香港サンライフ社ライフブリリアンス(生命保険)に中国上海在住55歳非喫煙女性が加入した時の支払保険金に対する死亡保障や解約返戻金は?

在外日本人が最も多い国は中国です。

中国の中でも最も多く日本人が住んでいるのは上海です。

出向で上海に住んでいる人も多いと思いますが、出向していると、駐在手当てや家賃補助で余裕資金が生まれやすいと思います。

そうして生まれた余裕資金、ただ眠らせていたらもったいないです。

とは言え、日本には利回りが良い金融商品はないですし、中国の金融商品は信頼が置けないと思っている人も多いはず。

そうした人にお勧めしたいのが、金融立国「香港」を活用した運用法です。

香港は税金を低く収めるなど、金融政策で国(地域)を成り立たせていますが、そうした環境もあって、優れた金融商品がたくさん生まれています。

その中から、サンライフ香港が提供している生命保険ライフブリリアンスについてご紹介したいと思います。

 契約者  55歳・女性・非喫煙者
 被保険者  55歳・女性・非喫煙者
 年間保険料  USD 10,001 × 5年間 = 総保険料USD 50,004
 確定保障  USD 86,910

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは総支払保険額USD50,002に対して、死亡保障USD86,910が確定している生命保険です。

確定しているというのは最低保証という意味で、サンライフ香港の運用によって死亡保障は増額されていきます。

Guaranteed(確定保障)にNon-Guaranteed(非確定保障)が加わった金額が受け取れる事になります。

日本の生命保険だと契約時に決まった死亡保障が変わる事はないですが、サンライフ香港の生命保険では増えていくのです。

これは死亡保障だけでなく解約返戻金にも言える話です。

今現在の運用で、65歳、75歳、85歳時点での死亡保障や解約返戻金がどのような数字になっているかをまとめてみたいと思います。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 50,083
(100%)
USD 110,726
(221%)
75歳時 USD 110,377
(221%)
USD 157,833
(316%)
85歳時 USD 171,504
(343%)
USD 210,466
(421%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

契約時の死亡保障はUSD86,910となっていますが、長生きすればするほど多くの資産が遺せることが分かります。

解約返戻金も同じように契約期間が長くなればなるほど運用期間が長くなるので、利回りが良くなっていくのです。

日本の生命保険は早く死なないと得しないと揶揄される事がありますが、サンライフ香港の生命保険はその逆で、資産がどんどん増えていくのです。

居住地によって保険金が変わる事はありませんが、同じ年齢であれば煙草を吸わない方が、そして男性よりも女性の方が安く保険に加入できます。

「非喫煙女性」は生命保険を契約する上で、最も安く契約できるのです。

中国に住んでいる日本人がサンライフ香港に加入するには、香港に渡航せずとも契約できる方法もあります。

商品や契約方法について知りたい方は、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

 

2019年1月16日


米国在住55歳喫煙日本人女性がサンライフ香港の生命保険に加入した時の一例!支払保険金・死亡保障・解約返戻金のシミュレーション!

世界に進出して活躍の場を広げている日本人は多いです。

また、企業からの出向で米国に住んでいる人も多いです。

米国からアジアを見たら、金融に関しては日本は遅れているなと思いませんか?

また、香港は金融立国だと気付く人もいると思います。

そんなアジアのオフショア金融センターである香港、アメリカに居住している日本人でも有効活用して資産を増やしていけます。

香港のサンライフ社の契約例を基に、香港の金融商品の凄さを説明したいと思います。

 契約者  55歳・女性・喫煙者
 被保険者  55歳・女性・喫煙者
 年間保険料  USD 10,000 × 5年間 = 総保険料USD 50,002
 確定保障  USD 80,720

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは死亡保障USD80,720に対して支払保険金USD50,002を5年払いで支払い商品となっています。

サンライフ香港の生命保険の特徴として、死亡保障や解約返戻金が運用によって上昇していく事が上げられます。

USD50,002も最低保証の数字と言えるのです。

今現在の運用利回りで、65歳、75歳、85歳の時に解約返戻金や死亡保障がいくらもらえるかをまとめてみました。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 46,516
(93%)
USD 102,840
(429%)
75歳時 USD 102,515
(205%)
USD 146,592
(293%)
85歳時 USD 159,289
(319%)
USD 195,476
(391%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

