142,820
(285%)
USD 264,068
(527%)
75歳時 USD 241,560
(482%)
USD 356,559
(711%)
85歳時 USD 397,729
(793%)
USD 489,810
(977%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

65歳時点での数字を見ると、解約返戻金は契約時点で設定されていた死亡保障額USD117,500を超えていますし、死亡保障は2倍以上になっています。

日本の生命保険では考えられない数字ですよね。

サンライフ香港の生命保険、国籍や居住地によって契約方法が異なっています。

インドネシア在住(インドネシアで住所証明がある)日本人であれば、香港に渡航せずとも契約可能です。

ご興味がある方は、一度お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2018年12月22日


中国深圳在住40歳非喫煙男性がサンライフ香港の生命保険Life Brillianceを契約するとした時のシミュレーション・設計例はこれだ!

近年、目覚ましい勢いで発展を続ける中国・深圳。

ITやメーカーなどに勤める方など、日本人駐在者は増えています。

駐在すると家賃補助や手当によって余裕資金が生まれやすく、このお金をどうしようかと考える人もたくさんいるようです。

余裕資金を日本に持って帰っても仕方ないですからね。

お勧めすべき方法の一つは、深圳のお隣香港を活用した資産運用です。

金融立国である香港には、優れた金融商品がたくさんあるのです。

その中の代表例として、サンライフ香港社の生命保険【Life Brilliance】をご紹介したいと思います。

 契約者  40歳・男性・非喫煙者
 被保険者  40歳・男性・非喫煙者
 年間保険料  USD 10,010 × 5年間 = 総保険料USD 50,050
 確定保障  USD 11,800

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

サンライフ香港の生命保険は、年齢や性別、喫煙有無などから支払い保険料や死亡保障が算出される仕組みになっています。

(大きな病気などあれば告知義務あり。)

この例は40歳非喫煙男性ですが、支払い保険総額USD50,050を5年払いで、死亡保障はUSD118,000となっています。

支払期間は一括、5、10、15、20年と選択可能で、支配期間が短くなれば、その分支払い総額は安くなります。

サンライフ香港の生命保険、大きな特徴として、運用によって死亡保障が上がっていく点があります。

USD118,000は最低保証であり、長く生きれば生きるほど死亡保障は増えていくのです。

解約返戻金も同様です。

契約後10~15年で解約返戻金がプラスになる、とても早く損益分岐点を迎える商品です。

解約返戻金も契約期間が長くなればなるほど、とても大きくなっていきます。

このプランでの解約返戻金と死亡保険金の受取額は以下のようになります。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 143,427
(287%)
USD 265,192
(530%)
75歳時 USD 242,588
(485%)
USD 358,077
(715%)
85歳時 USD 399,422
(798%)
USD 491,844
(983%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

65歳時で見てみると、今現在の運用ペースで行けば、契約時に確定していた死亡保証金USD118,000の倍以上の数字となっています。

解約返戻金もUSD118,000を超えるのです。

日本の生命保険と比較して、優れた商品だと思いませんか?

契約方法は国籍・居住地によって異なってくるのですが、中国在住の日本人であれば香港に来る事なく契約する方法もあります。

とは言え、距離も近いですし、直接来て契約した方がコストは安くなるので、余裕資金を香港で活用したいという方がいれば、ご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2018年12月21日


4 / 101«23456»
     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.