『資産運用を始める前の基礎知識』

こんにちは、ポールスタースタッフの金田です。

国内外問わず、資産運用を始める前に最低限の基礎知識を身につけておくことはとても大切なことですね。

基礎的な知識を身につけておくことによって、日本国内、香港等の海外の資産運用情報を耳にしたとき、大事な観点やポイントに気がつき、自分のライフプランにあった選択肢を決定する指針に繋がってきます。

 

為替株価チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【為替レートとは】

為替レートとは、外国為替相場のことを差します。国境を越えて、

通貨の交換をする際に関わってくる通貨の交換比率のことを、為替レートと言いますね。

 

例えば、日本円と香港ドル、日本円と米ドル等。

貿易をするときに、商品の輸出入や海外不動産への投資、海外証券、国際ビジネス取引に大きく関わってきますね。

個人・法人問わず、国際的な取引をする場合には為替を活用して、金銭のやり取りがされています。

香港ドルと米ドルはペックされており、比率はめったなことがない限り変わりませんが、円と米ドルは変動相場となります。

 

為替

 

 

 

 

 

【円安・円高は、対象するものによって違います】

よくニュース等で、円安になった!円高になった!ドル高になった等、耳にすることがあると思います。

円安とは、ドル・ユーロ・人民元等、国際的な主要外国通貨に対して、円の価値が低くなることを指します。

1ドル=80円だったものが、1ドル=120円になったら、円安ドル高といいますね。

少し頭でイメージをしますと、円高だったときに持っていた香港ドルや米ドルがあった場合、

日本円に換えることにより多くの日本円に換金することができることになりますね。

 

その逆で、円高は、米ドル等の主要外国通貨に対して、円の価値が高くなることを指します。

日本円で収入を得ている人からすると、日本円から香港ドルや米ドルに替える場合は、換金率は低くなり、

少額の日本円で、多額の外貨へ換金することができます。

 

 

ハイパーインフレ

 

 

 

 

 

 

 

 

【デフレ・インフレとはなんでしょうか?】

デフレは略された言葉で、「デフレーション」の略ですね。

これは、物の価値がお金の価値より下がる状態をデフレと言います。

その場合には、株とか不動案の価値も現金より下がる、下落することになりますね。 デフレになりますと、

上記のことを理解すれば「物が売れなくなる」ので販売する多くの会社は商品の価格を下げ、

商品価値を落とすしかなくなりますね、そうすると、

 

利益はでなくなって経営が悪化し倒産したり破産するケースもでてくるわけです。経営が苦しくなると、

雇用問題が起きて給料が少なくなったり、経費削減をしざるを得ません。

 

デフレ下で物に投資をすることは、非常に判断が難しくなりますね。

逆に、インフレは「インフレーション」の略です。これは、物の価値がお金の価値よりも高くなりますね。

 

通貨の世界で動いている供給量が著しく少なくなったり多くなったりすることで、インフレとなり、

お金の価値が下がるということは、持っている株や不動産等の物は価値が上がるということです。

ただし、少し行き過ぎると、お金の価値が一気に急落、暴落し、物の価値が急激に上がることをハイパーインフレと言います。

 

 

今回は、まず基礎中の基礎からお伝えしました。

 

少しでも資産運用についての基礎知識が身についてくれば、自分のためにもなれば、

考えられる幅(選択肢)が広がるわけですから、自分の知識の成長からお金の知識にも影響し、

経済の動向も頭に入るようになってきて、

資産の自己管理を自分で考えてどのように資産運用していけば良いのかがだんだんわかってくるようになるはずです。

 

 

※弊社では口座開設及び口座のSOSサポートも行っていると同時に、海外での資産運用のご相談も承っております。

ご相談はこちらまで!

2017年1月24日


最終話 HSBC口座からの引き出しについて

☆★☆―――――――――――――――――――――――――-

~まぼろしのHSBC口座~

使いこなしサポート

―――――――――――――――――――――――――――― 最終号
おはようございます。ポール先生です。
本メルマガは、今回を持ちまして一旦停止させて頂きます。

今までご愛読頂いておりました読者の皆様に感謝致します。

今後は、弊社のポール先生ブログにて情報を配信していきたいと思います。
ブログはこちら

http://blog.livedoor.jp/hsbcmaster/

 

■最終話 HSBC口座からの引き出しについて
■編集後記

___________________________________

■最終話 HSBC口座からの引き出しについて
___________________________________

先日、お客さまからこんな相談があった。
実は結構多い質問であったりする。

「日本のセブンイレブンのATMで一回10万円の引き出しができたのですが、
同日、また引き出しを試したのですが、できませんでした。
一日10万円までしか引き出せないのでしょうか?」

その他のATMでは、一回5万円までのところもあるようだが、
一回10万円で引き出しできるは、現在のところセブン銀行だけである。

結論から先にいうと、一日に10万円以上の引き出しは可能。

では、なぜこのお客さまは、10万円までしか引き出しができなかったのか?