死亡保障はUSD 80,720から年齢を重ねるごとに増えていき、85歳時にはUSD195,476となり、当初設定の2.4倍もの数字になっています。

この数字こそがサンライフ香港の実力です。

また、55歳で契約して、10年後の65歳の時に解約しても93%ものお金が返ってくる事になります。

解約返戻金も年々増加していき、85歳の時には利回り319%となっており、貯蓄性も高いのです。

もしもの時の生命保険、そして老後資金としての活用、どちらにも対応できるのがサンライフ香港の生命保険の特徴です。

貯蓄型生命保険で年々死亡保障や解約返戻金が増えていく、日本ではこうした商品はありません。

サンライフ香港の生命保険、米国在住の日本人が契約する際には香港に渡航せずに契約する方法もあります。

(米国市民の場合は、香港への渡航が必須。)

商品概要や契約方法について知りたい方は、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2019年1月15日


香港サンライフの生命保険にインドネシア・ジャカルタ在住55歳非喫煙の日本人男性が契約した時の死亡保障・解約返戻金・支払い保険金は?

日本大使館が発表しているインドネシア国内在留邦人数は2015年は18,463人となっているようです。

2001年から2011年までは11,000人台で横ばいが続いていたのですが、2011年以降は毎年1,000人レベルで在留邦人が増えているようです。

今現在は20,000人を突破しているかもしれませんね。

それだけインドネシアが経済成長していて、ジャカルタを中心に進出する日本企業も多いという事です。

海外に駐在すると、駐在手当てなどで余裕資金が溜まりやすいですが、そうして生まれた余裕資金を眠らせておくだけではとてももったいないです。

日本やインドネシアには、安全かつ利回りが期待できる商品はないかもしれませんが、日本とインドネシアの中間にある金融立国香港には、活用すべき金融商品があるのです。

サンライフ香港社が提供している生命保険ライフブリリアンスを例に紹介したいと思います。

 契約者  55歳・男性・非喫煙者
 被保険者  55歳・男性・非喫煙者
 年間保険料  USD 10,007 × 5年間 = 総保険料USD 50,036
 確定保障  USD 81,300

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは5年の年払いで総保険料USD50,036を払い終わり、USD81,300の死亡保障が確定しているプランです。

解約返戻金・死亡保障について、利回りをまとめてみると、以下のようになります。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 46,850
(94%)
USD 103,579
(207%)
75歳時 USD 103,252
(206%)
USD 147,645
(295%)
85歳時 USD 160,343
(321%)
USD 196,881
(393%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

死亡保障額はUSD81,300での契約なのになぜ増えているの?と疑問に思うかもしれませんが、これこそがサンライフ香港の魅力です。

サンライフ香港の運用により、死亡保障は契約時に設定した数字から増加していくのです。

解約返戻金も同様に運用によってどんどん増えていきます。

支払った金額を解約返戻金が大きく超えることは、日本の生命保険では考えられません。

ですが、海外ではこうした生命保険が一般的だったりします。

日本の生命保険とサンライフ香港の生命保険、利回りを見ればその違いは一目瞭然ですよね。

こうした商品があるのに、余裕資金をただ寝かせておくのはホントにもったいないです。

インドネシアに住んでいる日本人がサンライフ香港の生命保険を契約するには、香港に行かずとも可能な方法があります。

商品概要や契約方法について興味がある方は、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

 

2019年1月14日


香港在住55歳日本人男性の喫煙者がサンライフの生命保険に加入したら支払保険金に対する死亡保障や解約返戻金の利回りは何%?

