日本と海外の生命保険や年金プランの利回りの違いと”72の法則”とは?

日本と海外の生命保険や年金プランを比較すると、その利回りの違いに驚きます。

何故、これほど大きな差が生じるのでしょうか?

先ず、日本の金融商品の場合は日本国債の影響を受ける事が大きなポイントです。

日本で金融商品を上市するには、会社や商品を金融庁に登録しなくてはなりません。

そして、金融庁・日本政府から色々と指導を受けるのですが、その中に日本国債を購入させられるという事があります。

日本は借金大国です。

1,000兆円を超える借金があり、毎年多くの日本国債を発行しています。

ですが、その利回りは雀の涙…

利回りを上げるとその返済で苦しむ事になるので、容易に金利を上げる事はできないのです。

日本の国家予算は年間100兆円弱ですが、1,000兆円ある借金の利回りを1%にすると返済額だけで10兆円となり国家予算の10%を占める事になります。

それでは返済が苦しくなるので、金利を抑えなくてはならないのです。

ですが、ここまでの借金を抱えている国の借金でありながらの低金利、誰がこの国債を購入してくれるのでしょうか?

日本国債の94%は日本国内で購入されていると言われています。

とは言え、身内や友人・知人、職場で日本国債を購入している人を見た事はありますか?

ほとんどいないと思います。

では誰が購入しているかと言えば、日本の銀行や生命保険会社と言った金融機関が買い占めているのです。

日本国内の金融機関は、会社を守ってもらう代わりに日本国債を購入させられているのです。

低金利の日本国債で運用していかなくてはならないので、日本の生命保険や年金プランは利回りが悪いのです。

銀行金利が低いのも同じ理由です。

その影響を受けるのは、日本国内の金融機関を利用している人たちとなってしまいます。

一方、海外の金融機関は日本国債の影響を受けずに運用を行えます。

アメリカ国債の金利は3%程度ですし、こうした安定商品に株式などを組み合わせて4%程度の利回りとしているものが多いです。

日本の金融商品が仮に1%、海外では4%として、将来的にどれほどの差が出ると思いますか?

ここでは72の法則を活用して算出してみましょう。

72の法則:資産が2倍になる年数=72/年利

1%だと資産が2倍になるまでに72年かかります。

生涯をかけて倍になるイメージです。

4%であれば、18年かけて倍になります。

36年では更に倍になるので4倍です。

72年あれば更に倍で8倍となります。

この差、大きいと思いますか?それとも小さいと思いますか?

日本の銀行金利は0.1%にも満たないですが、その利回りでお金を置いていても何の意味もありません。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

2018年12月5日


第三回:無料で保険に入れる②

前稿のおさらいですが、保険を無料で入るには「保険会社の運用」が重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的な例をみて、どういう仕組みなのか理解してみましょう。

保険料を毎年、仮に60万円(月額では5万円)掛けるとしましょう。

 

5年払い(5年間、5回支払う)とすると、合計の支払額は、300万円。

 

魔法の保険を使うと(実は魔法でもなんでもないですが)、

12年後に保険を解約しても、支払った300万円どころか、340万円戻ってきます。

 

つまり、12年間無料で保険に加入できて、保険料がすべて戻ってくるというわけです。

 

 

これで、保険料は実質無料(=保障がタダ)となります。

 

 

 

 

 

 

 

但し、実はそれだけではなく、もっと素晴らしいことがあります。

これを20年後(55歳)に解約すれば、いくらになるでしょうか?

 

630万円です。

 

これはどういうことかというと、保険会社の運用が良いために、

解約する際に戻ってくる金額(解約返戻金)が、ずっと増えていく仕組みで、

12年経てば支払った保険料と同額程度になり、その後もどんどん増え続けていきます。

 

最近では定年が伸びて、65歳といわれていますので、

65歳でみると、解約返戻金は1,100万円にもなります。

 

保険掛け金で考えると360%資産が増える計算となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よって、使い方としては、、、

 

35歳〜60歳までは家族への生活保障としての保険

 

60歳以降は、自分への年金

 

 

50歳すぎでも、解約返戻金は1.5倍ぐらいになりますから、

家族への保障を重視していなくても、資産運用として捉えて、

自分の好きなことに使うということもできます。

 

 

このように考えると、一般的な保険として見なくても、

 長期的に安全な資産を築くための方法として保険商品を活用することができますので、

無料で保険に入れる以上の価値があるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、

第一回の賢い保険の選択法を振り返る場合はこちら

第二回の無料で保険に入れるを振り返る場合はこちら

 

ご相談がある方は、こちら

2017年4月28日


第二回:無料で保険に入れる①

 

 

 

 

 

 

 

 

まずここで大切なことは、保険という商品を

 

「保険(保障)」という機能だけで捉えないことです。

 

では、どのような機能を見るべきかという話ですが、

 

保険会社の運用利回りということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保険会社には運用に際して規制があり、

 

保険契約者の資産を守るため、リスクの高い運用が禁じられており、

 

主な資産として、安全な債券で運用されています。

 

 

安全な債券の筆頭が国債ということになりますが、

 

日本の場合、10年国債の金利が現在ほぼ0%で、

 

10年間、債券を保有していても配当は得られない状況にあります。

 

日本の保険会社の運用が良くないのは、これで明らかですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご年配の方にとっては、保険で得をしたという記憶をお持ちの方がいると思いますが、

 

1990年の日本国債(10年物)の金利は、当時8%を超えたことがあり、

 

当時の保険は運用も良かったわけですが、現在では運用利回りが非常に低いが故に、

 

運用利回りに依存する保険商品は、あまり加入する意味を成さないのが実態です。

 

 

 

一方、海外の保険は運用が比較的に高いのが特徴で、

 

一般的には、日本の保険と比べて3倍程度違いがあるといわれています。

 

それが、保険料が無料となるカラクリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の稿で、具体的にどのようなものなのか、見てみましょう。

 

また、

第一回の賢い保険の選択法もこちらからご覧ください。

 

ご相談がある方は、こちら

 

 

2017年4月25日


第一回 賢い保険の選択法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この”万が一”というのは、起こるか起こらないかわからない事態のこと。

 

保険は、ほぼそういうことは起こらないだろう、という前提で、

 

でもそれが起こっては困るので”万が一のため”に備えて、

 

皆さん保険をかけています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、この起こる可能性が低い、万が一のために保険を掛ける必要があるのか?

 

保険への出費が無駄になるのが嫌だと思う方も少なくありません。

 

でも、無料で保険が入れるとすれば、どうでしょうか。

 

 

 

無料で保険に入れるなんて、そんなバカな?と思われるかもしれませんが、

 

実際、そういう保険が海外にはあります。
「保険はあった方がいいけど・・・」と悩まれる方にとっても、

 

大きな意味があるものとなる筈です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくは、次の投稿で。

 

 

 

 

ご相談はこちらからお気軽に。

 

2017年4月24日


     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.