アクサ香港の年金プランAXA Wealth Advanceに米国在住55歳日本人が加入した時の契約見積もりシミュレーション例!支払額や受取額は?

55歳になるとそろそろ定年が見えてきますよね。

定年後に何をしようかと考えると共に、老後資金の構築についても真剣に考えなくてはなりません。

日本に住んでいて日本の年金プランしか知らないと絶望的な気持ちになるでしょうが、海外に住んでいると利回りの良い年金プランにも目がいくはずです。

55歳から契約しても、資産を増やしていける金融商品はあるのです。

今回は、米国在住55歳日本人男性がアクサ香港の年金プランAXA Wealth Advanceに加入した時の見積もりシミュレーション例をご紹介したいと思います。

 契約者・被保険者  55歳
 支払い保険料  USD 10,000 × 5年間 = 総保険料USD 50,000
 受け取り試算額  71歳~89歳で毎年USD 2,407(19年間)、100歳で全解約

 

・Total Premiums Paid:総支払い保険料
・Withdrawal:引き出し
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランの概要をまとめてみたいと思います。

◆支払総保険金額
保険料の総支払額はUSD50,000。
毎年USD10,000×5年間で支払い完了です。

◆死亡保障
年金プランではありますが、死亡保障も付与されている商品です。
例えば、70歳での死亡保障金額はUSD96,640であり、支払総保険金額USD50,000に対しての利回りは193%となっています。

◆解約返戻金
70歳で全解約した時に受け取れる金額はUSD81,033であり、支払総保険金額USD50,000に対しての利回りは162%となっています。

◆年金プランとしての受取総額
この見積もりシミュレーション例は、71歳~89歳までの19年間、毎年USD2,407 を年金として受け取れます。
そして、100歳時に全解約してUSD436,630が受け取れます。
受け取り総額は、USD2,407×19年間+USD436,630=USD482,363であり、支払総保険金額USD50,000に対しての利回りは965%となっています。

55歳からでも資産運用を行えば老後に備える事は可能です。

ただし、当然ながら利回りが良い商品でないと意味はありません。

アクサ香港のこの年金プランAXA Wealth Advanceですが、年金プランなので国籍や居住地、性別によって数値が変わる事はありません。

ただし、日本での住所では契約できなくなっています。

また日本にもアクサ生命がありますが、日本のアクサでは取り扱いがないのです。

日本に住んでいる方には残念なお話ですが、日本人であっても住所が米国などの海外であれば契約が可能となっています。

国籍や居住地によって契約可否や契約方法は異なってきますので、ご興味ある方はご連絡いただければと思います!

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

 

2019年2月22日


台湾在住50歳日本人男性が香港アクサ(安盛)年金プラン加入時の契約見積もりシミュレーショ例!支払金額に対する受取金額の利回りは?

親日国である台湾には多くの日本企業が進出していて、多くの日本人が居住しています。

とても住みやすいと思いますし、駐在後もそのまま生活の拠点にと考えている人も多いと思います。

その為には老後資金をしっかりと構築しなくてはなりませんが、日本の保険会社が提供しているような年金プランでは利回りが低く運用する意味がありません。

お勧めできるのは、台湾の近くにあるオフショア金融センター「香港」を活用する方法です。

香港は金融政策によって国を成り立たせている金融立国となっているので、優れた金融商品が提供される環境が整っています。

香港で提供されている年金プランとして、50歳台湾在住日本人が香港アクサ(安盛)のAXA Wealth Advanceを契約した時の見積もりシミュレーション例をご紹介したいと思います。

 契約者・被保険者  50歳
 支払い保険料  USD 10,000 × 5年間 = 総保険料USD 50,000
 受け取り試算額  61歳~89歳で毎年USD 1,551(29年間)、100歳で全解約

年金プランなので国籍や居住地、性別によって数値が変わる事はありません。

・Total Premiums Paid:総支払い保険料
・Withdrawal:引き出し
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

この年金プランのシミュレーション、どのようになっているのか簡単にまとめてみたいと思います。

◆支払総保険金額
保険料の総支払額はUSD50,000。
毎年USD10,000を5年間の年払い。

◆死亡保障
死亡保障が付与されている年金プランとなっています。
60歳での死亡保障金額はUSD94,209となっており、支払総保険金額USD50,000に対しての利回りは188%。

◆解約返戻金
例えば、60歳で全解約した時に受け取れる金額はUSD56,826となっており、支払総保険金額USD50,000に対しての利回りは114%。

◆年金プランとしての受取総額
この見積もりシミュレーションは61歳~89歳まで毎年年金としてUSD1,551 を受け取れます。
そして、100歳時に全解約してUSD604,071が受け取れます。
受け取り総額は、USD1,551×29年間+USD604,071=USD640,050となり、利回りは1280%となります。

毎年受け取れる年金としての金額は大きくはないですが、運用期間を長くして全解約すると大きな金額となるので、お子さんやお孫さんにしっかりとお金を遺してあげる事ができます。

(年金受取期間は変更可能です。)

アクサ香港(安盛)の年金プランAXA Wealth Advanceですが、日本のアクサでは販売されていない商品です。

また、日本の住所では契約不可となっています。

オフショア香港の金融商品は国籍や居住地によって契約可否が異なっています。

同じ日本でも住所が日本だと契約できませんが、台湾の住所であれば契約可能となっています。

また台湾在住の日本人であれば香港現地に渡航しなくても契約できる方法もあります。

自分の国籍や居住地でどのような商品が契約できるのか気になる人は、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

 

2019年2月21日


45歳中国北京在住日本人の香港アクサ年金プラン契約時の支払保険金・受取年金額・解約返戻金・死亡保障の見積もりシミュレーション例!