アジアのオフショア金融センターである「香港」。

金融政策で国を成り立たせています。

香港は税金が安いなど多くの利点がありますが、そうした環境を背景に、優れた金融商品が販売されています。

サンライフ香港社の生命保険ライフブリアンスを例に、その利回りの凄さを紹介したいと思います。

 契約者  55歳・男性・喫煙者
 被保険者  55歳・男性・喫煙者
 年間保険料  USD 10,000 × 5年間 = 総保険料USD 50,002
 確定保障  USD 74,910

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは5年の年払いで総保険料USD50,002を支払い終わり、USD74,910の死亡保障が確定しているプランです。

死亡保障が確定しているというのは、USD74,910は最低保証でサンライフ社の運用で死亡保障が上がっていくのです。

解約返戻金も同様に、契約時に確定された解約返戻金に運用分がプラスされて受け取れる仕組みとなっています。

65歳、75歳、85歳時点での解約返戻金と死亡保障は以下のようになっています。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 43,168
(86%)
USD 95,438
(191%)
75歳時 USD 147,824
(190%)
USD 136,040
(272%)
85歳時 USD 195,114
(296%)
USD 181,406
(363%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

生命保険の設定は余命率が大きく関わってきます。

55歳から契約して意味があるの?と感じているかもしれませんが、サンライフの生命保険の利回りを見たら意味あるものと思いませんか?

死亡保障にしても貯蓄性にしても、お金を遺して増やしていけるのです。

もちろん、日本の生命保険であれば55歳から契約する価値ある生命保険はないでしょう。

オフショア金融センターである香港なら、こうした商品があるのです。

もし、香港に住んでいながらこうした金融商品の恩恵を受けていなかったら、それはとてももったいない事です。

香港に住んでいるメリットを活かして、資産を上手く運用していきましょう。

同じ日本人であっても、日本に住んでいると契約できない商品でも香港居住であれば契約できる事もありますからね。

サンライフ香港についてはもちろんですが、自分がどのような商品がマッチしているのか知りたいなどと言った質問があれば、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2019年1月11日


マレーシアKL在住50歳日本人女性の非喫煙者がサンライフ香港の生命保険を契約したら?何%の利回りで受け取れるかのシミュレーション例!

日本人に人気の移住先であるマレーシア。

MM2Hビザ(マレーシ・マイセカンドホーム)を取得して移住する人が多いです。

このMM2H、50歳以上であると条件が緩和されるので、50歳以降で移住した人が多いのではないかと思います。

移住する人はそれなりの蓄えや収入源があるのだと思いますが、そうした蓄えや収入源から得られたお金、ただ単にマレーシアでの生活で散在するだけだと、いつかお金が尽きてしまうかもしれません。

移住して終わりでなく、その後の事も考えれば、資産運用によって将来資金の構築を考えた方が良いと思います。

どの様に考えれば良いかの一つの材料として、香港に生命保険会社サンライフ社が提供している商品を例にご紹介したいと思います。

 契約者  50歳・女性・非喫煙者
 被保険者  50歳・女性・非喫煙者
 年間保険料  USD 10,007 × 5年間 = 総保険料USD 50,036
 確定保障  USD 96,800

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは、死亡保障USD96,800に対して、総保険料USD50,036を年払い5年間で支払うようになっています。

国籍や居住地で保険料が変わる事はありませんが、同じ年齢であれば男性よりも女性の方が、そしてタバコは吸わない方が安く保険に入れます。

非喫煙女性はお得に保険に入る事ができるのです。

サンライフ香港の生命保険の特徴は、契約時に設定した死亡保障額だけでなく、運用分も加算されていく事です。

解約返戻金も徐々に大きくなっていくのですが、契約から10~15年の間に支払った金額よりも受け取れる解約返戻金が多くなっています。

とても早く損益分岐点を迎える事になります。

利回りをまとめてみると、以下の表のようになります。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 89,014
(178%)
USD 155,820
(311%)
75歳時 USD 141,457
(283%)
USD 206,171
(412%)
85歳時 USD 226,191
(452%)
USD 278,368
(556%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

日本の生命保険と比較して、とても利回りが良いと思いませんか?

もしもの事があっても家族にしっかりとお金が遺せますし、将来資金として貯蓄するにももってこいです。

サンライフ香港の生命保険、居住地や国籍によって契約方法が異なってきます。

マレーシア在住の日本人であれば、香港を訪れる事なく契約する方法もあります。

商品概要や見積もり、契約方法について知りたい人はお気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

 

2019年1月10日


2 / 10112345»
     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.