第三回:無料で保険に入れる②

前稿のおさらいですが、保険を無料で入るには「保険会社の運用」が重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的な例をみて、どういう仕組みなのか理解してみましょう。

保険料を毎年、仮に60万円(月額では5万円)掛けるとしましょう。

 

5年払い(5年間、5回支払う)とすると、合計の支払額は、300万円。

 

魔法の保険を使うと(実は魔法でもなんでもないですが)、

12年後に保険を解約しても、支払った300万円どころか、340万円戻ってきます。

 

つまり、12年間無料で保険に加入できて、保険料がすべて戻ってくるというわけです。

 

 

これで、保険料は実質無料(=保障がタダ)となります。

 

 

 

 

 

 

 

但し、実はそれだけではなく、もっと素晴らしいことがあります。

これを20年後(55歳)に解約すれば、いくらになるでしょうか?

 

630万円です。

 

これはどういうことかというと、保険会社の運用が良いために、

解約する際に戻ってくる金額(解約返戻金)が、ずっと増えていく仕組みで、

12年経てば支払った保険料と同額程度になり、その後もどんどん増え続けていきます。

 

最近では定年が伸びて、65歳といわれていますので、

65歳でみると、解約返戻金は1,100万円にもなります。

 

保険掛け金で考えると360%資産が増える計算となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よって、使い方としては、、、

 

35歳〜60歳までは家族への生活保障としての保険

 

60歳以降は、自分への年金

 

 

50歳すぎでも、解約返戻金は1.5倍ぐらいになりますから、

家族への保障を重視していなくても、資産運用として捉えて、

自分の好きなことに使うということもできます。

 

 

このように考えると、一般的な保険として見なくても、

 長期的に安全な資産を築くための方法として保険商品を活用することができますので、

無料で保険に入れる以上の価値があるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、

第一回の賢い保険の選択法を振り返る場合はこちら

第二回の無料で保険に入れるを振り返る場合はこちら

 

ご相談がある方は、こちら

2017年4月28日


第二回:無料で保険に入れる①

 

 

 

 

 

 

 

 

まずここで大切なことは、保険という商品を

 

「保険(保障)」という機能だけで捉えないことです。

 

では、どのような機能を見るべきかという話ですが、

 

保険会社の運用利回りということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保険会社には運用に際して規制があり、

 

保険契約者の資産を守るため、リスクの高い運用が禁じられており、

 

主な資産として、安全な債券で運用されています。

 

 

安全な債券の筆頭が国債ということになりますが、

 

日本の場合、10年国債の金利が現在ほぼ0%で、

 

10年間、債券を保有していても配当は得られない状況にあります。

 

日本の保険会社の運用が良くないのは、これで明らかですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご年配の方にとっては、保険で得をしたという記憶をお持ちの方がいると思いますが、

 

1990年の日本国債(10年物)の金利は、当時8%を超えたことがあり、

 

当時の保険は運用も良かったわけですが、現在では運用利回りが非常に低いが故に、

 

運用利回りに依存する保険商品は、あまり加入する意味を成さないのが実態です。

 

 

 

一方、海外の保険は運用が比較的に高いのが特徴で、

 

一般的には、日本の保険と比べて3倍程度違いがあるといわれています。

 

それが、保険料が無料となるカラクリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の稿で、具体的にどのようなものなのか、見てみましょう。

 

また、

第一回の賢い保険の選択法もこちらからご覧ください。

 

ご相談がある方は、こちら

 

 

2017年4月25日


第一回 賢い保険の選択法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この”万が一”というのは、起こるか起こらないかわからない事態のこと。

 

保険は、ほぼそういうことは起こらないだろう、という前提で、

 

でもそれが起こっては困るので”万が一のため”に備えて、

 

皆さん保険をかけています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、この起こる可能性が低い、万が一のために保険を掛ける必要があるのか?

 

保険への出費が無駄になるのが嫌だと思う方も少なくありません。

 

でも、無料で保険が入れるとすれば、どうでしょうか。

 

 

 

無料で保険に入れるなんて、そんなバカな?と思われるかもしれませんが、

 

実際、そういう保険が海外にはあります。
「保険はあった方がいいけど・・・」と悩まれる方にとっても、

 

大きな意味があるものとなる筈です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくは、次の投稿で。

 

 

 

 

ご相談はこちらからお気軽に。

 

2017年4月24日


『毎月、貯蓄感覚で海外に資産形成ができる香港』

こんにちは~、ポールスタースタッフの金田です。

HSBC銀行口座のことだけでなく、香港最大のメリットである資産運用

についても触れていきたいと思います。

今日の記事は、

 

 

『毎月、貯蓄感覚で海外に資産形成ができる香港』

 

 

 

img_okinawa_pamph

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とっても魅力的なことが詰まっている

 

 

 

日本の国の借金は、リアルタイムで1,000兆円を超える大惨事。

これからインフレが進み、物価上昇は否めない。
それに伴い、国の借金返済の為に、様々な増税を繰り広げていくことでしょう。

 

そんな日本に住んでいると、日本をもちろん大好きだけど
知らない間に日本を客観的に見る感覚が鈍化していき、麻痺してしまいます。

日本が大好きなのと、自分の本当の自己資産を守ることを一緒に考えてはいけません。

117746
金融センター香港

 

 

 

オフショア地域である香港は、世界的に有名な金融センターの一つです。

世界中の優良な金融商品が集まり、競争を繰り返しています。

日本に比べ香港は、黒字です。

 

それに比べ、金融鎖国である日本の金融商品は、ほとんどが日本国債で運用されています。
日本の国債利回りをご存じでしょうか。

スズメの涙くらいの利回りであり、銀行金利も大泣き状態です。

 

日本にある金融商品に投資しても、日本国債で運用していれば利回りが良くなることも
考えずらいことが予想できます。

それとは比べものにならない、利回りが期待できる金融商品が海外には存在します。
そして、自分の意思で海外へ情報を求めていければ
その情報を手にすることができるのです。

qqq図1
 

 

 

 

 

 

 

 
 
海外へ飛び出すぞ!

