香港って今どんな状況?【3月】

3月2日から公務員の在宅勤務が終了したせいか、通勤電車も徐々に人が多くなり、

以前と比べ、街にも人が多く歩いています。

4月19日まで学校は休校なので、子供の姿はあまり見かけません。

人もいないだろうとよく行くレストランに予約無しで行ったら、満席で入れませんでした。

代わりに入った日本料理屋さんも、初めて行ったので、以前はどうだったのかわかりませんが、

QRコードを渡され、スマートフォンでオーダーするシステムでした。

店に入る時に体温チェックをされたり、レストランに入る時に、アルコール消毒液を手にかけられたりと、

コロナ対策は色々とされています。

 

一時期、品不足となったトイレットペーパーやティッシュペーパー、お米などは、

現在はスーパーに普通に売っていますし、ストップしていたスーパーのデリバリーも再開しています。

消毒液もコンビニなどでもレジ横に置いているのを見かけるようになりました。

観光客がいませんので、観光業は大ダメージを受けていますが、

街は落ち着いた雰囲気になっています。

銀行の口座開設サポートも、銀行より要求があり、日本から来た場合は、

都市名を伝えなければならず、都市によっては、対応した銀行員が隔離されるとのことで、

北海道が対象と聞いていたのですが、政府も14日から香港入境に

北海道が隔離対象となると発表がありました。

 

今月の口座開設サポートは、全て延期となりましたが、

渡航無しでサポートできる口座トラブルは対応をしておりますので、

口座にトラブルがある場合は、お問合せいただければ、渡航無しで対応可能かどうか

アドバイスさせていただきますので、お気軽にお問合せください。

 

お問合せはこちらまで。

2020年3月16日


恭喜發財!香港って今どんな状況?

香港のリアルな状況を教えて欲しいと聞かれることが多くなりました。

新年が快楽ではない状況です、、、

ニュースでは出来事の一部だけですので、実際はどうなんだろうと思われる方も多いですよね。

 

香港は1月31日付で感染症危険レベルが2(不要不急の渡航は止めてください)になり、
渡航を延期される方もちらほら。

 

マスク率はほぼ100%です。
マスクをしていない人を見ると、つい目を止めてしまいます。
サーズの時は、マスクをしていない人も結構いて、
人混みでだけマスクをしている人も多かったように思います。

マスクを求めて、マスクの入荷があった店に朝から行列が出来ています。

従業員に毎日一枚マスクを支給している会社もあります。
もちろん仕事中も全員マスク着用です。

 

通勤時は人が多くて乗れないこともある地下鉄は今は空いている席もちらほら。
在宅勤務になっている人も多くいます。
幼稚園、小中学校も休暇が延期となり、早くて3月2日開校となっています。

 

スーパーでは米や出前一丁など生活必需品の棚がガラガラに、、、、
お米の棚はこんな状況です。

ネットスーパーも配送サービス停止中です。

 

レストランは例年春節で賑わっている時期なのに、空いています。
外出を控えている人が多いので、そうなりますよね。

 

早く鎮静化してほしいものです。
皆様も健康に十分注意してくださいね。

 

お問合せはこちらまで。

2020年2月3日


今年も上海蟹を堪能しました。濃厚で美味でした。

年に一度は食べに行く上海蟹。

今年は、こちらのレストランのコースにしました。

蟹が3杯ついて、1人HKD388のお得なコースです。

かな~りお安いです。

雄が2、雌が1と一度に両方を楽しめます。

甲羅の外し方(高い店なら店の人が外してくれます)や

食べてはいけないところもありますので、

慣れている方と一緒に行くことをお勧めします。

コースなので、蟹以外にも色々出てきます。

上海蟹以外にも、香港には沢山美味しいものがありますが、

上海蟹の時期に香港に来たら、試してみてはいかがでしょか?

 

お問合せはこちらまで。

2019年11月28日


citibank口座を放置していませんか?

先日CITI BANKへ口座トラブルサポートへ。

聞いてみると、やはり約10年前に日本で口座を開いたのはいいけど、

そのまま放置していたとのこと。

今回、どこか海外旅行をしようとネットで調べていたら、

香港が飛行機もホテルも格安だったので、香港旅行を予約した後に、

ふと放置している銀行口座があることを思い出し、

サポートを依頼されたとのことでした。

CITIは海外在住者は、口座維持費が高額で預金額が少ないと

月HKD500引かれるのですが、普通口座に預金があまりなかったために、

預金も無事に残っており、思わぬボーナスとなったようで喜ばれていました。

口座トラブルサポートをすると

「これは、自分一人では解決しなかった。今回サポートを依頼して良かった。」

と言われることが多いのですが、一番嬉しい言葉です。

もしかすると2回渡航しないといけないかもと不安もありましたが、

一度で全て解決し、翌日は、マカオに行こうとされていたところを、

待ち時間の少ないディズニーに行けるチャンスは二度と無いかもしれませんよ!

