『HSBC銀行の先行きはどこに?』HSBC EFG~HIJKLMN~♪

こんにちは、ポールスタースタッフ「金田」です。

ちょっと今日はまじめに書いてみようと思います。

 

 

HSBC銀行の先行きはどこに?』 HSBC EFG~HIJKLMN~♪

 

 

 

HSBC銀行の口座開設サポートや、アフターサポートをしていく中で、気になるのが

HSBC銀行の先行きについてですね。

 

今日は真面目に書いてみてるので、ちょっと長いですけど、興味のある方はご覧ください。

 

hsbc

 

 

 

 

 

 

 

 

HSBC銀行が中国ビジネスを将来的にどうみて、中国との距離をどのモノサシで測るのか、年内中には、方向が見えてくるようです。

 

HSBC銀行の歴史は1842年のアヘン戦争の時代から、

中国への経済侵略をしようとするイギリスの権利を主張する形で、

1965年に香港でHSBCが設立されて、19世紀くらいかな?

 

 

香港や上海に、あの手この手で中国ビジネスを拡大させた香港上海銀行が存在するのです。

 

 

Hは香港~、Sは上海で、Bはバンキングからの、Cはコーポレーションの略です。

 

 

しかし、現在はイギリスのロンドンに本社があります。

HSBC銀行は1997年に

「中国から香港を返せ~!」と言われ、

1992年にイギリスのミッドランド銀行を買収する形で香港を脱出したのです。

それが、香港からイギリスに本社が移転した経緯となります。

 

 

 

ところが最近騒がれているのが、本社をイギリスからまた動かそうというものですよね。

イギリスの金融規制強化を懸念し、本社をロンドンから海外に移す方針を決めこんで、

移転先を年内に選定すると今年6月に発表したんですよ。

 

うっそぴょーん

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、、、

 

 

本当です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジアである香港に戻るか、上海を選ぶのか?

という「中国重視」になるのではないかい?という意見とか、

ニューヨークなど「中国離れ」都忘れとも受け取れる候補地もチラホラ・・・。

 

 

 

 

じゃあなぜ本社移転先が、香港か上海なのか? その理由とは?

 

 

その1つが「デリバティブ(金融派生商品)」なのです。

 

 

 

HSBC銀行は、今年7月頃から金利スワップなどのデリバティブ取引について、

なんと!!業務拠点をロンドンから香港に移し始めましましましまし~た!!

hsbchsbc

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資金の調達・金融規制の面で香港の方が有利だと判断したようですね。

2008年のリーマン・ショックの後、欧米ではデリバティブ取引の規制がかなり強化されて自由度が低下しています。

リーマン・ショックで、サラリーマンショックです。。。

 

そして、HSBC銀行は今月、

中国国有の大手投資会社と投資銀行業務で提携したのです。

M&A(企業の合併・買収)を含む投資銀行業務で、中国本土の中では、

クレディ・スイスやドイツ銀行、米ゴールドマン・サックスなどが先にあるけれども、

HSBC銀行は香港資本が入っている金融機関を優遇する中国の制度を活用して、

いわば“香港系金融機関”の立場で先行他社より広範な業務免許を取得するもくろみがあるみたいです。

 

 

その一方、中国への警戒感も見え隠れしているので、もうわけがわかりませんね。。。

HSBC銀行は2012年から中国の景気指標として海外からも注視されている製造業の購買担当者指数(PMI)調査を今年7月に撤退したのです。

PMIは中国国家統計局も毎月発表しているけど、市場ではHSBC銀行の独自調査の数字に信頼感が置かれていたのにもかかわらず・・・。

 

 

8月以降は、PMI調査において、イギリスの調査会社がHSBC銀行の穴を埋めているけど、国家統計局よりも発表が早かった速報値の発表もやめたり、その他の数値の発表も、国家統計局の発表の後にずらしたりしています。

さらに、国家統計局の数値よりも厳し目に出ていた調査結果ですが、HSBC銀行の撤退後は急ピッチで“回復”を示す中国寄りの数字になっているのです。これはどういうことでしょう?

 

金融規制

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HSBC銀行が統計数字で中国当局から「生意気」と受け取られる姿勢を辞めたとの見方もありますけど、「HSBC銀行は中国の統計数字の信頼性や方向性に大きな疑念と失望を抱いた」と話されているみたいですね。

 

さらに、米ウォールストリート・ジャーナル紙は先月、HSBC幹部の話で、国際金融センターである香港の将来性について、中国返還後の「一国二制度」保障が終わる2047年が近づくにつれ、香港の高度な自治をめぐる懸念材料、すなわち中国政治リスクが増大するとHSBC役員会の判断が傾きつつあり、香港への本社移転に難色を示し始めたと報じています。

 

 

 

アヘン戦争以来、良くも悪くも中国とは切っても切れない関係なのです。

2016年からは、習近平指導部として初めて独自に経済計画をスタートさせる前に、

HSBC銀行が本社移転先をめぐってどのような決断を下すのでしょうか?

そしてどんな影響を与えるのでしょうか?

世界中からも熱い視線を浴びるHSBC銀行の存在です。

 


 

弊社では、銀行口座開設・SOSサポートや香港の資産運用を含めて皆様のお役立ちできそうな情報も共有しております。

 

自分の意思で皆様からのお問合せをいつでもお待ちしております。

 
金ちゃんへのお声かけはこちらまで!

