こんな人は海外に口座を持たないでください!! 日本の銀行だけで充分だと思っている人 日本の金融商品に満足している人 リスク分散したくない人 将来の年金に不安がない人

HSBC香港口座開設 同行サービス 今なら期間限定6月末まで ミニ冊子プレゼント

なぜ海外に資産を分散すべきか?

通貨分散
日本国債デフォルト
ハイパーインフレ
なぜ海外に資産を分散すべきか?
HSBC香港口座開設 同行サービス
私達はHSBC香港をお勧めします!


HSBC香港の概要

HSBC香港は、ヨーロッパ最大の金融グループであるHSBCの香港拠点で、香港ドル発券銀行のひとつ。
 
HSBCグループは、全世界80ヵ国以上の国で1万以上の支店ネットワークを持っており、
提携している世界中のATMで現地通貨での引き出しが可能です。

口座種類

HSBC香港の概要

口座種類は、以下3種類があります。

  • ■ Premier プレミア (100万香港ドル以上/約1,300万円以上)
  • ■ Advance  アドバンス (20万香港ドル以上/約260万円以上)
  • ■ Personal Integrated Account パーソナルインテグレイテッドアカウント (1万香港ドル以上/約13万円以上)

※ 上記金額は参考(1香港ドル=13円換算)です。 

口座開設サポートの対象は、パーソナルインテグレイテッドアカウントを含む、アドバンス、プレミア口座です。
ただし、パーソナルインテグレイテッドアカウントをご希望の際は、当日の銀行の状況により、アドバンス口座開設後に、口座種類の変更(ダウングレード)にてご対応させていただく場合がございます。

 

HSBC香港口座の特徴

  • ■ 銀行窓口にて、日本円など主要通貨の現金での預け入れが可能。
  • ■ マルチカレンシー口座(同一口座内)で、香港ドル、米ドル、ユーロ、日本円、人民元、豪ドル、スイスフラン、
       ニュージーランドドル、イギリスポンド、タイバーツ、シンガポールドル、カナダドルなど主要12通貨の預金が可能。
  • ■ 共有名義口座の開設が可能(※ 名義人両者の銀行来店が必要)。
  • ■ インターネットバンキングの利用にて、世界中どこからでも口座へアクセスできます。
  • ■ 世界中のATM(Union Payなど)にて、現地通貨での引き出しが可能。
       ※ 日本の場合は、ゆうちょ銀行、セブン銀行(セブンイレブン)などで出金ができます。

口座開設時必要書類

  • ■ パスポート
  • ■ 英文の住所証明書類 ※

※ 国際運転免許証・3ヶ月以内の英文の銀行残高証明書(銀行印のあるもの)等が必要になります。
※ 予告なく変更される場合もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。
※ クレジットカードの申込みはHKID所有者以外はほぼ不可能です。(2014年5月時点)

 

HSBC(香港)口座種類/最低預金額について

口座種類 プレミア アドバンス パーソナル
インテグレイテッドアカウント
Premier Advance Personal Integrated Account
最低預金額
(口座手数料免除残高)
HKD 1,000,000
(JPY 13,000,000)
HKD 200,000
(JPY 2,600,000)
HKD 10,000
(JPY 130,000)
口座維持管理手数料
(月額)
HKD 500,000以上~
HKD 1,000,000未満
HKD 120 HKD 60
HKD 40
HKD 500,000未満
HKD 380

※ 直近3カ月の平均口座残高が、各口座(プレミア・アドバンス・パーソナルインテグレイテッドアカウント)で設定されている最低預金額を
  下回った場合、口座維持管理手数料が必要となります。
※ 上記金額は参考(1香港ドル=13円換算)です。


HSBC香港の概要
お問い合せはこちら

なぜ香港なのか?

香港は日本から最も近いオフショア金融センター

そのため、多くの多国籍企業がアジア太平洋の地域統括拠点として進出している。
※ 金融でのオフショアとは、外国人に対する租税環境が優遇されている国または地域のこと

 

香港はニューヨーク・ロンドンに並ぶ世界三大金融センター

格付けの高い海外大手銀行が多数進出している(HSBC, CITIBANK, Standard Chartered)
※ 金融競争力2年連続世界首位の香港で大事な資産を預けることにより資産のリスク分散が実現

 

自由都市 香港
「経済自由度」は香港が18年連続トップ 日本は22位
10の指標から評価され、それぞれの評価点の
合計の上位からランク付けされる。
  • ■ Property Rights(財産権)
  • ■ Business Freedom(ビジネスの自由)
  • ■ Monetary Freedom(通貨の自由)
  • ■ Trade Freedom(貿易の自由)
  • ■ Investment Freedom(投資の自由)
  • ■ Financial Freedom(金融の自由など)

香港は外貨の持ち込み、持ち出しは制限がなく、申告制度もありません!!(外務省のHPから抜粋)
※ ちなみにシンガポールは出入国の際に、合計30,000シンガポールドル以上の場合は申告が義務付けられています。
  (2,000,000円相当)
※自国からの持出制限は各国ごとによって異なります。

 

海外の銀行なのに
  -日本円でもスムーズに窓口で預けられる!
  -USDでも入金できる!