世界の中心を伺うかのような勢いがある国、中国。

在外日本人の人数を見ても、中国がトップになっています。

そんな中国の首都である北京に駐在している日本人も多いです。

徐々に物価が上がっている中国ですが、それでも駐在手当て・住宅手当などがあり、日本で働いている時よりもお金が貯まりやすい環境にあるのではないでしょうか?

そうした環境で構築された資産、そのまま眠らせておくのはもったいないです。

余裕資金があるのであれば、将来の為に利回りの良い商品に投資して資産を増やす事を考えてもらう事をお勧めします。

日本には利回りの良い金融商品がないですが、中国には信頼できる金融商品がないと思います。

ならば、アジアのオフショア金融センターである「香港」で契約できる金融商品を選択すれば良いのです。

中国北京在住45歳日本人が香港アクサの年金プランAXA Wealth Advanceに契約した時の見積もりシミュレーションをご紹介したいと思います。

 契約者・被保険者  45歳
 支払い保険料  USD 10,000 × 5年間 = 総保険料USD 50,000
 受け取り試算額  61歳~89歳で毎年USD 2,407(29年間)、100歳で全解約

年金プランなので国籍や居住地、性別によって数値が変わる事はありません。

・Total Premiums Paid:総支払い保険料
・Withdrawal:引き出し
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

この年金プランのシミュレーション、概要をまとめると以下のようになります。

◆総支払保険金額
総支払額はUSD50,000。
年払いで毎年USD10,000を5年間で支払い完了。

◆死亡保障
年金プランですが、死亡保障が付与されているプランです。
60歳での死亡保障金額はUSD111,640。
支払保険金USD50,000に対して、利回りは223%。

◆解約返戻金
仮に60歳で全解約した時に受け取れる金額はUSD81,033。
支払保険金USD50,000に対して、利回りは162%。
また、59歳での解約返戻金はUSD75,425となっており、年間利回り7%強で運用されている事が分かります。

◆年金プランとしての受取総額
この見積もりシミュレーションでは、61歳~89歳まで毎年29年間、年金としてUSD2,407 を年金として受け取れます。
そして、100歳時に全解約してUSD785,401が受け取れます。
受け取り総額は、USD2,407×29年間+USD785,401=USD855,204となり、利回りは1710%となります。

余裕資金を寝かしているともったいないと感じませんか?

利回りの良いプランでお金にはたらいてもらえば老後資金も構築できますし、お子さんやお孫さんにもしっかりとお金が遺せるのです!

香港アクサのこの年金プランAXA Wealth Advance、日本のアクサでは扱われていない商品です。

また、香港アクサでは日本の住所での契約は出来なくなっています。

ただし、中国など海外に住所がある日本人であれば契約できる可能性がある商品です。

同じ日本人でも海外に住所があると、特に金融では有利になる事がたくさんあります

香港のこうした金融商品は国籍や居住地によって契約可否や契約方法が変わってきます。

香港の年金プランなどに興味がある方は、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

 

 

2019年2月20日


タイ バンコク在住40歳日本人が香港アクサ年金プランに契約した時の支払保険金・死亡保証金・受取年金額の見積もりシミュレーション例!

親日国として知られる「タイ」。

日本人が生活しやすく、バンコクを中心に多くの日本人が在住しています。

また、アジアの製造拠点としてメーカーを中心に多くの日本企業が進出していて、日本人駐在者も多いと思います。

徐々に物価が上がっているタイですが、まだまだ日本と比較すれば生活コストは安く、タイに生活していると余裕資金が生まれやすいです。

そうした余裕資金、何もせずに放置しておくともったいないです。

お金自身にはたらいてもらい、資産価値を増やしていく事をお勧めします。

ですが、資産価値をどうやって増やせば良いのでしょうか?

