第三回:無料で保険に入れる②

前稿のおさらいですが、保険を無料で入るには「保険会社の運用」が重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的な例をみて、どういう仕組みなのか理解してみましょう。

保険料を毎年、仮に60万円(月額では5万円)掛けるとしましょう。

 

5年払い(5年間、5回支払う)とすると、合計の支払額は、300万円。

 

魔法の保険を使うと(実は魔法でもなんでもないですが)、

12年後に保険を解約しても、支払った300万円どころか、340万円戻ってきます。

 

つまり、12年間無料で保険に加入できて、保険料がすべて戻ってくるというわけです。

 

 

これで、保険料は実質無料(=保障がタダ)となります。

 

 

 

 

 

 

 

但し、実はそれだけではなく、もっと素晴らしいことがあります。

これを20年後(55歳)に解約すれば、いくらになるでしょうか?

 

630万円です。

 

これはどういうことかというと、保険会社の運用が良いために、

解約する際に戻ってくる金額(解約返戻金)が、ずっと増えていく仕組みで、

12年経てば支払った保険料と同額程度になり、その後もどんどん増え続けていきます。

 

最近では定年が伸びて、65歳といわれていますので、

65歳でみると、解約返戻金は1,100万円にもなります。

 

保険掛け金で考えると360%資産が増える計算となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よって、使い方としては、、、

 

35歳〜60歳までは家族への生活保障としての保険

 

60歳以降は、自分への年金

 

 

50歳すぎでも、解約返戻金は1.5倍ぐらいになりますから、

家族への保障を重視していなくても、資産運用として捉えて、

自分の好きなことに使うということもできます。

 

 

このように考えると、一般的な保険として見なくても、

 長期的に安全な資産を築くための方法として保険商品を活用することができますので、

無料で保険に入れる以上の価値があるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談がある方は、こちら

2017年4月28日


第二回:無料で保険に入れる①

 

 

 

 

 

 

 

 

まずここで大切なことは、保険という商品を

 

「保険(保障)」という機能だけで捉えないことです。

 

では、どのような機能を見るべきかという話ですが、

 

保険会社の運用利回りということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保険会社には運用に際して規制があり、

 

保険契約者の資産を守るため、リスクの高い運用が禁じられており、

 

主な資産として、安全な債券で運用されています。

 

 

安全な債券の筆頭が国債ということになりますが、

 

日本の場合、10年国債の金利が現在ほぼ0%で、

 

10年間、債券を保有していても配当は得られない状況にあります。

 

日本の保険会社の運用が良くないのは、これで明らかですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご年配の方にとっては、保険で得をしたという記憶をお持ちの方がいると思いますが、

 

1990年の日本国債(10年物)の金利は、当時8%を超えたことがあり、

 

当時の保険は運用も良かったわけですが、現在では運用利回りが非常に低いが故に、

 

運用利回りに依存する保険商品は、あまり加入する意味を成さないのが実態です。

 

 

 

一方、海外の保険は運用が比較的に高いのが特徴で、

 

一般的には、日本の保険と比べて3倍程度違いがあるといわれています。

 

それが、保険料が無料となるカラクリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の稿で、具体的にどのようなものなのか、見てみましょう。

 

 

ご相談がある方は、こちら

 

 

2017年4月25日


第一回 賢い保険の選択法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この”万が一”というのは、起こるか起こらないかわからない事態のこと。

 

保険は、ほぼそういうことは起こらないだろう、という前提で、

 

でもそれが起こっては困るので”万が一のため”に備えて、

 

皆さん保険をかけています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、この起こる可能性が低い、万が一のために保険を掛ける必要があるのか?

 

保険への出費が無駄になるのが嫌だと思う方も少なくありません。

 

でも、無料で保険が入れるとすれば、どうでしょうか。

 

 

 

無料で保険に入れるなんて、そんなバカな?と思われるかもしれませんが、

 

実際、そういう保険が海外にはあります。
「保険はあった方がいいけど・・・」と悩まれる方にとっても、

 

大きな意味があるものとなる筈です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくは、次の投稿で。

 

 

 

 

ご相談はこちらからお気軽に。

 

2017年4月24日


2017年度の香港の美味しいお勧め火鍋店

こんばんは、ポールスターインターナショナルの金ちゃんです。

本日は久しぶりに、香港のオススメ火鍋店をご紹介させて頂きたいと思います。

なぜなら、とても美味しくて皆様にも是非食べてみて頂きたいと感じたからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店の名前は、「酒鍋(The Drunken Pot)」と言います。

住所:Shop 1, 2/F, 8 Observatory Road, Tsim Sha Tsui

尖沙咀天文台道8號2樓1號舖 港鐵尖沙咀站 P3 出口, 步行約7分鐘

電話番号:+852-2321 -9038

お店の情報サイトはこちらからどうぞ。

 

予約をして、2時間いれます。

とにかくおいしいので、是非行ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゴはこんな感じです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店のお肉も日本産A5のお肉のようですよ。

 

この鍋の中へ、しゃぶしゃぶ・・・生唾ごくり・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなものも!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれもこれも日本人好みの味でした。

 

これからも良いと思った旬な香港でのおススメ飲食店をどんどんUPしていきたいと思います。

また、弊社では資産運用のコンサルタントの一環で口座開設サポートや、口座開設後のアフターサポートもさせて頂いております。香港を活用した資産運用については是非お気軽にご相談くださいませ。

 

ご相談はこちらから。

2017年4月19日


香港のイースター休暇について

こんにちは、ポールスターインターナショナルの金田です。

今週金曜日2017年4月14日~4月17日までの間、香港はイースター休暇につきお休みとなります。

こちら

 

2017年4月12日


1 / 8912345»
     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.