2015年11月23日


HSBC香港 VS. 中国銀行(香港)

風水戦争

なんとも香港らしー都市伝説をご紹介
風水師を雇って、社内の模様替え等を行う大企業も珍しくない香港www

そんなスピリチュアルな香港ならではの
銀行にまつわる都市伝説を今日はご紹介します

プレゼンテーション1

 

2015年10月27日


共有名義の口座、主人のATMカードでしか引出ができない

共有の財産を海外へ
意外とニーズのある、ご夫婦やご家族間で開設する共有名義口座

単独名義口座との違いは、
名義人が2名
双方の名義人が口座に対して同等の権利やアクセス権を持つ
一方の名義人のサインのみで各種手続きが可能など
(口座の閉鎖や投資口座の開設等の一部の手続を除く)

意外と便利

キャプチャ

そんな共有名義口座をご夫婦で開設された方からの問合せがこれ

QUESTION
インターネットバンキング(以下IB)で海外ATM引出し限度額設定を済ませました
主人のATMカードでは引出しできましたが、私のカードでは引出しできません
なぜでしょう

ANSWER
実はこちらのご夫婦、口座開設時にIBはご主人の分だけでいいと言って
奥様のIBの設定をしていませんでした。

つまり、ご主人のATMカードの海外ATM引出し限度額設定のみを済ませており
奥様の海外ATM引出し限度額設定は初期設定のゼロのまま

奥様のATMカードでも引出しできるようにするためには下記の手続きが必須です
IBの設定
セキュリティデバイスの申請有効化
海外ATM引出し限度額設定

海外の口座を維持管理していく為に欠かせないIB
名義人それぞれが責任を持ってしっかりと管理しましょう

”あっっっ 私まだIBの設定できてない”
心当たりのあるあなた

2015年10月20日


『HSBC口座の最新情報チェック』

こんにちは~、ポールスタースタッフ「金田」です。

最近は、台湾にきている台風の影響で暑い香港でございます。

 

 

『HSBC口座の最新情報チェック』

 

 

海外の口座情報を求めて、弊社のWEBページに辿りついて頂けるお客様へ
便利なHSBC最新情報をまとめてお知らせします。

HSBC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①HSBCの送金限度額が大幅に変わりました!

 

今までは、HKD50,000/日

今は、HKD400,000/日

 

 

 

インターネットバンキングで、1日にこんなに送金ができるようになったのです!

 

しかも、今までは郵送で送金限度額の設定変更手続きをしなくてはいけなくて、
サインが違うとか、書類が届かないとか、、、日本ではありえない問題が起こって大変だったのが、

これからはインターネット上で済ませられるというビックニュース。

hsbc-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②スマートバンテージ口座の最低預金額が下げられました!

 

今までは、HKD10,000を割ってしまうと「口座維持手数料」が取られてしまいましたが、、
2015年8月から、最低でもHKD5,000が口座に入っていれば、口座維持手数料が取られなくなっています。

 

2015-8-24

 

 

 

 

 

 

この2点は、使いやすくなっているポイント部分になりますね。
土地勘のない海外=香港
言葉が日本語では通じないのが「海外」という印象があるかもしれませんが、、

 

その香港には、私たち日本人がいます。
少しでも香港に対する不安を取り除き、不安を安心に変えていければと思います。
 


 

弊社では、銀行口座開設・SOSサポートや香港の資産運用を含めて皆様のお役立ちできそうな情報も共有しております。

自分の意思で皆様からのお問合せをいつでもお待ちしております。

金ちゃんへのお声かけはこちらまで!

 

無料メルマガ登録はこちら 「香港HSBC口座の全て」週刊

2015年8月24日


『最新の口座開設状況』

こんにちは~、ポールスタースタッフ「金田」です。

 

今日は、最新の口座開設状況をお知らせしたいと思います。

 

 

『最新の口座開設状況』

 

 

最近は口座開設が難しくなってきているという話題をよく聞きます。

更に、いつ口座開設ができなくなるやもわかりません。

 

このような業務を日常から行っていないと最新状況は掴めませんよね。

 

弊社では、

変わりはなく、口座開設は無事にできております。

 

 

弊社にしかないノウハウがあるからなのかなと思います。

(これはノウハウなので非公開とさせてください)

 

 

弊社では、口座開設やアフターサポートに関して

有料にて万全のサポート体制を整えておりますので

口座開設の不安や不満などがないよう日々努めさせて頂いております。

hsbc

 

 

 

 

お客様のニーズのもと

 

口座開設や口座開設後のアフターサポート業務をさせて頂いております。

 

口座開設を100%保証するものではございませんが、

過去100%の実績を保持し続けております。

 

口座開設をお考え頂く為の、「目的」を明確にして頂き

事前準備を一緒に整え、口座開設に挑みます。

 

また、口座開設後の「維持」をしていくことがとても大切です。

その「アフターサポート」にも力を入れて知識を蓄積していますので

お困りの際には、お問合せ頂ければ「一発解決」できるでしょう。

 

まずはお気軽にお問合せください。

 

お問合せはこちら

 


 

弊社では、香港の資産運用を含めて皆様のお役立ちできそうな情報も

共有しております。

 

自分の意思で皆様からのお問合せをいつでもお待ちしております。

 
金ちゃんへのお声かけはこちらまで!

2015年8月3日


2 / 1612345»
     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.