SunLife hkの生命保険Life Brillianceをタイ・バンコク在住の50歳喫煙日本人女性が購入した時の一例!支払い保険料はいくら?高い?安い?

親日国のタイ。

バンコクを中心に多くの日本人が住んでいます。

徐々に物価が上がってきてはいますが、日本からの出向でバンコクに駐在していると銀行口座に自然とお金が溜まっていくと思います。

そうしてできた貯金額、ただ眠らせておくだけではもったいないです。

将来的な事や家族の為を思うのであれば、利回りの良い金融商品で運用していく事がお勧めの方法です。

日本やタイにはそうした金融商品が見当たらないと思いますが、日本とタイのほぼ中間にある金融立国「香港」には、優れた金融商品があるのです。

一例として、香港のSunLife社の生命保険Life Brillianceに加入した例をご紹介したいと思います。

 契約者  50歳・女性・喫煙者
 被保険者  50歳・女性・喫煙者
 年間保険料  USD 10,005 × 5年間 = 総保険料USD 50,027
 確定保障  USD 90,000

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは、死亡保障USD90,000に対して、総保険料USD50,027を年払い5年間で支払うようになっています。

この死亡保障額は確定されているのですが、この生命保険の大きな特徴は死亡保障が運用によって増額されている事です。

例えば、65歳時点ではUSD144,874と算出されており、今現在の運用で進めば、契約時に確定されていた死亡保障USD90,000の1.6倍もの数字になるのです。

解約返戻金も運用によって大きくなっていき、65歳時点ではUSD82,761と算出されています。

支払った保険料USD50,027を大きく超えているので、貯蓄性も高い商品となっているのです。

65歳、75歳、85歳での解約返戻金、死亡保障についてまとめてみると、以下のようになっています。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 82,761
(165%)
USD 144,874
(290%)
75歳時 USD 131,520
(263%)
USD 191,688
(383%)
85歳時 USD 210,302
(420%)
USD 258,814
(517%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

解約返戻金を見れば老後資産として活用できる事が分かると思いますし、死亡保障を見れば、家族に遺せる金額も多いと感じられるはずです。

銀行にお金を貯めて置いておくだけではもったいないと思いませんか?

SunLife社の生命保険、国籍や居住地によって契約方法が異なってきます。

タイに住んでいる日本人であれば、香港に渡航せずとも契約できる方法もあります。

商品概要や契約方法について知りたい方は、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2019年1月9日


台湾在住50歳非喫煙日本人男性が香港サンライフ社の貯蓄型生命保険に加入した時の支払保険金に対する死亡保障や解約返戻金の利回りは?

親日で知られている台湾。

日本企業も多く進出しており、台湾に住んでいる日本人もとても多いです。

駐在で台湾に住んでいると余裕資金が生まれやすいと思いますが、そうした余裕資金を寝かせておくだけではもったいないです。

資産運用でお金に働いてもらえば、更に資産が増えていき、老後やお子さん・お孫さんといった次世代も安心して暮らしていけます。

日本にはお金がはたらいてくれるような金融商品はありませんが、台湾の近くの金融立国である香港には、利回りの良い金融商品がいくつも存在しています。

その中の一つ、サンライフ社の貯蓄型生命保険ライフブリリアンスについて、契約例を基にご紹介したいと思います。

 契約者  50歳・男性・非喫煙者
 被保険者  50歳・男性・非喫煙者
 年間保険料  USD 10,002 × 5年間 = 総保険料USD 50,010
 確定保障  USD 90,500

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは5年の年払いで総保険料USD50,010を払い終わり、USD90,500の死亡保障が確定しているプランです。

死亡保障は確定されている分だけでなく、運用によって増加していくのがこの生命保険のポイントです。

例えば、65歳ではUSD90,500に運用分が加わってUSD145,679になると算出されています。

また、この商品は貯蓄型生命保険となっていますが、解約返戻金も日本の生命保険と比較にならないくらい大きいです。

同じく65歳で見てみたら、解約返戻金は運用分も含めてUSD83,220となっています。

50歳からの5年間で支払った保険料の総額はUSD50,010となっていますが、契約開始から15年後には解約しても大きくプラスになっているのです。

貯蓄性が高い商品と言えるのです。

65歳、75歳、85歳での解約返戻金と死亡保障をまとめると以下のようになります。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 83,220
(166%)
USD 145,679
(291%)
75歳時 USD 132,250
(264%)
USD 192,753
(385%)
85歳時 USD 211,470
(423%)
USD 260,252
(520%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

利回りがスゴイと思いませんか?