 

 

 

その代り、海外から海外の商品どうですか?というような営業行為は厳しく禁止されています。

だからこそ、自ら情報を掴みとっていかないと誰も教えてはくれないのです。

 

手の届きやすい方法で、運用していくことができる

「海外積立ファンド」というものもあります。

 

毎月、最低でUS500くらいから
クレジットカードで海外に資産形成ができるスキームがあります。

毎月クレジットカードを使って海外に資産形成ができることなんて
金融商品の中では異例の手法です。

 

日本にはまずないと思われます。

 

お金があれば使ってしまったり、お金を貯めることがどうしてもできない人にとっても
毎月自動的に、積立にまわしてくれるので将来の自分の為にはかなり良いことです。
更には、ご家族・お子様の為にも繋がりますね。

 

年金に頼ることができない現在を生き抜くためには
自分で自分の収入や資産を増やしていく手段を身につけなければなりません。

 

もちろん、日本居住者は
海外で投資をして収益になった分は、日本に自己申告する義務があるので
それはちゃんとしなければなりません。

 

ただし、それ以上の期待ができるのであれば
自ら行動をおこしていくことも決して悪いことではないと僕は思います。

 

将来に対する不安や、海外について何か情報がほしいという人にも、
役に立つ情報を一般論としてお話することはもちろんできます。

 

金ちゃんへのお声かけはこちらまで!

2015年2月9日


『日本居住者が検討できる商品ズバリ!』

こんにちは~、ポールスタースタッフの金田です。

香港を通じて資産運用できる基本的な知識を~ということで

今日の記事は、

 

 

『日本居住者が検討できる商品ズバリ!』

 

 

今日は、日本に住んでいる日本人の方が
海外である香港でご検討頂ける商品について触れていきたいと思います。

 

お金を増やしたいと思われている方なら、

一度は海外の金融商品について「良い噂」を聞いたことがあるのではないでしょうか。

bZGql6KAUDWxZlL_yB8rQ_4
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
外貨で運用

 

ただし、情報が手に入りにくいということから
はっきりくっきりと、どんな商品についてなのか
知っている人も少ないというのが現状です。

 

これは
販売を目的とするものではなく、一般論として
香港にはどのような金融商品が存在するのかを
知識として知って頂きたいと思っています。

 

ただし、1人1人どのようなニーズがあるのかにより
自分に該当するものも本当に変わってきます。

 

香港の金融商品の取り扱いをしている投資顧問会社で
詳しいお話を聞くことはできると思います。

 

ただし、200社以上ある投資顧問会社の中から
自分にぴったりで、親切で、日本人が日本語で
アフターフォローまできっちりサポートしてくれるような
良い投資顧問会社を探すのも至難の業といえます。

 

僕はいろんな良い投資顧問会社とも個人的に知っているので
何か役立てられる情報をお伝えすることはできるかも?しれません。笑

今日は、1人の投資家として大枠でお話します。

Stacks of Japanese yen and U.S. dollar are piled up on a cart before counting at the headquarters of the Korea Exchange Bank in Seoul
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
円をドルに替えて運用する

 

【海外積立ファンド】
日本のクレジットカードを使って、海外に資産移転・資産形成ができることで
人気の高い商品です。

中長期的に運用していくもので、10年~30年の期間で考えている人が多いと思います。

毎月小額から積立ができ、何百種類ある海外のファンドの中から10種類ほども選択し
リスクを軽減させながら最大限に運用していくものです。

 

上昇期待値が非常に高いことや、
小額から積立ができること、
途中で積立の停止をしたり、
積立額の減額をしたり、
積立した資金を一部引き出したりもできて、
ものすごく柔軟性があり、運用効率が良いメリットもあり、
中長期的な運用をしていく上で、
積立していきやすく期待値があるものとして非常に人気です。

日銀の米ドル供給オペへの需要高まる、金融規制対応と年末越えで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

増やして増やして増やしまくれ!

 

【元本保証型の積立インデックス】

これは、ファンドと違い
ちゃんと無理のないように積立ができれば
最低でも元本の140%以上が保障されているようなインデックスの商品です。

 

こちらも小額から毎月の積立ができて、
クレジットカードで、毎月海外に資産移転・資産形成ができますね。

 

海外積立ファンドよりは、期待値は下がるけど
安定して保障までついてることも考えれば
「学資金」として考える人や、
自分の将来の「年金」として考える人、
比較的早く手元に確定したお金がほしい人に絶大な人気があります。

qqq図1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口座だけじゃなく、海外商品も知ろう!

 

【保険商品】

〇生命保険プラン
〇年金プラン
〇学資プラン

 

保険としても、沢山あります。

 

まず、一番言えることは
日本にあるどんな保険商品よりも
利回りが圧倒的に高いのがすごいところです。

 

利回りの%を知るとビックリすることは間違いないでしょう。

 

日本の保険会社よりももっと世界的に規模も大きく
利回りも良くて、安心できるなら良いものだと思いますけどね。

 

いかがでしょうか。

少しそういうものがあるのかと知って頂けたのではと思います。

 

その他にも、
プライベートバンクやランドバンキング、不動産投資等々
まとまった資金があればこそのセカンドオピニオンも多数存在します。

 

このように少しずつ、少しずつ良い情報を
自分の中に落とし込んでいって
ご自身の役に立てて頂きたいと常に思っています。

 

 

金ちゃんへのお声かけはこちらまで!

2015年1月26日


1 / 212
     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.