香港アクサの年金プランAXA Wealth Advance40歳男性が5歳の息子を被保険者に契約した際のシミュレーション例!子孫代々繁栄できる!

*自分の国籍や居住地、余裕資金額や年収でどのような商品が契約できるかを知りたい方はこちらから!

⇒ お問い合わせフォーム

 

可愛いお子さん、目に入れても痛くない存在だと思います。

そんなお子さんの為に、将来資金をしっかりと構築したいですよね。

実は、お子さんが小さい時に利回りの良い年金プランに入っておくと、お子さんだけではなくご自身の年金としても活用でき、更にはまだ見ぬお孫さん以降の代にしっかりと資産を遺すことができます。

具体的に見ていった方が分かりやすいと思うので、ここでは香港アクサの年金プランAXA Wealth Advanceに5歳の息子さんを被保険者にして40歳男性が契約した例をご紹介したいと思います。

 契約者  40歳男性
 被保険者  5歳男性
 支払い保険料  USD 10,000 × 5年間 = 総保険料USD 50,000
 受け取り試算額  ・被保険者26~90歳時に毎年USD 3,643
・ 被保険者100歳で全解約

 

・Total Premiums Paid:総支払い保険料
・Withdrawal:引き出し
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このシミュレーションについて、具体的に解説していきたいと思います。

◆契約者と被保険者
このシミュレーションは、香港アクサの年金プランAXA Wealth Advanceに5歳時の息子さんを被保険者に、40歳の父親が契約者となって契約した例となっています。
父親が契約者・支払者であり、5歳時の息子さんが被保険者(対象者)となっています。

被保険者が若ければ若い方が契約期間を長くできる為、被保険者を父親自身にするよりもお子さんとした方が複利運用の恩恵を受けやすくなりリターンが大きくなっていきます。

契約者は18歳以上である必要があるので、父親が契約者で息子さんが被保険者という形としています。
日本ではあまり見聞きしないケースですが、海外では一般的に用いられる契約方法です。

◆支払総保険金額
支払総保険金額USD50,000でのシミュレーションで、毎年USD10,000でを5年間で支払い完了となっています。

◆引き出しタイミングと金額
このAXA Wealth Advanceは年金プランとなっていますが、老後になってから引き出すだけでなく、自分のタイミングで引き出し時期や金額を決める事ができるAnuity(アニュイティ)と呼ばれる商品になっています。
このシミュレーションは契約から21年後、被保険者であるお子さんが26歳~90歳の時にUSD3,643 を受け取る形で算出しています。
そして、100歳で解約して返戻金USD9,811,418が受け取れると算出されています。

◆お子さんが26歳~60歳の現役時代には、契約者である親の年金(老後資金)として引き出す。
◆お子さんが61歳~90歳の時はお子さんの年金(老後資金)として引き出す。
◆お子さんが100歳の時に解約して、お孫さんに相続する。

このような形が取れるのです。

また、被保険者であるお子さんには死亡保障も付いています。
40歳までは死亡保障額>解約返戻金となっていて、41歳以降は死亡保障額=解約返戻金となっています。
契約してから1年が経過すれば支払い保険料よりも死亡保障額が大きくなっていますし、もしもの時にも対応した商品となっているのです。

◆利回り
お子さんが60歳、80歳、100歳の時点で解約した時の受取総額と利回りがどうなるかを表にまとめてみました。

親年齢 95歳 115歳 135歳
子年齢 60歳 80歳 100歳
孫年齢 25歳 45歳 65歳
老後資金
(年金)
USD 3,643 × 35年
= USD 127,505
USD 3,643 × 55年
= USD 200,365
USD 3,643 × 65年
= USD 236,795
解約返戻金 USD 713,530 USD 2,574,671 USD 9,811,418
受取り総額 USD 841,035 USD 2,775,036 USD 10,048,213
利回り 1682% 5550% 20096%

凄い利回りだと思いませんか?