日本の生命保険は、長く生きると解約返戻金や死亡保障は支払った金額に近付いていくだけか、少しプラスになるだけです。

なので、早く死ななければ意味がないと言われます。

香港サンライフ社の生命保険は運用分が効いてくるので、利回りがどんどん大きくなっていくのです。

お金がはたらいてくれるというのを実感できる商品です。

香港サンライフ社の生命保険は、国籍や居住地によって契約方法が異なってきます。

台湾在住の日本人であれば、香港に渡航せずとも契約する方法があります。

もちろん、香港に渡航しての契約も可能です。

台湾と香港、遠い距離でもないので、時間に余裕があるのなら渡航しての契約をお勧めします。

サンライフ社の貯蓄型生命保険にご興味ある方や契約方法について知りたい方は、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2019年1月8日


中国蘇州在住50歳喫煙日本人男性が香港サンライフ社の生命保険ライフブリリアンスの契約例!支払保険金・解約返戻金・死亡保障の金額は?

蘇州は上海・北京に次いで日本人が多く住んでいる都市となっています。

多くは仕事の関係で駐在している人だと思いますが、駐在していると余裕資産が生まれやすいと思います。

そうした余裕資産、どのように活用すべきだと思いますか?

お金にはたらいてもらうという点も考慮して、資産運用を行うのがお勧めの方法です。

日本に住んでいて日本の金融商品しか目にしていないと、資産運用と聞いてもパッとこないかもしれませんが、海外には運用利回りの良い金融商品が多くあったりするのです。

日本と海外の金融商品の違いとして、香港サンライフ社の生命保険ライフブリリアンスの契約例をご紹介したいと思います。

 契約者  50歳・男性・喫煙者
 被保険者  50歳・男性・喫煙者
 年間保険料  USD 10,009 × 5年間 = 総保険料USD 50,046
 確定保障  USD 83,500

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは5年の年払いで総保険料USD50,046を払い終わり、USD83,500の死亡保障が確定しているプランです。

”死亡保障が確定しているプラン”というのには意味があり、この生命保険はサンライフ社の運用によって死亡保障が上がっていきます。

(下がる事はありません。)

例えば、65歳時の死亡保障はUSD83,500に運用分が加わってUSD134,411となっています。

解約返戻金も同様に確定分と運用分に別れていますが、65歳時での解約返戻金はUSD76,784となっていて、貯蓄型商品としての価値があるのです。

このプランでの65歳、75歳、85歳での解約返戻金や死亡保障がどうなっているかをまとめてみました。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 76,784
(153%)
USD 134,411
(269%)
75歳時 USD 122,021
(244%)
USD 177,844
(355%)
85歳時 USD 195,114
(390%)
USD 240,122
(480%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

余裕資金を寝かせていても資産価値は増えないですが、香港の生命保険を契約しておけば自然と資産が増えていきます。

海外の金融商品は、国籍や居住地によって契約の方法は変わってきます。

中国在住の日本人であれば、香港に来ての契約だけでなく、渡航せずに契約する事も可能です。

詳細を知りたい方・ご興味がある方は、お気軽にメッセージいたければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

 

2019年1月7日


Sun Life hkの生命保険Life Brillianceをアメリカ在住45歳非喫煙女性が契約したら?支払保険金・死亡保障・解約返戻金をシミュレーション!

在外日本人(日本国外に長期在住する日本国籍者)が多いアメリカ。

仕事などの関係でアメリカに駐在し、貯蓄したお金をどうしようかと考えている人もいるはずです。

お金を寝かしておくのなら運用に回した方が効率的です。

ですが、日本の金融商品に目が慣れていると、まともな金融商品は無いよなぁと思ってしまうかもしれません。

そんな事はありません!