   日本円の場合
   プレミア口座 300,000円、
   アドバンス/パーソナルインテグレイテッドアカウント 150,000円
   迄は入金手数料は無料です。


     ※ 1日の入金額が上記の金額を越える場合は0.25%の手数料がかかります。


     シンガポールでは、外貨の入金は入金手数料が1.5%もかかります。



 例えば、同じオフショア地域のシンガポールと比較してみると!!
  100万円預けた場合の比較

なぜ香港なのか?
お問い合せはこちら

なぜHSBC香港の口座開設が必要なの?

  • 中国国外なのにオフショア人民元保有
  • 世界中100近くの国で現地通貨引き出しが可能なATMカード
  • 同一口座に12通貨
インターネットバンキングの使いやすさ 非居住者クレジットカードの発行が可能*条件付き 日本から一番近いオフショア香港で最も知名度のある銀行 圧倒的に安い手数料 共有名義口座保有可能
非居住者オフショア人民元保有口座が開設できる!
なぜHSBC香港の口座開設が必要なの?

HSBC香港は世界で最も知名度のある銀行のひとつ

なぜHSBC香港の口座開設が必要なの?
お問い合せはこちら

私たちは香港スタンダードチャータード口座開設もお手伝いできます。

私たちは香港スタンダードチャータードの口座お手伝いできます。

ロンドンに本拠を置き、世界70ヶ国に事業ネットワークを展開する世界的な銀行金融グループであり、香港ドル発券銀行の一つでもあります。

2010年時点で、アジア、アフリカ、南北アメリカ、ヨーロッパの計70ヶ国において1600拠点があり、またスタンダードチャータード銀行グループは、ステークホルダーにとって「真のパートナー」となるべく、 高度なコーポレートガバナンス、社会的責任、環境保護および従業員の多様性という意味において、世界的に信頼される、持続可能なビジネスの長期的築き上げることを目指しています。

口座種類

  • ■ Priority Banking プライオリティバンキング (100万香港ドル以上/約1,300万円以上)
  • ■ Preferred Banking プリーファードバンキング (20万香港ドル以上/約260万以上)
  • ■ Easy Banking イージーバンキング (1万香港ドル以上/約13万円以上)

※ 上記金額は参考【1香港ドル=13円換算】です。

 

香港スタンダードチャータード銀行口座の特徴

  • ■ 銀行窓口にて、日本円など主要通貨の現金での預け入れが可能。
  • ■ マルチカレンシー口座(同一口座内)で、香港ドル、米ドル、ユーロ、日本円など主要9 種類の預金が可能
  • ■ インターネットバンキングの利用にて、世界中どこからでも口座へアクセスできます。
  • ■ 世界中のATM(Union Payなど)にて、現地通貨での引出しが可能。
    ※ 日本の場合は、ゆうちょ銀行、セブン銀行(セブンイレブン)などで出金できます。

 

香港スタンダードチャータード銀行口座種類/最低預金額について

口座種類 プライオリティバンキング プリーファードバンキング イージーバンキング
Priority Banking Preferred Banking Easy Banking
最低預金額
(口座手数料免除残高)
HKD 1,000,000
(JPY 13,000,000)
HKD 200,000
(JPY 2,600,000)
HKD 10,000
(JPY 130,000)
口座維持管理手数料
(月額)
HKD 900 HKD 360 HKD 120

※ 直近3カ月の平均口座残高が、各口座で設定されている最低預金額を下回った場合、口座維持管理手数料が必要となります。
※ 上記金額は参考(1香港ドル=13円換算)です。


口座開設時必要書類

  • ■ パスポート
  • ■ 英文の住所証明書類 ※

※ 国際運転免許証・3ヶ月以内の英文の銀行残高証明書(銀行印のあるもの)等が必要になります。
※ 予告なく変更される場合もございますので、詳細はお問い合わせ下さい。


香港スタンダードチャータード銀行 / Standard Chartered Bank
口座開設サポート費用
口座開設時必要書類
私たちは香港スタンダードチャータードの口座お手伝いできます。

私たちはこれができます

お問い合せはこちら



申し込みの流れ

口座開設前


必要情報の入力
・ 個人情報
・ 希望開設日
申し込みの流れ
予約確定
・ 希望日で予約が可能かを確認後、
  2営業日以内に担当者よりメールさせて頂きます。
申し込みの流れ
お支払い
・ カード決済 (予約番号必要)
申し込みの流れ
受領通知メール
・ 口座前カウンセリング
・ 口座開設申込書送付
申し込みの流れ
申込書の返送
・ 開設日の一週間前まで
申し込みの流れ
最終のご案内
・ お待ち合わせ場所 (メールにて)
申し込みの流れ

口座開設当日


上記全て完了後→現地解散(所用時間1時間~1時間半程度)

お疲れ様でした。
自由時間のご相談も!オプションツアーも取りそろえておりますのでお気軽にお問合わせください。

口座開設後


各種有効化、設定のご案内(メールにて)   

口座開設後のサポートはこちらへ(会員制)
申し込みの流れ
※ ホテルまで送迎希望の場合は別途お問い合わせ下さい

申し込みの流れ

日程の予約はこちら
お申込みはこちら

会社概要個人情報保護方針はじめての方へ