息子さんが5歳から100歳までの95年間運用を行うと、途中で引き出しながらでも200倍以上の資産になるのです。

自分の為、お子さんの為はもちろん、お孫さん以降の代まで子孫が反映できるパワーを持っています。

スゴい利回りで価値ある商品になっているのです。

こうした金融商品は、国籍や居住地で契約可否や契約方法が異なってきます。

今回ご紹介した香港アクサの年金プランAXA Wealth Advanceですが、残念ながら日本居住者は契約できないプランです。

また、日本にもアクサがありますが、同じアクサであってもこの商品は日本のアクサでは取り扱いがありません。

ですが、海外に住所がある日本人であれば契約可能性がありますし、日本居住者が契約可能な他社の年金プランや資産承継プランもあります。

自分の国籍や居住地でどのような商品に契約できるのか?

自分の余裕資金額や年収、家族構成であればどのような商品が合っているのか?

こうしたご質問がある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

 

☆★☆ ポールスターについて ☆★☆

Polestar(ポールスター) とは、北の空に輝く“北極星”のことで、古来、旅人たちはいつも同じ位置にあるこの星を道に迷ったときの“道しるべ”にした、と言われています。

グローバル化が進む中、国際的に行動されるお客さまに対して頼られる存在でありたいという想いから、社名をPolestar International(ポールスターインターナショナル)と致しました。

弊社では、海外の銀行口座開設をはじめ、個人の資産運用、及び海外での事業進出支援に至るまで、専門的かつ幅広いサービスを豊富な経験とノウハウ、そしてパートナーシップによって一貫したプロフェッショナルサービスをご提供しております。

アジア市場での国際的な金融商品および投資顧問サービスの主要な提供会社と友好関係があり、香港における主要銀行とも特別なパイプを持っております。

その為、運営に携わる者は豊富な経験とノウハウを持っておりますので、プロフェッショナルとしてのアドバイスを提供できております。

弊社との“つながり”が、皆様の人生設計の一助となれば幸いです。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

☆★☆★☆★☆

 

 

 

 

2019年5月17日


クアラルンプールなどマレーシアに住んでいる人にお勧めの投資・資産運用商品とは?日本居住者契約不可の生命保険・年金プランがある!

*自分の国籍や居住地、余裕資金額や年収でどのような商品が契約できるかを知りたい方はこちらから!

⇒ お問い合わせフォーム

日本人の移住先として人気のマレーシア。

クアラルンプールを中心に多くの日本人が住んでいます。

暑い国ではありますが、人柄も良く住みやすい国だと思います。

MM2Hなどのビザを取得してマレーシアに居住できるようになったら、そのメリットを活かして検討してもらいたい事があります。

それは生命保険や年金プランなどを活用した資産運用についてです。

こうした金融商品は国籍や居住地によって契約可否が異なってくるのですが、日本居住者は契約不可となるケースがとても多いです。

契約できる商品を探す方が困難な状況となっています。

日本の法律であったり、日本人が金融リテラシーが無い事が原因と言われています。

ですが、同じ日本人であってもマレーシアに住所があると契約できる金融商品が増えてきます。

例えば、マレーシアに住所があれば、香港のサンライフ社の生命保険に契約する事が可能です。

サンライフ香港社の貯蓄型生命保険に35歳日本人喫煙男性(マレーシアクアラルンプール在住)加入時の契約シミュレーション例をご紹介!

日本の生命保険と比較できないほど利回りが優れていることが分かると思います。

ですが、この生命保険は日本居住者は個人名義で契約する事ができません。

ところが、マレーシアに住所がある日本人であれば個人名義で問題なく契約する事ができるのです。

また、信託会社を設立する事により、香港に渡航することなく契約する方法もあったりします。

生命保険だけでなく、年金プランでも日本にはない利回りの商品を契約する事ができます。

香港アクサの年金プランAXA Wealth Advanceにマレーシア クアラルンプール在住35歳日本人が契約した時の見積もりシミュレーション例!