オフショア金融センターである香港には、利回りが良い有用な金融商品がたくさんあるんです。

今回は、Sun Life Financial Hong Kong(サンライフ香港)社の生命保険「Life Brilliance(ライフブリリアンス)」を米国在住45歳非喫煙女性が契約した時の例をご紹介したいと思います。

 契約者  45歳・女性・非喫煙者
 被保険者  45歳・女性・非喫煙者
 年間保険料  USD 10,022 × 5年間 = 総保険料USD 50,110
 確定保障  USD 113,500

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

居住地によって数字が変わる事はありませんが、生命保険は男性よりも女性が有利で、煙草を吸わない方が安くなります。

従って、同じ年齢であれば非喫煙女性はお得に生命保険に加入する事ができます。

このプランでは45歳非喫煙女性が支払保険金US50,110を5年間で払い終わり、死亡保障USD113,500が確定しています。

死亡保障ですが、確定となっているのには理由があり、サンライフ香港の運用によって死亡保障は増額されていきます。

USD113,500から減額される事はなく、USD113,500は最低保障されている金額と言えます。

解約返戻金も同様で、契約時に最低保証されている金額に運用分が加算されていきます。

契約から15年後、60歳での解約返戻金はUSD58,987が確定していて、損益分岐点を既に超えています。

運用分を加えるとUSD91,671と大きく支払保険金を超えていて、貯蓄性の高い生命保険と言えます。

運用分を加えると、15年よりも早く損益分岐点を迎える商品となっています。

このプランでの解約返戻金と死亡保障についてまとめてみたのが下の表になります。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 116,402
(232%)
USD 215,013
(429%)
75歳時 USD 193,029
(385%)
USD 287,172
(573%)
85歳時 USD 315,775
(630%)
USD 391,157
(781%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

余裕資金を寝かしておくだけではもったいないと思いませんか?

お金をはたらかせると、ここまでの数字になるのです。

Sun Life Financial Hong Kong(サンライフ香港)社の生命保険「Life Brilliance(ライフブリリアンス)」、国籍や居住地によって契約方法が異なってきます。

(米国市民ではない)アメリカ在住の日本人であれば、香港に渡航せずとも契約できる方法もあります。

ご興味ある方は、以下よりお気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2018年12月27日


香港在住45歳禁煙女性がSunLifeの生命保険Life Brillianceを購入した時の支払保険金・死亡保障・契約返戻金のシミュレーション例をご紹介!

金融の街:香港。

香港に住んでいて、そのパワーを感じていますか?

そして、実際に恩恵を受けていますか?

香港にいて香港の金融商品を契約していないのはとてももったいない事です。

例えば、生命保険一つとってみても日本のものとは大きな差があるんですよ。

ここでは、SunLife香港社の生命保険Life Brillianceを例に、香港の金融商品の魅力をご紹介したいと思います。

 契約者  45歳・女性・喫煙者
 被保険者  45歳・女性・喫煙者
 年間保険料  USD 10,036 × 5年間 = 総保険料USD 50,181
 確定保障  USD 105,500

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

45歳喫煙女性がUSD105,500の死亡保障が付いた生命保険を契約した例ですが、総保険額USD50,181を5年間で 支払うプランです。

この生命保険の特徴は、SunLife社の運用によって死亡保障が徐々に上がっていくところにあります。

例えば、65歳時の死亡保障はUSD199,858となっており、契約時に設定された死亡保障の倍になっているのです。

死亡保障USD105,500は最低保証で、運用によって徐々に数字が大きくなっていくのです。

解約返戻金も同様です。

15年目の解約返戻金はUSD54,829となっていますが、運用分も入れるとUSD85,210となっていて、支払った保険料に対して大きくプラスになっているのです。

ここまで早く解約返戻金がプラスになる生命保険は日本にはありません。

また、65歳の解約返戻金を見ても、確定分はUSD59,644ですが、運用分を加えるとUSD108,198となっており、契約時に設定されていた死亡保障を超えてきます。

65歳、75歳、85歳時点での解約返戻金や死亡保障がどうなるのかを表にまとめてみたいと思います。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 108,198
(216%)
USD 199,858
(398%)
75歳時 USD 179,423
(358%)
USD 266,930
(532%)
85歳時 USD 293,518
(585%)
USD 363,586
(725%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

スゴイ数字だと思いませんか?

香港に住んでいてこうした素晴らしい商品を契約しないのはもったいないんですよ。

契約方法について知りたい方は、お気軽にご連絡いただければと思います!

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2018年12月26日


3 / 10112345»
     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.