タイと日本の中間にある香港を活用する事をお勧めします。

香港は金融立国と言われており、優れた金融商品が多く出回っているのです。

今回はタイ・バンコク在住の40歳日本人が香港アクサの年金プラン「AXA Wealth Advance」を契約した時の見積もりシミュレーションの例をご紹介したいと思います。

 契約者・被保険者  40歳
 支払い保険料  USD 10,000 × 5年間 = 総保険料USD 50,000
 受け取り試算額  61歳~89歳で毎年USD 3,643(29年間)、100歳で全解約

年金プランなので国籍や居住地、性別によって数値が変わる事はありません。

・Total Premiums Paid:総支払い保険料
・Withdrawal:引き出し
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

この年金プランのシミュレーションをまとめると以下のようになります。

◆総支払保険金額
総支払額USD50,000を毎年USD10,000の年払いを5年間。

◆死亡保障
年金プランですが、死亡保障が付与されています。
60歳時点での死亡保障金額はUSD137,450となっており、支払保険金に対しての利回りは275%となっています。

◆解約返戻金
仮に60歳で全解約した時に受け取れる金額はUSD114,057で、支払保険金に対しての利回りは228%となっています。
また、59歳での解約返戻金はUSD106,460となっており、年間利回り7%程度で運用されている事が分かります。

◆年金プランとしての受取総額
このシミュレーションでは、61歳~89歳までの29年間、毎年USD3,643 を年金として受け取れます。
そして、100歳時に全解約してUSD931,944が受け取れます。
受け取り総額は、USD3,643×29年間+USD931,944=USD1,037,591となり、利回りは2,075%となります。

スゴい数字だと思いませんか?

自分の年金としてだけでなく、お子さんやお孫さんにしっかりとお金が遺せるのです。

余裕資金があるのであれば、お金にはたらいてもらった方が良いのです。

今回ご紹介したアクサ香港の年金プランAXA Wealth Advanceですが、残念ながら日本の住所では契約ができません。

ですが、同じ日本人であってもタイ・バンコクなど海外に住所があれば契約可能性がある商品です。

国籍や居住地によって契約出来る商品や契約方法は異なります。

タイ・バンコクに住所がある日本人であれば、香港に渡航せずとも契約できる方法もあります。

商品や契約方法にご興味がある方は、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

 

2019年2月19日


香港アクサの年金プランAXA Wealth Advanceにマレーシア クアラルンプール在住35歳日本人が契約した時の見積もりシミュレーション例!

日本人にも人気の移住先、マレーシア。

35歳くらいと若くして移住している人もいると思います。

また、仕事の関係で駐在している人もいるはずです。

移住するのであれば余裕資金があると思いますし、駐在であれば家賃補助などや駐在手当てで余裕資金が生まれやすいと思います。

そうした余裕資金、寝かせているだけではもったいないです。

利回りの良い年金プランなどを活用して運用する事をお勧めします。

とは言え、日本には利回りの良い金融商品は存在していませんし、マレーシアには信頼できる商品は見つからない…というのであれば、アジアのオフショアセンターである香港にある金融商品を活用すれば良いのです。

香港は法人税を安くして外貨を獲得するほど、金融政策で国を成り立たせています。

その為、優れた金融商品が組成しやすい環境も整っています。

マレーシア在住の30歳日本人が香港アクサの年金プランAXA Wealth Advanceを契約した時のシミュレーション例をご紹介したいと思います。

 契約者・被保険者  30歳
 支払い保険料  USD 10,000 × 5年間 = 総保険料USD 50,000
 受け取り試算額  61歳~89歳で毎年USD 5,439(29年間)、100歳で全解約

年金プランなので国籍や居住地、性別によって数値が変わる訳ではありません。

・Total Premiums Paid:総支払い保険料
・Withdrawal:引き出し
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

この年金プランの概要をまとめると、以下のようになります。

◆総支払保険金額
年払いで毎年USD10,000、5年で支払い終わるプランです。
支払総額はUSD50,000。

◆死亡保障
年金プランですが、死亡保障も付いています。
仮に60歳で亡くなったら死亡保障金額はUSD171,983となっており、支払った保険金に対しての利回りは344%となっています。

◆解約返戻金
60歳で全解約した時に受け取れる金額はUSD161,241となっており、支払保険金USD50,000に対しての利回りは344%となっています。
また、59歳での解約返戻金はUSD150,377となっているので、年間利回り7%程度で運用されている事が分かります。

◆年金プランとしての受取総額
このシミュレーションでは、61歳~89歳までの29年間、毎年USD5,439 を年金として受け取れます。
100歳時に全解約してUSD1,353,426が受け取れるようになっています。
受け取り総額を計算すると、USD5,439×29年間+USD1,353,426=USD1,511,157となり、利回りは3,022%となります。

老後資金がしっかりと構築できるだけでなく、死亡保障や100歳での解約金など子供や孫にもしっかりとお金を遺す事ができます。

スゴい商品だと思いませんか?

余裕資金は寝かせておくよりも、然るべきところでしっかりと運用させた方が良いのです。

この香港アクサの年金プラン、日本居住者は契約できなくなっています。

また、日本のアクサでは扱われていない商品です。

日本に住んでいると契約できる商品が限られてしまうのです。

ですが、日本人であっても海外に住所があれば今回ご紹介した香港アクサの年金プランAXA Wealth Advanceは契約可能となっております。

国籍や居住地によって契約できる商品・できない商品、はたまた契約方法は異なってきますので、ご興味ある方はお気軽にご連絡頂ければと思います。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

 

 

 

2019年2月18日


1 / 10512345»
     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.