アクサは日本でもお馴染みの会社だと思いますが、この商品は日本のアクサでは取り扱いがありません。

香港アクサでの取扱商品となるのですが、日本居住者は契約不可となっているので、日本居住の日本人はこの商品を契約することができないのです。

ですが、同じ日本人であってもマレーシアに住所があれば契約可能となっています。

同じ国籍でも住所が異なるだけで、素晴らしい金融商品を契約できるようになるのです。

マレーシアに住所がある人はチャンスです!

こうした金融商品にご興味がある方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

 

☆★☆ ポールスターについて ☆★☆

Polestar(ポールスター) とは、北の空に輝く“北極星”のことで、古来、旅人たちはいつも同じ位置にあるこの星を道に迷ったときの“道しるべ”にした、と言われています。

グローバル化が進む中、国際的に行動されるお客さまに対して頼られる存在でありたいという想いから、社名をPolestar International(ポールスターインターナショナル)と致しました。

弊社では、海外の銀行口座開設をはじめ、個人の資産運用、及び海外での事業進出支援に至るまで、専門的かつ幅広いサービスを豊富な経験とノウハウ、そしてパートナーシップによって一貫したプロフェッショナルサービスをご提供しております。

アジア市場での国際的な金融商品および投資顧問サービスの主要な提供会社と友好関係があり、香港における主要銀行とも特別なパイプを持っております。

その為、運営に携わる者は豊富な経験とノウハウを持っておりますので、プロフェッショナルとしてのアドバイスを提供できております。

弊社との“つながり”が、皆様の人生設計の一助となれば幸いです。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

☆★☆★☆★☆

 

 

 

 

2019年5月16日


香港アクサ年金プランに35歳男性が0歳息子を被保険者にした契約で孫以降の代まで資産が遺る!AXA Wealth Advanceのシミュレーション例!

*自分の国籍や居住地、余裕資金額や年収でどのような商品が契約できるかを知りたい方はこちらから!

⇒ お問い合わせフォーム

 

お子さんが生まれて考える事は、お子さんが将来に亘って健康で楽しく素敵な人生を歩めるかどうかという事だと思います。

しかし、日本経済や衰退しており、社会保障費も圧迫されています。

豊かな生活を送る為にはお金は切っても切り離せないのですが、日本ではお金をお子さんの為にしっかりと残していける環境にはありません。

海外の人はどのようにしているのでしょうか?

35歳の男性が生まれたばかりのお子さんを被保険者にして、香港アクサの年金プランAXA Wealth Advanceを契約した際のシミュレーション例をご紹介したいと思います。

お子さんはもちろん、お孫さん以降の代にまでしっかりとお金を遺せるプランになっているんですよ。

 契約者  35歳男性
 被保険者  0歳男性
 支払い保険料  USD 10,000 × 5年間 = 総保険料USD 50,000
 受け取り試算額  ・被保険者26~90歳時に毎年USD 5,439
・ 被保険者100歳で全解約

 

・Total Premiums Paid:総支払い保険料
・Withdrawal:引き出し
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このシミュレーションについて、解説していきたいと思います。

◆契約者と被保険者
今回ご紹介するのは、香港アクサの年金プランAXA Wealth Advanceに35歳の父親が契約者となり、0歳の息子を被保険者にして加入をたケースでのシミュレーションです。
父親が契約者・支払者であり、生まれたばかりの息子さんを被保険者(対象者)としています。

被保険者が若ければ若い方が契約期間を長くできる為、被保険者を父親自身にするよりもお子さんとした方が複利運用の恩恵を受けやすくなりリターンが大きくなります。

契約者は18歳以上である必要があるので、父親が契約者で息子さんが被保険者という形としています。
日本ではあまり見聞きしないケースですが、海外では一般的に用いられる契約方法です。