とお勧めしたところ、ディズニーに行かれ、アトラクションと

キャラクターとの写真を存分に楽しまれ、帰国されました。

口座トラブルのサポートは経験豊富なポールスターインターナショナルへ。

 

お問合せはこちらまで。

2019年10月24日


サンライフ香港の生命保険ライフブリリアンスに日本人45歳喫煙男性加入時の契約シミュレーション!タイバンコク在住者の例!

*自分の国籍や居住地、余裕資金額や年収でどのような商品が契約できるかを知りたい方はこちらから!

⇒ お問い合わせフォーム

 

(以下、タイ居住の日本人向けに書いておりますが、日本居住者でも契約可能です。)

製造業を中心に日本企業が多く進出しているタイ。

バンコクを中心に、日本人駐在者が多い国です。

バンコクは徐々に物価が上がっているものの、駐在手当てや家賃補助などがあり、タイに駐在していると余裕資金を構築しやすいと思います。

ですが、その余裕資金をどうすれば良いかと悩んでいる人もたくさんいるようです。

寝かしているだけではもったいないですからね。

そんな人には、香港を活用した資産運用を行う事をお勧めします。

金融立国香港には、とても優れた金融商品があるんです!

余裕資金は寝かせるよりも活用した方が良いですが、今回はサンライフ香港社の生命保険【ライフブリリアンス】に45歳喫煙男性が契約した時の例をご紹介したいと思います。

 契約者  45歳・男性・喫煙者
 被保険者  45歳・男性・喫煙者
 年間保険料  USD 10,001 × 5年間 = 総保険料USD 50,004
 確定保障  USD 93,500

 

・Total Premiums Paid:総保険料
・SURRENDER VALUE:解約返戻金
・DEATH BENEFIT:死亡保障金
・Guaranteed:確定保障
・Non-Guaranteed:非確定保障

このプランは総保険料USD50,004を年払い5年間で払い終わり、死亡保障USD93,500が確定しているプランです。

確定とはどういう意味かと言えば、このサンライフ香港の生命保険の特徴として、運用によって死亡保障が上がっていく事が挙げられます。

今現在の運用で進めば、65歳で亡くなった時の死亡保障はUSD177,126となり、契約時に設計されていた金額の倍近くの死亡保障になるのです。

解約返戻金も死亡保障額と同様で、運用によって年々増加していくシステムになっています。

65歳時点での解約返戻金はUSD52,860が確定となっていますが、運用分も含めるとUSD95,851となり、当初設定の死亡保障額USD93,500をも超えています。

65歳だけでなく、75歳、85歳時点ではどうなるのかを表にまとめてみたいと思います。

年齢 全解約返戻金 死亡保障
65歳時 USD 95,891
(192%)
USD 177,126
(354%)
75歳時 USD 159,015
(318%)
USD 236,569
(473%)
85歳時 USD 260,132
(520%)
USD 322,231
(644%)

(利回り(%)=受取金額/総保険料)

全解約返戻金と書いていますが、契約途中に一部だけ引き出す事も可能です。

なので、死亡保障額を残したまま、年金として定期引き出しすることもできる自由度の高い商品となっています。

日本の生命保険とは比較にならような数字だと思いませんか?

海外駐在で余裕資金が出来たなら、そのお金を遊ばしておくより、こうした商品を活用してお金に働いてもらった方が良いと思います。

香港など海外の金融商品は、国籍やパスポートによって契約方法が変わってきます。

タイ・バンコクに住所がある日本人の場合、香港に渡航せずとも契約できる方法もあります。

自分の国籍や居住地、余裕資金額や年収でどのような商品が契約できるかを知りたい方は、お気軽にご相談・お問合せいただければと思います!

 

 

 

☆★☆ ポールスターについて ☆★☆

Polestar(ポールスター) とは、北の空に輝く“北極星”のことで、古来、旅人たちはいつも同じ位置にあるこの星を道に迷ったときの“道しるべ”にした、と言われています。

グローバル化が進む中、国際的に行動されるお客さまに対して頼られる存在でありたいという想いから、社名をPolestar International(ポールスターインターナショナル)と致しました。

弊社では、海外の銀行口座開設をはじめ、個人の資産運用、及び海外での事業進出支援に至るまで、専門的かつ幅広いサービスを豊富な経験とノウハウ、そしてパートナーシップによって一貫したプロフェッショナルサービスをご提供しております。

アジア市場での国際的な金融商品および投資顧問サービスの主要な提供会社と友好関係があり、香港における主要銀行とも特別なパイプを持っております。

その為、運営に携わる者は豊富な経験とノウハウを持っておりますので、プロフェッショナルとしてのアドバイスを提供できております。

弊社との“つながり”が、皆様の人生設計の一助となれば幸いです。

 

ご相談/お問い合わせは、お気軽に! ⇒ お問い合わせフォーム

 

☆★☆★☆★☆

 

 

2019年10月24日


1 / 12112345»
     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.