最新口座トラブルSOSサポート状況

銀行口座トラブル解決SOSのサポート依頼が増えています。

 

『ATMカードが使えなくなっていて、お金を引き出せない』

『インターネットバンキングにログイン出来なくなっている』

『セキュリティデバイスが動かなくなった』

『銀行からレターが届いたけど、どうしたらいいのかわからない』

 

 

 

 

 

 

 

 

長年口座を放置している人が多く、ヒアリングをすると、一つの問題ではなく、複数の問題が出てくることが多いです。香港旅行中の短時間に、自力で全ての対応をするのは難しいと思います。

 

先日も、銀行が突然システムを変更、、、弊社では事前に情報を入手できていたので、お客様のサポートに支障は出ず、一安心。

 

口座開設も口座トラブルサポートも、経験豊富なポールスターインターナショナルにお任せください。

 

口座トラブルは、香港に来なくても、日本にいながら解決できることも多くありますので、まずは、一度ご相談ください。

 

せっかく作った銀行口座は大切に使ってくださいね。

 

ご相談はこちらまで。

2018年10月22日


最新HSBC口座開設状況

最近のHSBC口座開設状況について、お知らせいたします。

 

 

 

 

 

 

 

年々厳しくなっている非居住者の口座開設ですが、銀行に通っていると本当その通りだなあと実感します。支店や銀行の担当者によっても対応が違いますし、当日銀行に行ってみないと、実際どうなのかわからない状況です。そんな中、無事に皆さんが口座を開設することができ、喜んでいただけるのが励みになっています。

 

おかげさまで、口座開設のサポート依頼も増え、一日中、銀行にいることも。
予想外のことが起きることも少なくなく、経験値がどんどんUP。

 

先日口座開設をした際は、銀行員がTAX ID NUMBER(納税者番号)を確認した際に、それが日本ではマイナンバーと言われていることを知らなかったため、お互いに???になっていました。日本人からするとマイナンバーって英語じゃないの?と思われるでしょうが、納税者番号の意味としては、海外では通じません。説明をしたら、次にその銀行員に会った時に、TAX ID NUMBERをマイナンバーと言ってて、ちょっと笑ってしまいました。

 

口座開設は、対応する支店、対応する行員、認証するマネージャー、タイミングによって、
銀行からの要求も違えば、香港非居住者というだけで、拒否される場合もあります。

 

刻々と変わる状況ですので、実績のある会社にサポートを依頼することが大事です。

 

口座開設にお困りの場合は、いつでもご相談をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

2018年10月12日


気軽に香港へ!LCCを利用して弾丸香港旅行はいかがでしょうか?

 

連休があると、どこか安く行けるところが無いかネットで検索しているポールスターインターナショナルスタッフです。

最近のお気に入り渡航先は鹿児島です。

 

 

 

 

 

 

 

LCC(格安の航空会社)が日本の地方都市に香港から飛行機を運行しているので、

わざわざ大都市を経由して香港に来るという無駄なお金とお時間がかからなくなりました。

そして、航空運賃もかなり安く抑えることができるようになりました。

キャンペーンも頻繁にあり、日程さえ合えば、かなり格安で香港への旅行が可能です!

香港旅行のハードルがかなり下がったのではないかと思います。

 

この機会に、

『HSBCで口座開設』や『凍結されてしまったままの口座の解決』や

『パスポート更新』に香港に来てみてはいかがでしょうか。

 

銀行は、開設もトラブル解決も、だいたい半日程度で終わりますので、

あとは、買い物に飲茶に夜景に観光に、2泊3日でも十分楽しめる香港です。

 

香港は狭い街なので、移動に時間があまりかからず、その分

観光や食事に十分時間が使えますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初日

午後に香港着

買い物/足裏マッサージ/海鮮ディナー/ナイトマーケット

 

2日目

お粥/HSBCで口座開設/飲茶/観光/中華ディナー/夜景が見えるバー

 

3日目

空港で飲茶や買い物後、帰国

 

わくわくしてきませんか? 歡迎光臨~!

 

ご相談/お問い合わせは、メールまたはメッセージにてお気軽に!

Mail: info@polestar-hk.com

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

2018年9月10日


【香港でどんな投資をしているの? 〜 香港在住者に資産運用をインタビュー②】

今回は、香港での経営経験が豊富な商社の総経理の山本(仮名)さんにお話しを伺いました。

 

 

 

 

 

ポールスター「香港はどうですか?」

山本さん『シュールが大好きなのですが、香港では、シュールな場面や人を見かけることが多くて、シュール好きにはたまらない街ですね。先日、びんぼっちゃまのような格好をした人を見かけましたよ。』

 

ポールスター「資産運用はどのようなことをされていますか?」

山本さん『株がメインですね。去年は1年で40万香港ドルほど利益がでました。日本では、ストップ高やストップ安の値幅制限があって、大きく儲けることが出来ませんが、香港ではそれが無いですからね。その分、暴落した場合のリスクは大きいですけど、投資にリスクがあるのは当然ですから。それに香港では、この利益に税金がかからないのが、最高です。日本では株を買おうとは思わなくなりました。