◆支払総保険金額
支払総保険金額USD50,000でのシミュレーションです。
毎年USD10,000でを5年間で支払い完了となります。

◆引き出しタイミングと金額
このAXA Wealth Advanceは年金プランとなっていますが、老後になってから引き出すだけでなく、自分のタイミングで引き出し時期や金額を決める事ができるAnuity(アニュイティ)と呼ばれる商品になっています。
このシミュレーションは、被保険者であるお子さんが26歳~90歳の時にUSD5,439 を受け取る形で算出しています。
そして、100歳で解約して解約返戻金USD6,752,408が受け取れると算出されています。

◆お子さんが26歳~60歳の現役時代には、契約者である親の年金(老後資金)として引き出す。
◆お子さんが61歳~90歳の時はお子さんの年金(老後資金)として引き出す。
◆お子さんが100歳の時に解約して、お孫さんに相続する。

このような形が取れるのです。

また、被保険者であるお子さんには死亡保障も付いています。
35歳までは死亡保障額>解約返戻金となっていて、36歳以降は死亡保障額=解約返戻金となっています。
契約してから1年が経過すれば支払い保険料よりも死亡保障額が大きくなっていますし、もしもの時にも対応した商品となっているのです。

◆利回り
お子さんが60歳、80歳、100歳の時点で解約した時の受取総額と利回りがどうなるかを表にまとめてみました。

親年齢 95歳 115歳 135歳
子年齢 60歳 80歳 100歳
孫年齢 25歳 45歳 65歳
老後資金
(年金)
USD 5,439 × 35年
= USD 190,365
USD 5,439 × 55年
= USD 299,145
USD 5,439 × 65年
= USD 353,535
解約返戻金 USD 934,754 USD 3,347,392 USD 12,746,613
受取り総額 USD 1,125,119 USD 3,646,537 USD 13,100,148
利回り 2250% 7293% 26200%

凄い利回りだと思いませんか?

100年間運用すると、途中で引き出しながらでも約260倍ほどの資産になるのです。

自分の為、お子さんの為はもちろん、まだ見ぬお孫さん含めて十分すぎるほどの資産を遺していけるのです。

スゴい利回りで価値ある商品だと思いませんか?

こうした金融商品は、国籍や居住地で契約可否や契約方法が異なってきます。

今回ご紹介した香港アクサの年金プランAXA Wealth Advanceですが、残念ながら日本居住者は契約できません。

また、日本にもアクサがありますが、同じアクサであってもこの商品は日本のアクサでの取り扱いが無い商品となっています。

ですが、海外に住所がある日本人であれば契約可能性がありますし、日本居住者が契約可能な他社の年金プランや資産承継プランもあります。

自分の国籍や居住地でどのような商品に契約できるのか?

自分の余裕資金額や年収、家族構成であればどのような商品が合っているのか?

こうしたご質問がある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

 

☆★☆ ポールスターについて ☆★☆

Polestar(ポールスター) とは、北の空に輝く“北極星”のことで、古来、旅人たちはいつも同じ位置にあるこの星を道に迷ったときの“道しるべ”にした、と言われています。

グローバル化が進む中、国際的に行動されるお客さまに対して頼られる存在でありたいという想いから、社名をPolestar International(ポールスターインターナショナル)と致しました。

弊社では、海外の銀行口座開設をはじめ、個人の資産運用、及び海外での事業進出支援に至るまで、専門的かつ幅広いサービスを豊富な経験とノウハウ、そしてパートナーシップによって一貫したプロフェッショナルサービスをご提供しております。

アジア市場での国際的な金融商品および投資顧問サービスの主要な提供会社と友好関係があり、香港における主要銀行とも特別なパイプを持っております。

その為、運営に携わる者は豊富な経験とノウハウを持っておりますので、プロフェッショナルとしてのアドバイスを提供できております。

弊社との“つながり”が、皆様の人生設計の一助となれば幸いです。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

☆★☆★☆★☆

 

 

 

2019年5月15日


バンコクなどタイに住んでいる日本人にお勧めの生命保険・年金プラン等の金融商品とは?海外居住者は投資・資産運用で優位性あり!