理由は、一日の引き出し限度額設定が低いままだったからである。

設定を変更する方法は、3種類ある。

1つは、
インターネットバンキング上でデバイスを使って設定する。

2つめは、
フォームを郵送し設定する。

3つめは、
香港のATMで設定する。
※日本のATMでは、もちろん設定変更することはできない。

また、口座ランクによっても海外で引き出せる一日の限度額は異なるので、
注意が必要だ。

プレミア口座:40,000HKD(一日)
アドバンス口座:30,000HKD(一日)
インテグレーテッド口座:20,000HKD(一日)

設定をきっちりしておけば、上記の金額までは引き出しができる。
ただし、HKDsavings口座にお金が入っていればという話。

例えば、その他のUSDsavingsやJPYsavingsにお金が入っていても、
香港の銀行であるゆえに、HKDsavingsからの引き落としとなるので、
注意が必要だ。

たまに設定したにも関わらず、設定金額が「0」に戻されていることもあるので、

1年に一度は、引き出し限度額設定をチェックしたほうがいいかもしれない。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最終号までお読みいただきありがとうございます。

本メルマガ自体は、今月いっぱいで配信停止となります。
今までご愛読頂いていた皆様に感謝致します。

今後は、ポール先生のブログにて充実した情報を配信していきたいと思います。

http://blog.livedoor.jp/hsbcmaster/

今後とも宜しくお願い致します。

________________

メールマガジン「香港HSBC口座の全て」週刊

☆発行責任者:ポール先生
☆WEBpage:www.polestar-hk.com
☆公式ブログ:http://blog.livedoor.jp/hsbcmaster/
☆問い合わせ:info@polestar-hk.com
☆バックナンバー:http://polestar-hk.com/plan/category/hsbcmailmaga/

2017年1月23日


『旧正月の風習』

こんにちは、ポールスタースタッフの金ちゃんです。

 

中華圏である香港では、新暦の元旦よりも、旧暦の元旦(旧正月)を祝う風習がございます。

 

 

2017年の旧正月の連休は、1月28日(土)~1月31日(火)までですね。

中国本土はもっと長い休みになるでしょうね。

 

この旧正月の時期は、いつもワイワイ賑やかな香港も、お店がほとんど休みとなり、ガラーンとしています。

 

日本でもそうだと思いますが、みんなお正月は家族で過ごすので、外では家族連れが多くいるでしょうね~。

旧正月は、最低限のお店しかオープンしていませんので、ご旅行に考えられている場合は、

お店がほとんどやっていないことを頭にインプットしておいてくださいね♪

 

 

ただ、旧正月は、香港の伝統行事があるのです。これを見るために旅行に来られる方も大勢いらっしゃいます。

 

獅子舞踊りが繰り広げられ、赤い袋のお年玉も配られ、街中赤の垂れ幕などがかかり、

休日モード「ヒバヒヒ!」という感じですね!笑 旧正月前日まで、セールが行われ、

2日間にわたる大掛かりな花火があがり、「インターナショナルナイトパレード」が行われます。

 

 

旧正月は、香港の文化をいつも以上に感じることのできる大切な行事です。

 

 

是非一度旧正月を味わいに香港へ来てください~。

 

 

 

※弊社では口座開設及び口座のSOSサポートも行っていると同時に、資産運用のご相談も承っております。
金ちゃんへのお声かけはこちらまで!

2017年1月10日


第107話 日本人の家計資産推移

☆★☆―――――――――――――――――――――――――-

         ~まぼろしのHSBC口座~

          使いこなしサポート

―――――――――――――――――――――――――――― 第百七号
おはようございます。ポール先生です。

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?
良いお正月を過ごせていればなによりです。

■第107話 日本人の家計資産推移
■編集後記

___________________________________

■第107話 日本人の家計資産推移
___________________________________

日本人の資産の配分は、50%以上が現金・預金をしているようだ。
(日本銀行:2016年12月22日付、資金循環リリース掲載ページより)