あとは、投資用に不動産を去年初めて購入しました。830万香港ドルの物件を購入しましたが、数か月で1000万香港ドルを超えました。3年経たないと転売できないのですが、まだまだ値は上がると思っているので、3年後が楽しみです。』

 

山本さんお忙しい中、有難うございました。

 

香港は金融商品の売買での利益に対しての課税は0%です。日本の居住者であれば、香港で非課税でも、日本で税金を払う必要があります。香港在住の山本さんは、その分、再投資にまわして、資産を増やしているそうです。

香港の不動産は高値のままで、庶民にはなかなか手が出ない状況が続いていますが、山本さんのように高値で買っても利益が出るようなので、まだまだ高嶺の花のようです。

香港は、家賃が高いため、家を持っていないと、老後の人生が詰んでしまうので、購入したい人が多いのと、投資対象であるので、なかなか下がらないのですよね、、、今の不動産高騰は中国からの投資対象になっているのが主な理由だと思われますので、今後はどうなっていくのでしょうか。

 

ご相談/お問い合わせは、メールまたはメッセージにてお気軽に!

Mail: info@polestar-hk.com

 

★ポールスター★★★──────────―――――――――――――――――――――
☆──── ウェブサイト

☆────― ポール先生のHSBC香港ガイドブログ

★――――― フェイスブック

★────────────────────――――――――――――――――――――

 

2018年5月24日


37歳で貯金ゼロ。子供2人の子育てに必死ですが自分の将来の不安があります。どうすればいいですか?

ポールスターインターナショナルのスタッフです。

皆様から寄せられる個人のお金の悩みにお答えしております。今回の相談者は、37歳の既婚者で、IT関係の会社員の男性からです。

◇相談者

木村 正和さん(仮名)

会社員/男性/37歳

賃貸/札幌在住

◇家庭構成

35歳の奥様

6歳の次女

8歳の長女

 

◇相談内容

妻がスロットで負けて帰ってくる日常で、貯金どころか、生活費も足りません。借金をするまでには至っていないのでまだ良いのですが、毎月ギリギリの生活で将来に不安を感じています。スロット代には月で合計すると10万円は使っており、たまに勝って帰ってくることもありますが勝った分はブランド物等の買い物に使ってしまって全くお金が貯まりません。給料日前には、ジュースを買うのもためらうほど手持ちのお金がほぼなくなるという生活です。このような生活がいつまで続くか、それを考えるだけでストレスが溜まります。どうすれば良いでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

◇収支のバランスデータ

収入

・夫月収:240,000円

・妻月収:68,000円

・児童手当:20,000円

合計収入(月):328,000円

 

支出

・家賃:78,000円

・食費:50,000円

・電気・ガス・水道代:15,000円

・通信費:20,000円

・趣味娯楽:100,000円

・教育費:31,000円

・保険料:30,000円

支出合計(月):324,000円

 

預貯金

・0円

妻に任せているのですが、スロットが昔から大好きで月10万円は負けていると思います。負けすぎて足りなくなったときは、親から借りて生活費を補っているような状況です。この歳になって貯金ゼロというのは不安です。まわりの友達にはまさか貯金がないことはいえないですがご飯の誘いにはいつも断っている状況です。

(収入について)

妻は内職作業をしていてアルバイトになります。子育てをしながらなのでフルタイムで働くのは難しくアルバイトしてもらっています。

私自身は、昇格は望めません。ボーナスがでるような会社ではないので今の給料で長らく続くのではないかと思います。

【ファイナンシャルプランナー金ちゃんからのアドバイスは3つ】

1、子供が2人いて、この歳で貯金ゼロは本当にまずいです。今すぐ貯金をしていかないと確実に老後難民になってしまいます。その危機意識を持って毎月の生活リズムを絶対に変えた方がいいと思います。

2、奥様のスロットはどうにかしないとなりません。パチンコ・スロットは長い目で見ても負けてしまう設定になっており、依存性があります。今すぐに止めることは難しいかもしれませんが、少しずつギャンブルに使うお金を減らしていく必要があるでしょう。

3、まずギャンブルで失ったお金は戻ってきません。ギャンブルをするくらいであれば投資信託や株式等でもいいですし、貯金がなければコツコツと積立をして増えていくような資産運用方法をしていなければその心配は拭えないかもしれません。

☆総合アドバイス

収入は少なすぎることはないので、本当にギャンブルに使うお金を運用にまわし、資産形成をしていくと良いでしょう。今は病気もなく若いので良いですが、子供の学資金やご自身の老後のことをもっと真剣に考え知識をつけていく必要があると思います。

厳しい言い方になりますが、本当に危機意識を持たないといけません。そして生活リズム・収入と支出のバランスを今すぐ変えることをお勧めします。

家計のお悩みやご相談はお気軽に、こちらからどうぞ。

 

 

2018年3月15日


1 / 9112345»
     その他
                                
  • 海外投資110番
  •                                                   
より安全で快適にご利用いただくためにGoogle Chromeのご利用を推奨します。
Copyright© 2012-2017 Polestar International Limited All Rights Reserved.