*自分の国籍や居住地、余裕資金額や年収でどのような商品が契約できるかを知りたい方はこちらから!

⇒ お問い合わせフォーム

 

仕事の関係などでタイに住んでいる日本人は多いと思います。

親日国なので生活しやすいと思いますし、駐在手当や住宅手当などの補助のおかげで余裕資金が生まれやすいと思います。

手当以外で海外に住んでいる事のメリットはあるのでしょうか?

実は、金融に関してはとても大きなメリットを持つ事になるのです。

日本の住所では契約できない生命保険や年金プランを、バンコクなどタイの住所であれば契約できるケースがあるのです。

生命保険や年金プランなどは国籍や居住地によって契約可否や契約方法が異なってきます。

日本居住の日本人であると、契約できない金融商品がとても多くなっています。

日本は金融鎖国と言われていますからね。

ですが、同じ日本人でも海外に住所があると契約できる金融商品が格段と増えていきます。

例えば、生命保険で言えば日本ではあまり知られていない香港のサンライフ社の契約が可能です。

香港サンライフ社の貯蓄型生命保険に35歳ノンスモーカー日本人男性(タイ バンコク在住)加入時の契約シミュレーション!利回りは何%?

この商品は日本に住んでいると個人名義で新規契約する事はできません。

ですが、シミュレーションを見ると日本の生命保険と比較して利回りが全く異なっている事に気付き興味を持つ人も多いと思います。

この商品はタイに住所があれば個人名義で契約可能です。

また、香港に渡航することなく契約する方法もあります。

生命保険だけでなく、香港AXAの年金プランにも契約が可能性があります。

香港アクサ年金プランAXA Wealth Advanceを定年後から定期受け取りしたら?タイ バンコク在住30歳日本人の契約シミュレーション例!

この商品の利回りもとても魅力的に感じると思います。

アクサは日本にもありますが、このAXA Wealth Advanceは日本のアクサでは取り扱いが無い商品です。

そして、日本居住者は香港のアクサには契約ができません。

このように、同じ日本人でもタイに住所がある事はとても大きなメリットがあるのです。

駐在期間が終了し日本に帰国してしまったら、こうした商品を契約できるチャンスを逃してしまう事になります。

金融商品は早く契約した方が長く契約できることになるので、タイに住所があるうちに早めに契約すれば複利効果を発揮しリターンをより増やしていく事ができるのです。

タイに住所があるのなら、是非こうした香港の金融商品の契約を検討してもらいたく思います。

自分に合った商品や契約方法について知りたい方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

 

☆★☆ ポールスターについて ☆★☆

Polestar(ポールスター) とは、北の空に輝く“北極星”のことで、古来、旅人たちはいつも同じ位置にあるこの星を道に迷ったときの“道しるべ”にした、と言われています。

グローバル化が進む中、国際的に行動されるお客さまに対して頼られる存在でありたいという想いから、社名をPolestar International(ポールスターインターナショナル)と致しました。

弊社では、海外の銀行口座開設をはじめ、個人の資産運用、及び海外での事業進出支援に至るまで、専門的かつ幅広いサービスを豊富な経験とノウハウ、そしてパートナーシップによって一貫したプロフェッショナルサービスをご提供しております。

アジア市場での国際的な金融商品および投資顧問サービスの主要な提供会社と友好関係があり、香港における主要銀行とも特別なパイプを持っております。

その為、運営に携わる者は豊富な経験とノウハウを持っておりますので、プロフェッショナルとしてのアドバイスを提供できております。

弊社との“つながり”が、皆様の人生設計の一助となれば幸いです。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

☆★☆★☆★☆

 

 

 

 

2019年5月14日


FTLifeのRegent Insurance Plan 2(Premier Version)30歳男性(香港在住)加入時の契約シミュレーション!満期128歳で被保険者を引き継げる!

*自分の国籍や居住地、余裕資金額や年収でどのような商品が契約できるかを知りたい方はこちらから!