まだまだ日本人は現金や預金に偏っている傾向がある。

自分たちの資産をどのように管理するのかは、
もちろん自分たちで好きに決めてよいことなのだが、
海外に比べて資産運用している比率がまだまだ少ないと感じる。

アメリカでは、現金・預金をしている人は約14%ほどで、
35%は、株式・出資金として投資をしている。

それに比べ日本人の、株式・出資金への比率は、約9%しかない。

保険や年金準備金へ資産構築している割合は、
日本もアメリカも大体横並びで、約30%前後だ。

日本とアメリカを比較しただけでも、
貯蓄性向、金融資産への考え方の違いが数字に表れている。

日本人の現金・預金比率は、10年以上あまり変化はない。

確実性に重点を置く日本と、
リスクを許容して投資を重視しリターンを期待する海外。

まだまだ金融鎖国状態にあるといっても過言ではないかなと思う。

この考え方の違いは、親の時代から受け継がれているもので、
簡単に考え方を変化させられるものではない。

ただし、現金・預金を日本円だけでしていても、
通貨のリスクに侵され日本円の価値も上下する。
更には貯蓄税なんかが決まれば、置いておくだけで税金が取られてしまう。

日本人の平均貯金額は、約1,800万円だ。
(2015年度、2世帯以上の普通預金、定期預金、生命保険、有価証券などの合計額)
こういう資産を、どのように運用していくのかは1人1人違う。

ある投資家は、良い運用商品を求めると海外に辿り着き、
海外で資産運用をすると期待値も大きくなり、
為替によっても自分の資産価値が変わることを知り、
運用・為替のリスク分散をうまくさせながら運用している。

日本円、日本でしか資産管理していない人でも、
海外旅行に行くなりして、海外を直接知り、
メリットやデメリットを知り、自身の考え方の活力にし、
資産管理の方法に是非とも海外を取り入れてもらいたい。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

第百七号までお読みいただきありがとうございます。

今回は、日本人の預金平均額や、
日本人の資産推移を少しお話し致しました。

まだまだ5割は現金・預金として資産を持っているのが現状です。
若い世代がもっと海外での資産管理に気がついて、
環境の良い地域・場所で資産の構築をしてもらえるようになれば
良いと思います。

________________

メールマガジン「香港HSBC口座の全て」週刊

☆発行責任者:ポール先生
☆WEBpage:www.polestar-hk.com
☆公式ブログ:http://blog.livedoor.jp/hsbcmaster/
☆問い合わせ:info@polestar-hk.com
☆バックナンバー:http://polestar-hk.com/plan/category/hsbcmailmaga/

2017年1月9日


第106話 ハンセン(恒生)銀行口座について

☆★☆―――――――――――――――――――――――――-

        ~まぼろしのHSBC口座~

         使いこなしサポート

―――――――――――――――――――――――――――― 第百六号
おはようございます。ポール先生です。

クリスマスは、どのようにお過ごしになられたでしょうか?
楽しめましたか?

さて今回は、HSBC傘下のハンセン(恒生)銀行について、
少し触れてみたいと思います。

最近よくハンセン(恒生)銀行と間違って電話が鳴ります(汗)。

■第106話 ハンセン(恒生)銀行口座について
■編集後記

___________________________________

■第106話 ハンセン(恒生)銀行口座について
___________________________________

最近では外国人にも馴染みが深くなってきているハンセン(恒生)銀行。
(英語名:HANG SENG BANK)

香港にいる人であれば、もちろんのこと、
中国(香港)株に触れている方であれば、
ご存知の「ハンセン指数」。

※ハンセン指数とは、香港株全体の動きを表す代表的な株価指数のこと。
日本でいう、いわば日経平均株価指数のようなもの。

ハンセン銀行は、HSBCの傘下ではあるが、
HSBC銀行とは、まったく別法人である。

ハンセン銀行の特徴は、香港では利便性が高いこと。
特にMTR(地下鉄)構内にも支店や、多くのATMが設置されていて、
日常のバンキングが非常に便利。

HSBC同様使い勝手の良い銀行として人気がある。

また、インターネットバンキング、セキュリティーデバイスもあり、
ATMの操作などもHSBCと似ているので、
香港でのセカンド口座、またHSBC以外の口座を開きたいという方は、
検討しても良いかもしれない。

更に、HSBCよりも為替レートが良い点や、
HSBCではペーパーゴールドしか購入できないことに対し、
ハンセン銀行では、金現物(金貨やバー等)の購入が
できるのが魅力である。

各銀行によって、様々な特徴があるので、
個々の資産運用ニーズによって、銀行を使い分けると良いだろう。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

第百六号までお読みいただきありがとうございます。
今回は、ハンセン銀行口座について少し書いてみました。

HSBC銀行口座開設に万が一失敗してしまった場合でも、
他の銀行もあることを忘れないでくださいね。

さて、クリスマスが終わると、次はいよいよ年越し、そして新年ですね。
皆様良い年末年始をお過ごしください。

良いお年を。

※次回は、1月9日に配信致します。

________________

メールマガジン「香港HSBC口座の全て」週刊

☆発行責任者:ポール先生
☆WEBpage:www.polestar-hk.com
☆公式ブログ:http://blog.livedoor.jp/hsbcmaster/
☆問い合わせ:info@polestar-hk.com
☆バックナンバー:http://polestar-hk.com/plan/category/hsbcmailmaga/

2016年12月26日


1 / 8812345»
     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.