⇒ お問い合わせフォーム

 

海外・香港で利回りの良い金融商品を探している人も多いですが、そうした人たちに注目を集めているのがFTLife社のRegent Insurance Plan 2(Premier Version)です。

この商品はInsurance(保険)となっているものの、生命保険としての機能は薄く、運用性が強いプランとなっています。

なので、Saving Plan(運用商品)としての位置づけが強いです。

生命保険としての機能として被保険者を設定するのですが、被保険者を引き継いでいけるという特徴を持っている商品です。

どのような運用利回りが期待できるかについては、具体的に数字を見た方が分かりやすいと思うので、香港在住30歳日本人男性が契約した時のシミュレーション例を紹介したいと思います。

 契約者  30歳男性
 被保険者  30歳男性
 支払い保険料  USD 25,000 × 2年間 = 総保険料USD 50,000

性別や喫煙状況によって数字が変わる事はありません。

・Total Premiums Paid:総支払い保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このシミュレーションについて、解説していきたいと思います。

◆支払総保険金額
保険料の総支払額はUSD50,000でのシミュレーションです。
保険料の支払期間は2,5,10年から選択できますが、このシミュレーションでは2年払いとしています。

◆受取金額や利回り
解約返戻金は5~10年後にプラスに転じています。
細かくシミュレーションすると7年後にはプラスになっていて、とても早く損益分岐点を迎える商品となっています。

60歳、80歳、100歳、そして満期を迎える128歳で解約した時の利回りがどれくらいになるかをまとめてみたいと思います。

解約時年齢 解約返戻金
(利回り)
60歳 USD263,109
(526%)
80歳 USD928,102
(1856%)
100歳 USD3,395,652
(6791%)
128歳 USD26,605,227
(533010%)

◆死亡保障額
死亡保障額については割愛していますが、契約9年目以降は解約返戻金と死亡保障額は同額になっています。

8年目までの死亡保障は支払い保険料よりも高く設定されているので、もしもの時にも損をすることはない設定になっています。

FTLife社のRegent Insurance Plan 2(Premier Version)、利回りの高い商品に見えますが、注意しなくてはならない点があります。

それはNon-Guaranteedの中のTerminal Dividendの割合がとても高く数値も大きい事です。

このNon-Guaranteedは非確定を意味しますが、その中のTerminal Dividendは解約時でなければ最終確定しない数値となっています。

シミュレーション上の数値であり、しかもこの商品は株式運用の比率が高くなっているので、このシミュレーション通りの数字になるかどうかは全く分かりません。

他社の金融商品で、安定した債券を中心に運用を行っているものもあります。

それでも、年間利回り4%以上となっているので、安定した商品を好む方はそうしたプランを検討する事をお勧めします。

自分の投資スタイルや余裕資金額や年収であればどのような商品が合っているのか?

こうしたご質問がある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

 

☆★☆ ポールスターについて ☆★☆

Polestar(ポールスター) とは、北の空に輝く“北極星”のことで、古来、旅人たちはいつも同じ位置にあるこの星を道に迷ったときの“道しるべ”にした、と言われています。

グローバル化が進む中、国際的に行動されるお客さまに対して頼られる存在でありたいという想いから、社名をPolestar International(ポールスターインターナショナル)と致しました。

弊社では、海外の銀行口座開設をはじめ、個人の資産運用、及び海外での事業進出支援に至るまで、専門的かつ幅広いサービスを豊富な経験とノウハウ、そしてパートナーシップによって一貫したプロフェッショナルサービスをご提供しております。

アジア市場での国際的な金融商品および投資顧問サービスの主要な提供会社と友好関係があり、香港における主要銀行とも特別なパイプを持っております。

その為、運営に携わる者は豊富な経験とノウハウを持っておりますので、プロフェッショナルとしてのアドバイスを提供できております。

弊社との“つながり”が、皆様の人生設計の一助となれば幸いです。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

☆★☆★☆★☆

 

 

 

 

2019年5月10日


2 / 11612345»
     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.